2018.9.4

0 この記事をクリップ

【知らないと恥ずかしい?】結婚式の服装マナー!男性のシャツからネクタイまで!

結婚式・基礎知識
adviser
2977 views

「結婚式に出席する服装にはマナーがある」と言われていますが、私も同じ意見です。しかし、あなたはこのように考えていませんか?

 ●結婚式にはビジネス用のスーツでいい
 ●結婚式で着られるスーツがわからない

といった人もいるでしょう。

そこで、ウェディング系メディアで月5本を書いている
私が結婚式の衣装に関する悩みを解決します。

おそらく5分程度で読めるため、ザックリと結婚式の服装を覚えてくださいね♪

【男性向け】結婚式の服装はどうすればいい?

「仕事でスーツを着るため、結婚式の服装はダイジョブ」といった人もいるでしょう。

しかし、TPOに合わせた着こなしは知らないですよね?ここでは、結婚式で着用できる服装の種類やフォーマル・カジュアルに合わせたアイテムの選び方を紹介します。

結婚式の服装には種類がある

「結婚式の服装はスーツ」といった答えは正しいでしょう。ハーフパンツや半袖シャツは、基本的にはNGです。しかし、結婚式の服装はスーツだけではありません。例えば、タキシードなども欠かせないアイテムです。

ここでは、結婚式の男性向け衣装のタイプを紹介します。

フォーマルな服装編

「結婚式は儀式のためフォーマルで参加する」と考えている人もいるでしょう。私も同じ意見を持っています。

それでも、以下のような悩みがありませんか。
●男性向けのフォーマルな衣装とは何か?
●どのような衣装が結婚式にふさわしいのか

そこで、男性向けの結婚式用衣装を大公開します。あなたの挙式で似合うファッションをご紹介。

モーニングコート(正礼装)

結婚式の服装といえば、モーニングコートです。なぜなら、式典でも着用されるアイテムとなっています。20世紀頃のヨーロッパでは、セレモニーやパーティーの衣装とされていました。

そのため、結婚式で恥をかくこともないでしょう。このようなモーニングコートの着こなし方は以下のとおり。

【モーニングコートのコーディネート】
●着用する人
新郎・新郎新婦の父親・披露宴の音頭を取る人(媒酌人)

【コーディネート】
●ジャケット:ボタンが1つの黒ジャケット

●シャツ:羊毛で作られた白いシャツ
(ポリエステルまたはコットン制も多い)

●ベスト:落ち着いたグレー

●パンツ:グレーと黒ストライプ

●ネクタイ:ライトグレーやシルバーのストライプ柄

●ポケットチーフ:白無地のポケットチーフを左上のポッケに添える

●手袋:白い革または布の手袋を持つ
(披露宴では、ポケットなどで管理)

●シューズ:ストレートチップ・プレーンツゥ
(つま先に装飾のないシューズ)

結婚式だけではなく葬式などの冠婚葬祭にもオススメです。

正礼装とは|その他|楽天ウェディング

フォーマルルール | メンズ | 正礼装(モーニングコート・燕尾服・タキシード) - フォーマルウェアのカインドウェア

ディレクターコート(準礼装)

結婚式の服装には、ディレクターコートもあります。なぜなら、正礼装(せいれいそう)の1つ下である準礼装(じゅんれいそう)のためです。

最近では、両家の父親もディレクターコート(準礼装)を着るときもあるでしょう。それでは、ディレクターコートの着こなし方を紹介します。

【ディレクターコートのコーディネート】
【着用する人】
新郎・新郎新婦の父親・・会社の上司など

【コーディネート】
●スーツ: 2つボタンのシングルスーツ
(モーニングコートは1つボタン)

●ネクタイ:シルバーやライトグレーのストライプネクタイ
(モーニングコートと同じ)

●シャツ:ブロードの白シャツ

●ポケットチーフ:白いポケットチーフを利用

●カフスボタン:貝で作られたボタン
(シルバーまたはゴールド)

●シューズ:ストレートチップ・プレーンツゥ
(つま先に装飾のないシューズ)

スーツは2つボタンになりますが、モーニングコートと同じシャツ・ポケットチーフ・シューズで良いでしょう。

結婚式のシャツについて|昼の準礼装�ディレクターズスーツ|シャツの基礎知識|ワイシャツ専門店 ozie公式サイト オジエ

カジュアルな服装編

「結婚式は、しっかりとした服装しかない」と考えている人もいるでしょう。しかし、マナーを守りながらカジュアルな服装もあります。ここでは、結婚式の衣装でライトなファンシー・タキシードをご紹介。

あなたの個性を出しながら、周りを不快にしないコーディネートを知りましょう!

