結婚式

2018.10.18

0 この記事をクリップ

結婚式の女性ゲストの服装は?守るべきマナーについて

結婚式・基礎知識
adviser
176 views
ウェディング診断

友人や親族、同僚などの結婚式に招かれたものの、「当日どんな服装で行くべきなの?」と悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。
初めて結婚式に出席する場合は、特にマナーがわからず不安を感じがちです。

ゲストとして招いてくれた新郎新婦に恥ずかしい思いをさせないためにも、きちんとした服装マナーを心がけなければなりません。
そこで、今回は結婚式における女性ゲストの正しい服装マナーについて、具体的に解説していきます。

結婚式にはドレスコードがある

結婚式ゲスト_ドレスコード

結婚式は、新郎新婦にとって大切なイベントです。
友人だけでなく親族や会社の上司、お世話になった人々が出席するケースも多く、正式なお祝いの場としてみなされています。
このため、フォーマルなシーンにふさわしい「ドレスコード」というものが存在します。

例えば、男性ゲストであればスーツ、女性ゲストなら着物やドレスといったように、普段着とは違う正装に近い服装で出席しなければならないのです。
もし、ドレスコードを知らず、自分がオシャレだと思うファッションで出席したらどうなるでしょうか。

結婚式ではフォーマルな装いをすることが常識であるため、自分だけが周囲のゲストから浮いて恥ずかしい思いをしてしまいます。
自分ばかりか、新郎新婦まで「こんな非常識な人と知り合いなのか」と周囲のゲストから白い目で見られかねません。
招いてくれた新郎新婦に迷惑をかけないためにも、結婚式のドレスコードを守り、その範囲内でオシャレを楽しむことが大切なのです。

女性ゲストの服装の基本

結婚式ゲスト_服装の基本

普段あまり着る機会のないドレスを楽しめるのは、女性にとって嬉しいものでしょう。
ここぞとばかりに、気合を入れてオシャレをしてしまうかもしれません。
しかし、結婚式の主役はあくまでも新婦です。
女性ゲストは、新婦よりも目立たない服装を心がけなければなりません。
ただ、新婦に遠慮するあまり地味すぎる服装になるのも、結婚式という華やかな場にふさわしくないので注意が必要です。
ドレスやアクセサリー、小物に靴など、それぞれどんなアイテムを選べばよいのか、基本的な服装のルールについて解説していきます。

1.ドレスについて

結婚式ゲスト_ドレス

女性ゲストのドレスは、フォーマルドレスが基本です。
正礼装や準礼装、略礼装などに格式が分かれており、結婚式を挙げる会場や時間帯に応じてふさわしいドレスの種類が変わります。

正礼装はアフタヌーンドレスやイブニングドレスとも呼ばれるもので、それぞれ昼と夜の結婚式における正装です。
準礼装はセミアフタヌーンドレスやカクテルドレスと呼ばれ、膝下丈のワンピースやセットアップなど着やすいものが多いです。
デザイン的には正礼装と大きく変わりませんが、若干カジュアルなデザインになります。

略礼装はインフォーマルウェアと呼ばれ、フォーマルウェアの中でももっともカジュアルなデザインです。
伝統ある格式高いホテルなどで行われる結婚式は正礼装、レストランやゲストハウスなどで行われる場合は準礼装や略礼装、二次会なら略礼装を着るとよいでしょう。

また、ドレスの丈についても注意が必要です。
新婦よりも目立たないよう配慮しなければならないため、丈は膝が隠れる長さを選びましょう。
また、昼間の結婚式では露出の多いドレスは避けるのがマナーなので、ノースリーブではなく袖が付いたドレスにします。
どうしてもノースリーブのドレスを着たい場合は、ショールやボレロなどを羽織って腕や肩を隠すとよいでしょう。

夜の結婚式は昼よりも華やかな場と見なされているため、肩を出したドレスでも問題ありません。
ただし、挙式は神聖な儀式であるため、たとえ夜であっても肌の露出は避けたほうがよいでしょう。

昼の結婚式と同じように、ショールなどで肩を隠す必要があります。
披露宴になってからショールなどを外し、肩を出すようにしましょう。

2.アクセサリーや小物について

結婚式ゲスト_アクセサリーや小物

女性にとって、身を飾るアクセサリーはドレスアップに欠かせないアイテムです。
ただし、ひと口にアクセサリーといっても、結婚式の時間帯によってふさわしい種類が異なるため注意しなければなりません。

