2019.5.22

婚姻届の書き方総まとめ*項目ごとに疑問を解決!

入籍手続き
adviser
215847 views
続きをアプリで読む

結婚に係る法的な手続きである婚姻届の提出。婚姻とはふたりの合意に基づく法的結合関係であり、婚姻届が受理されることで成立します。法的手続きと聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、事前準備をして臨めばスムーズに進みます。婚姻届を提出する前に確認しておきたい事柄や記入の注意点などを具体例として挙げながら、婚姻届の書き方についてご紹介します。

目次[]
  1. 婚姻届の書き方見本
  2. 届け出日
  3. (1)氏名
  4. (2)住所
  5. (3)本籍
  6. 父母の氏名・父母との続き柄
  7. (4)結婚後の夫婦の氏・結婚後の新しい本籍
  8. (5)同居を始めたとき
  9. (6)初婚・再婚の別
  10. (7)同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事・(8)夫妻の職業
  11. その他の欄
  12. 届出人署名押印
  13. 証人
  14. 連絡先
  15. 婚姻届を書くときに必要なもの
  16. 婚姻届を提出する際に必要なもの
  17. 婚姻届はどこでもらえる?どこに提出すればいい?
  18. 婚姻届を間違えて書いてしまったら?
  19. 婚姻届の書き方はこれで完璧!

婚姻届の書き方見本

婚姻届の書き方見本

全体の見本がこちらです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

届け出日

届け出日

婚姻届の提出期限や期間に定めはなく、任意となっています。届け出を受理されたときから、婚姻の効力を生じます。婚姻によってふたりは貞節、同居、相互扶助の義務などを負います。婚姻届の記載内容に誤りがなければ、提出したときに受理され、基本的には届け出た日が「入籍日」となります。

婚姻届は365日24時間受け付けています。婚姻届の届け出日が土日祝日や夜間である場合は、夜間休日の受付窓口での預かりという形式となり、実際の受け取りは役所の翌窓口受付日となります。その際、届け出日は夜間休日の受付窓口での預かり日です。なお、書類に不備があった場合は入籍日となりません。届け出日に希望の日がある場合は、事前審査を受けておきましょう。

(1)氏名

(1)氏名

 

婚姻届には、「夫になる人」「妻になる人」の「氏名」と「ふりがな」、「生年月日」を記入する欄が上部に設けられています。該当する欄に、それぞれの氏名を漢字で記入し、ふりがなを付けます。ふたりとも旧姓での記入となります。氏名は楷書で丁寧に、また、漢字は戸籍に書かれている通りの漢字を使います。

旧字体で戸籍登録している場合は、婚姻届の氏名欄にも同じ旧字体で記入します。旧字体を新しい字体(略字体)に変更したい場合には、婚姻届の際に申し出ることにより、比較的簡単な手続きで修正することもできます。

(2)住所

婚姻届,書き方婚姻届の「住所」欄にふたりが住民登録している住所を記入します。この欄に記入すべき住所とは、住民票に記載されている住所を指します。「世帯主の氏名」欄には住民票に記載されている世帯主の氏名を記入します。また、マンション名は正式名称で書かなければなりません。部屋番号も記入しましょう。

婚姻届を提出しただけで、自動的には住民票の住所は変わりません。結婚を機に住所に変更があった場合は住民票の移動手続きが必要となります。住所変更届(転入届・転出届)を提出済みである場合か、同時に提出する場合は、「住所」欄には新住所を、「世帯主の氏名」には新世帯主を記入します。この場合、妻の住所欄は「夫と同じ」でも構いません。

(3)本籍

(3)本籍

婚姻届の「本籍」欄には、それぞれ結婚する前の住民票に記載のある本籍の住所を記入します。本籍が分からない場合は、身内に聞いてみるか住民票にも記載がありますので調べてみましょう。本籍の「筆頭者の氏名」欄には戸籍のはじめに記載されている人の氏名を記入します。本籍地の筆頭者と住民票の筆頭者は異なる場合があります。

父母の氏名・父母との続き柄

婚姻届,書き方

婚姻届の「父母の氏名・父母との続き柄」欄には、実の父と母の氏名を記入します。父と母の氏が同じ場合、母の氏は書かずに名だけの記入として構いません。離婚等の理由で父と母の氏が異なる場合には、それぞれの現在の氏名を記入します。

両親が他界している場合においても父母の氏名欄は空欄にはせず、父と母の氏名を記入します。養父母である場合は、別の欄に養父母の氏名を記入します。「父母との続き柄」の欄には、長男、長女、三男、三女などと記入します。すでに「男」「女」の記載がなされているため、長男・長女であれば「長」とだけ記入します。なお、次男・次女の場合は「二」と記入します。

