2022.7.8

嫁入り道具は新生活を考えて必要なものを用意しよう!

新生活
プロポーズされたら.com
6512 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

現代の嫁入り道具や新生活に必要なものをチョイス

最近の嫁入り道具は昔の実用性を重んじたものが多いようです。しかも両親が嫁入り道具を持たせるのではなく、夫婦が二人で決める場合が多いです。昔と違ってお嫁さんが、男性の家に入るのではなく、二人で新生活を始めるスタイルが多くなってきているからという背景があるからです。そのため現代の嫁入り道具は電化製品や家具など、新生活の生活必需品が多くなってきています。

最近の嫁入り道具で一番多いのは家電で、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどが大変人気となっています。今までは単身用のものを使っていたけれど、今後家族が増えることを考えて、容量の大きいものを選ぶカップルが増えています。確かに冷蔵庫や洗濯機は単身用だと不自由ですよね。エアコンも結婚を機に新調することも多く、家計のことを考えてランニングコストを重視して選ぶ人が多いです。
寝具も嫁入り道具として選ばれていますが、前述した昔の婚礼布団と違うのは、夫婦が好きなテイストを選ぶということでしょう。またお客様用の寝具も一緒に用意する人も多いです。

パールのネックレスやダイヤモンドのジュエリーなども結婚の時に用意しています。パールのネックレスがあれば、冠婚葬祭どんな時でも堂々と振る舞えます。中には祖母や母から受け継いだパールのネックレスを結婚の時に受け継いで、大変感動したという女性もいらっしゃるほど、これらのジュエリーは既婚女性として大変重要な役割を果たします。
ダイヤモンドのジュエリーも持っておくと重宝するアイテムですが、あまり大きめのものを昼間につけると、嫌味になることもあります。昼間でもさらりと自然に身に着けることができる小ぶりなサイズのものを選んでおくと良いでしょう。

著者も一押しする現代の嫁入り道具は喪服です!これは本当に持っておくと困りません。結婚をすると一気に親族の幅が広がりますし、場合によっては旦那様の職場関係でも、お葬式に参列することが増えてきます。年齢的にもお葬式に参列する機会が増えてきますから、そのような場所に出て恥ずかしくないように、上質な喪服を用意しておくことをおすすめします。
喪服を購入するなら、夏でも冬でも関係なく着ることができるタイプの物を選ぶと良いでしょう。喪服を購入するのと同時に、数珠やバック、靴を購入するのも忘れないでください。

著者が見落としていたのが、新しい姓の印鑑です。多くの女性は結婚をすると同時に苗字が変わります。苗字が変わると、銀行やキャッシュカード、運転免許証など、あらゆる場面で氏名変更の手続きが必要となってきますから、新しい姓の印鑑を準備しておくと良いでしょう。

現代のカップルは食器を嫁入り道具として揃える人が多いようです。無理して食器を揃える必要はないと思いますが、お揃いの食器が食卓に並ぶと、それだけで大変嬉しいものです。ちょっと上質な和食器を使ったり、複数の洋食器をセットで購入すると、それだけでお料理が上手になったような気分がします。
テーブルコーディネートも意識すれば、より豊かな心で生活ができるようになります。嫁入り道具として急いで揃える必要はないかもしれませんが、食器を揃えるのは素敵な生活が始まるアイテムとして必要だと言えるでしょう。

最後に現代の嫁入り道具でご紹介するのが、「用意しなかった」という意見もあるということです。最近では、男性も女性も単身で生活をしながら働いている人も多いので、生活必需品はすでに揃えていることが多いものです。
確かに、無理をして嫁入り道具を揃える必要はありませんから、二人で話し合って、新生活がスタートしてから、必要なものを揃えていくのもありでしょう。

▽新生活に合わせた家具の選び方についてはこちら

【新居の家具の選び方】ふたりが納得できる基本ルールと場所ごとのチェックポイント

寿トラックって???

1 2 3
次のページ
ウェディング診断