例えば、昼間の式なら上品で落ち着きのあるパール、夜の式にはきらびやかなスワロフスキーやダイヤモンドなどを身に着けるのがマナーです。
結婚式会場や自分が着るドレスとの相性を考え、デザインを選ぶようにしましょう。
派手すぎず地味すぎず、ちょうどよいバランスのアクセサリーを選ぶことが大切です。

バッグは、小ぶりなクラッチバッグを用意するのが基本です。
たとえ、ブランドもののバッグだったとしても、普段使っているような一般的なバッグを持っていくのはふさわしくありません。

また、クラッチバッグは小さいので、鮮やかなカラーのものを選べば差し色として活用することもできます。
ただ、結婚式当日はご祝儀や財布、スマートフォンにメイク直しグッズなどさまざまな荷物があります。

あまりに小さいバッグにすると、必要な荷物が収まらなくなるでしょう。
このような場合は、別に1つバッグを持って行き、常に持ち歩く必要のない荷物はそちらのバッグに入れて会場の受付に預けるという方法もあります。

3.足元について

結婚式ゲスト_足元について

見落としがちですが、靴にもマナーはあります。
靴もドレスと同様、露出の少ない上品なパンプスを選ぶのが基本です。
素足のまま靴を履くのはマナー違反なので、必ずベージュ系のストッキングを着用しましょう。

黒いストッキングは、葬儀を連想させてしまうため選んではいけません。
また、ストッキングは伝線しやすいため、予備を1つ準備しておくのもポイントです。

さらに、ヒールについてですが、特別な事情がない限りフラットシューズは避けましょう。
フラットシューズは歩きやすく疲れにくいので人気ですが、カジュアル感が強くなってしまいます。
足を痛めているなどやむを得ないケースを除き、3センチ以上のヒールがあるパンプスを選びましょう。

デザインについては、つま先が出るオープントゥやサンダルタイプは露出が多く見えるためふさわしくありません。
ブーツもフォーマルなアイテムではありませんし、ドレスともミスマッチなので避けたほうが賢明です。

やってはいけない服装とは?

結婚式ゲスト_やってはいけない服装

結婚式は、フォーマルな場であるとともに新郎新婦へのお祝いの気持ちを示す大切な場でもあります。
このため、マナーを守るだけでなく、新郎新婦に対して失礼にならない服装も心がけなければなりません。
例えば、もっとも避けなければならないのが「白いドレスを着る」ということです。

白は新婦にだけ許された清純で神聖な色であり、ウェディングドレスに用いられる色です。
ゲストが白いドレスを着ると新婦より目立ってしまうおそれもあるため、避けなければなりません。

また、全身黒いドレスや小物でコーディネートするのもやめましょう。
黒ずくめは喪服を連想させるため、縁起が悪いとされています。
カジュアルな服装も結婚式にはふさわしくありませんし、バイカラーのドレスは「別れ」、毛皮やアニマル柄のアイテムは「殺生」を連想させるためマナー違反と考える人が多いです。

結婚式女性ゲストのマナーまとめ

新郎新婦にとって、結婚式は多くの時間と費用をかけた大切な思い出の場です。
主役はあくまでも新郎新婦であり、ゲストは自分が目立つのではなく、お祝いするために出席するということを忘れてはいけません。
新郎新婦をお祝いし、結婚式に華を添えるためにも、決められた服装マナーを守って上品な装いを心がけることが大切です。
フォーマルなマナーと聞くと難しそうなイメージがありますが、基本さえ頭に入れておけば決して怖がる必要はありません。
結婚式にふさわしい装いで、存分に華やかな場を楽しみましょう。

クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

【人前式】面白すぎ!演出アイデア30選*周りに差をつけたい花嫁必見

adviser
結婚式・基礎知識

【結婚式】人前式の承認演出4タイプ*ゲスト全員の祝福がもらえる!!

adviser
結婚式・基礎知識

ゲストに「良かったよ!」と言われたい☆人前式での感動演出6つをPICK UPしてみました♪

adviser
結婚式・基礎知識

人前式の感動演出♪オリジナルな人前式が作れる完璧マニュアル

公認プランナー
結婚式・基礎知識