(4)結婚後の夫婦の氏・結婚後の新しい本籍

(4)結婚後の夫婦の氏・結婚後の新しい本籍

現在、結婚するとすべての夫婦は同じ氏を名乗らなければならないことになっています。結婚後に夫婦の氏を「夫の氏」「妻の氏」のどちらにするかを選んでチェックボックスに✔を入れます。

婚姻により新しい戸籍が作られます。新本籍は、日本の土地台帳にある場所であればどこでも選ぶことができます。ディズニーランドでも新婚旅行先の沖縄でも北海道でも構わないのです。ただし、本籍のある市区町村で戸籍が管理されることになりますので、戸籍抄本や戸籍謄本などが必要になったときなど、近隣ではない場合、不便です。

分籍や離婚などですでに戸籍筆頭者になっている人の氏を婚姻後の夫婦の氏として選び、その戸籍に入る場合などにはこの欄は空欄のままにします。その際、戸籍の筆頭者の氏と、婚姻届の結婚後の夫婦の氏として選んだ氏が異なる場合は、婚姻届の「新本籍」欄に記入が必要です。

(5)同居を始めたとき

(5)同居を始めたとき

婚姻届の「同居を始めたとき」という欄には、結婚式を挙げたとき、もしくは同居を始めたときのどちらか早い方を記入します。

※どちらもまだの場合には空欄のままで構いません。

(6)初婚・再婚の別

(6)初婚・再婚の別

「夫になる人」「妻になる人」それぞれの、初婚、再婚ならば直前の結婚について死別、離別の年月日を添えてチェックボックスに✔を入れます。

(7)同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事・(8)夫妻の職業

(7)同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事・(8)夫妻の職業

「同居を始める前の夫婦のそれぞれの世帯の主な仕事」については、世帯において生計の主軸となって稼いでいた人の仕事を指します。結婚する直前まで単身世帯として夫や妻が独り暮らしをしていた場合は自分自身の仕事について答えることになります。

農業だけまたは農業とその他の仕事を持っている世帯、自由業・商工業・サービス業等を個人で経営している世帯などの項目から該当するものに夫と妻のそれぞれが✔を入れます。

続いて「夫の職業」「妻の職業」欄がありますが、こちらは5年に1度の国勢調査のある年の4月1日~翌年3月31日までに届け出する場合のみ記入となっています。国勢調査のない年には記入の必要はありません。2015年、2020年、2025年…と行われる予定です。夫妻の職業については、会社名を記入するのではなく、厚生労働省が作成している「職業・産業例示表」に従って記入します。例えば、議会議員や管理的国家公務員、管理的地方公務員などは管理職、研究者や医師、経営、教員などは専門・技術職となります。

その他の欄

その他の欄未成年者による結婚である場合や、夫や妻に養父母がいる場合などには「その他」の欄に記載が必要です。未成年による婚姻の場合は「この婚姻に同意します」という同意文とともに、父母による署名と押印が必要です。

届出人署名押印

婚姻届,書き方

婚姻届の「届出人」欄が指す届出人とは、役所に提出に出向く人のことを指すのではなく、婚姻届に署名している婚姻する当事者本人を指します。夫と妻、それぞれ旧姓で氏名を記入します。署名は必ず本人による自署が必要です。

印鑑について、結婚以前の氏がふたりとも同じ場合であっても印鑑は別のものを使います。婚姻届に使う印鑑は、ゴム印やインク浸透式ゴム印は使用できません。朱肉により押印します。印鑑登録してある実印である必要はありません。

証人

証人

証人の自署による署名と押印、生年月日、住所、本籍地の記入が必要です。成年であれば誰でも証人になることができ、婚姻届には2名の証人の記載欄があります。仲人、親、兄弟や友人など20歳以上であれば誰でもOKです。夫側、妻側からそれぞれ1人という決まりはありません。

夫婦のように同じ氏を持つ2人に証人になってもらう場合には、同じ氏であってもそれぞれ別々の印鑑が必要です。なお、婚姻届における証人は結婚するふたりの意思を証明するものであり、保証人などと異なり責任や義務は生じません。実際のところ、夫と妻の父や母に代表してそれぞれ証人となってもらうケースが多いようです。

証人についてはこちらで詳しく!証人を頼む前に知っておきたい常識をまとめました▼

婚姻届の証人は誰が定番?入籍前カップルが当然知っておきたい【6つ常識】

連絡先

連絡先には、夫・妻・その他とありますが、基本的に昼間に連絡がとれる電話番号を記入します。携帯電話でもOKです。書類に不備などが見つかった場合には連絡が入ります。

婚姻届を書くときに必要なもの

ボールペン

婚姻届の記入は、必ず黒色のボールペンで丁寧に記入します。色付きのボールペンや消えやすいインク、消せるタイプのインクや鉛筆は使用することができません。

印鑑

基本的に朱肉を使って押印するタイプの印鑑を使います。ゴム印や浸透式ゴム印は使うことができません。婚姻届に使用する印鑑は印鑑登録された実印である必要はありません。

婚姻届を提出する際に必要なもの

婚姻届を役所に提出する際、婚姻届とは別に必要になるものとしては、

  • 婚姻届
  • 届出人の印鑑(旧姓)
  • 夫と妻の戸籍謄本(または戸籍抄本)、
  • 戸籍の窓口に届出を持参している人の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

