2020.3.3

結婚指輪の相場は夫婦ペアでいくら?結婚指輪選びで後悔しないためのポイント

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
1677 views
続きをアプリで読む

結婚が決まったら、両家顔合わせや式場探し、新居探しのほかにも結婚指輪の準備が必要になります。そこで気になるのは、ほかのカップルはどんな指輪を用意しているのかということです。
挙式前に知っておきたい結婚指輪の購入価格相場と、価格以外で重視しているポイント、購入のタイミングなどを調べてみました。

また、結婚指輪選びに関する疑問や、後悔しないためのコツもあわせて見ていきましょう。

目次[]
  1. 夫婦ペアでいくらくらい?知りたい結婚指輪の相場
  2. 価格以外にも重視したい結婚指輪のポイント
  3. 結婚指輪によく選ばれる素材

夫婦ペアでいくらくらい?知りたい結婚指輪の相場

まず、結婚指輪を購入するときの価格相場です。ある調べでは、夫婦ペアで購入した結婚指輪の平均価格が、およそ25万円程度だとわかりました。1人あたりでは約12.5万円となりますが、夫婦それぞれの平均価格は、夫は11万円程度、妻は13万円程度と、女性側の指輪のほうがやや高額であることが多くなっています。

ただし約25万円という金額は、あくまで夫婦ペアで結婚指輪を購入したときの平均です。指輪に使われている素材はもちろん、デザインやダイヤなど宝石の有無、オーダーか既製品かなどでも価格はかなり違います。

価格以外にも重視したい結婚指輪のポイント

結婚後にはずっと身につけることを前提に購入する結婚指輪ですから、多くのカップルが価格だけでなくデザインを重視しています。デザインにこだわりがなければ価格重視でも構いませんが、これから長く身につけることを考えて、自分の雰囲気にあわせたデザインや、気に入ったデザインを選ぶことをおすすめします。

結婚指輪のデザインを選ぶときは、指の長さや太さにあわせたものや、普段のファッションにあわせやすいもの、日頃から身につけていても邪魔に感じないものなどがよいでしょう。
仕事上の理由などから普段は指輪を身につけないという場合は、ファッション性のあるデザインや遊びのあるデザインなど、プライベートで身につけるのが楽しめるようなデザインを選ぶのもおすすめです。

▽指輪の関連記事はこちら

永遠の愛を誓う指輪のプレゼント。指輪の歴史と、はめる指ごとの意味を解説!

結婚指輪によく選ばれる素材

結婚指輪にはどのような素材とデザインが選ばれているのでしょうか。結婚指輪として人気がある素材と、よく選ばれるデザインを見ていきましょう。

白金とも呼ばれるプラチナは、日本で結婚指輪として非常に人気があります。金属としては粘性が高く、強度と柔軟性を併せ持った材質です。汗や皮脂、化粧品などが触れても変色しにくいのも特徴で、普段からずっと身につけたい人にも向いていますが、結婚指輪によく選ばれる素材の中ではもっとも高価で、デザインによってはかなり高額になることもあります。

続いて人気なのが、欧米では定番となっているゴールドです。プラチナと比べるとやや安価で、さまざまな形に加工しやすいため、デザイン性のある指輪を選ぶときにもおすすめです。
一般的なゴールドカラーでは派手に見えてしまうというときは、日本人の肌に馴染みやすいピンクゴールドを選ぶとよいでしょう。

予算的にプラチナが難しい場合は、プラチナに似た色合いが人気のホワイトゴールドもあります。プラチナと比べるとやや安価なので、比較的購入しやすい素材です。単一素材だけでなく、プラチナとゴールド、ホワイトゴールドとピンクゴールドなど、複数の素材を組みあわせたタイプは、特に女性用として人気があります。

シンプルな金属のデザインだけでなく、結婚指輪にもダイヤなどの石を選ぶカップルもいます。人気があるのはやはり飽きの来ないダイヤで、次いで硬度のあるルビーが選ばれています。

いずれの素材も長く身につけることを考えた、変色や変形に強い材質です。

結婚指輪のデザイン

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む