ファンシー・タキシード

カジュアルな結婚式の衣装には、ファンシー・タキシードがあります。新郎の父親と同じモーニングコート(黒スーツ)ではなく、白・茶色といった明るい服装です。

白いジャケットで丈が長いものは、ファンシー・タキシードになります。周りと違う新郎になれるファンシー・タキシードの着こなし方は以下のとおり。

【ファンシー・タキシードのコーディネート】
●ファンシー・タキシード
白・茶色のスーツ
(着丈が長い)

●シャツ
指定なし
(似合うシャツがわからない人は白無地)

●ポケットチーフ
指定なし
(ネクタイの色と統一する)

●ネクタイ
色・長さも自由
(蝶ネクタイがおすすめ)

●カフスボタン
指定なし
(白と黒のストーン系ボタンがおすすめ)

●シューズ
指定なし
(ジャケットと同じ色はおすすめ)

スーツ(略礼装)

結婚式の服装では、サラリーマンが着用するスーツでも大丈夫です。マナーを守ったコーディネートができます。例えば、無地のダークスーツ(ネイビーやグレー)を選べば、披露宴で使える衣装になるでしょう。

ここでは、結婚式におけるスーツの着こなし方を紹介します。

【スーツ(略礼装)におすすめのコーディネート】
●スーツ
ネイビーまたはグレーのダークスーツ
(派手なければストライプも可)

●ネクタイ
シルバーやグレーのレジメンタルタイ
(イギリス発のストライプネクタイ/無地やドットのネクタイも可)

●シャツ
白または青いシャツ

●ポケットチーフ
肌触りの良いシルクのチーフ

●カフスボタン
指定なし

スーツになると、シャツの素材やカフスボタンは自由です。目立たなければ、ストライプのジャケットも大丈夫です。

全国の人気ウェディングプランナー名鑑はこちら

結婚式の服装における「シャツのタブ」

結婚式の服装では、シャツの着こなし方も大切です。なぜなら、上手くシャツを選べるとルールを守れる大人になるでしょう。

ここでは、結婚式でしてはいけないシャツの選び方を紹介します。

黒色のシャツ

結婚式では、黒色のシャツは着てはいけません。

なぜなら、黒は葬式などの冠婚葬祭やセミナーでもNGとされています。企業の面接でも黒いインナーはNGです。

私も派遣先の面接に黒いTシャツを着てしまい、付き添いしてくれた上司に注意されました。よって、フォーマルな場所=黒いシャツは着ないでください。結婚式では、白または青いシャツを選びましょう。

ただし、結婚式後のパーティやライトな結婚式なら、黒いシャツでも問題はありません。

インナーが見える「メッシュシャツ」

結婚式の服装では、メッシュシャツは避けてください。

なぜなら、インナー(下着)が透けてしまうためです。例えば、夏の結婚式ではジャケットを脱ぐときもあるでしょう。このときにメッシュシャツだと肌が見えます。

できれば、生地が厚めの白系コットンシャツを選んでください。

袖のない「半袖シャツ」

結婚式の衣装では、半袖シャツも着ないでください。なぜなら、フォーマルな服装では、ジャケットからシャツの袖を出すのが一般的です。また、半袖シャツだと袖口を止められません。

暑い夏に半袖シャツにしたい気持ちもわかりますが、結婚式では長袖シャツを選びましょう。

全国の人気ウェディングプランナー名鑑はこちら

結婚式の服装はレンタルできる

「結婚式の服装はデパートやネットショップで買う」といった人もいるでしょう。

しかし、このような悩みはありませんか?

●結婚式がないとスーツやタキシードを着ない
●これから結婚式の予定がない

上記のような人に向けて、結婚式における服装レンタルの価格・注意点を企業サイトでリサーチしてまとめました。

たった1分で読める文章のため、リラックスした気持ちで見てくださいね♪

結婚式レンタルの料金と注意点

結婚式レンタルには、アイテム別の料金が決められています。なぜなら、あなたに届ける服装によって金額が異なるためです。

結婚式の服装レンタルの料金は、このような形になります。

【結婚式の服装をレンタルすると(洋服の青山)】

【モーニングコート】
(ネクタイ・ポケットチーフ・カバンなどが9点セット)
 ●4泊5日:15,000円

【モーニングコート】
(シルバーベストとネクタイにアップグレード)
 ●4泊5日:18,000円

結婚式の衣装を約5日間だけ借りると、2万円以下の費用で結婚式での着用や出席が可能です。

ただし、結婚式場に衣装を持ち込むときは、3万円前後の手数料がかかります。「結婚式の服装はレンタルでいい」と考えている人は、持ち込み料がゼロ円の結婚式場を探しましょう。結婚式のレンタル衣装は、他人が着用しているケースもあります。

本当に新品を求めるなら、スーツやタキシードを買ってくださいね♪

レンタルモーニング | 紳士服・スーツ販売数世界No.1 – 洋服の青山【公式通販】

結婚式の衣装にはルールがある

結婚式の衣装には、さまざまなルールがあります。

あなたは「結婚式はいつものスーツでいい」と考えていたかもしれませんが、注意しなければいけない点が見つかりましたよね?

例えば、インナーの見えるメッシュシャツは結婚式ではNGです。ほかにも、派手すぎる柄物のファッションも大人らしい服装ではありません。これらのマナーを守らないと、あなたは結婚式で恥をかきます。

結婚式を行う新郎・友人や同僚から招待された人は、事前にマナーをチェックしてください。

全国の人気ウェディングプランナー名鑑はこちら

クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

【結婚式】挙式・披露宴のスタイル・タイプ総まとめ*式場決定前に知っておきたい基礎知識

adviser
結婚式・基礎知識

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

【人前式】面白すぎ!演出アイデア30選*周りに差をつけたい花嫁必見

adviser
結婚式・基礎知識

結婚準備の段取り*プロポーズから結婚式・入籍まで!ひと目で分かるスケジュール

adviser
結婚式・基礎知識

【結婚式】人前式の承認演出4タイプ*ゲスト全員の祝福がもらえる!!

adviser
結婚式・基礎知識