です。

戸籍謄本とは戸籍の全部事項を証明するものであり、婚姻届の届出地に本籍のない人は、戸籍謄本が必要です。戸籍抄本とは、本籍地や筆頭者の氏名などに加え、戸籍に記載されている人のうち1部に関係する部分だけを抜粋したものです。いずれも市町村長名と公印等を押して交付される証明書で、交付の際には手数料が必要です。

婚姻届を役所に届け出た人の本人確認書類については、持参していない場合も窓口で対応できる場合があるため、窓口へ申し出ましょう。また窓口で届出人の本人確認ができなかった場合や使者による届け出の場合には届け出があったこと知らせる通知が、婚姻届に記載されている届出人宛に後日郵送で届きます。

婚姻届はどこでもらえる?どこに提出すればいい?

婚姻届をもらえる場所と時間

婚姻届は、全国の市区町村役場でもらうことができます。地域によって市民課や戸籍課など、取り扱っている課に違いがありますので、役所の総合受付で聞いてみましょう。

土日祝日など時間外に婚姻届をもらいにいくこともできます。その際は、時間外受付や夜間窓口でもらうことができます。婚姻届をもらうときに用意するものは特にありません。手数料もなく無料です。窓口で「婚姻届をください」と伝えましょう。

婚姻届の書式は全国共通ですが、すでに婚姻届の用紙をもらった役場の長宛と記載されているものがありますが、二重線を引いて訂正したり、また役所で訂正してくれたりしますので、どこの市区町村役場のものを使ってもどこの役所でも受付が可能です。書き間違えた場合などを考えて複数枚もらったほうが安心です。婚姻届はダウンロードしてプリントすることもできますが、用紙サイズがA3となっています。オリジナルデザインの婚姻届が有料・無料でダウンロードできるサイトなどもあります。

婚姻届を提出する場所

婚姻届の提出先はどこの市区町村でもOKです。ふたりの本籍としたい住所地のある市区町村役場に提出します。国内なら新婚旅行先で提出することも可能です。遠方などであれば戸籍謄本が必要となった場合などに手間がかかるため、基本的には夫・妻のいずれかの本籍地か所在地の市区町村役場としていることが多いようです。

婚姻届を間違えて書いてしまったら?

完璧な状態で希望する日に提出して受理してもらいたい婚姻届ですが、先に証人の記載が済んでいるなど、書き直しが難しい場合もあります。婚姻届の内容で、もし書き間違えてしまったり、間違いをあとになって発見したりした場合、正しく訂正することでその婚姻届を提出することができます。

二重線を引いて印鑑を押せばOK

訂正の方法は、間違えた箇所に二重線を引いたあと、線の上に届出人の欄と同じ印鑑を押印して、近くの余白に正しい内容を記入します。二重線の上ではなく欄外に捨印をするのでもOKです。捨印は書類の欄外に押印することで、書類の訂正を届出人に変わって役所等が訂正することを認める意思表示の押印です。受理後に訂正箇所が発見された場合でも、婚姻届を指し戻したりすることなく役所が事務処理を進めることが可能になります。修正テープや修正液などは使用できません。届け出書類はできるだけ訂正のない状態で提出したいものです。婚姻届は予備として数枚もらっておきましょう。

婚姻届の書き方はこれで完璧!

婚姻届の提出と同時に必要となる戸籍謄本や戸籍抄本などの交付を先に受けておいて、漢字表記に間違いはないか、本籍や住所も戸籍通りの表記であるかなどを確認しながら記入しましょう。オリジナルデザインの婚姻届にはおしゃれでかわいいデザインのものも豊富です。市区町村役場に提出してしまう婚姻届ですが、ふたりの保存用に1枚、また、婚姻届と記念撮影してから提出するなど、思い出として残しているふたりが急増しています。そうなるとますます完璧な状態に婚姻届を書き上げたくなってしまいそうです。そのためにも、事前準備を怠らず、婚姻届への記入の際には1文字1文字を丁寧に書き記していきましょう。

婚姻届を提出したら、その後はどんな流れで手続きをすればいいの?という疑問を解決します!最初にやることをまとめておくことで、二度手間にならない手続き方法がわかります。これから婚姻届を提出する花嫁は、今のうちに確認をしておいて▼


婚姻届提出後の流れ|二度手間にならないためのやることリスト解説

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む