2020.8.1

【2021最新版】結婚式と披露宴ってなにが違うの?披露宴で行われることとその意味

結婚式・基礎知識
adviser
3468 views
続きをアプリで読む

結婚式と挙式、それと披露宴の違いについて聞かれたらどう答えますか。結婚式に初めて出席する人にとっては結婚式も挙式も披露宴も全くイメージできなくて当然です。でも、せっかく招待された結婚式や披露宴ですから、どういったことが行われているのか、また、その意味などについて予備知識を付けてから出席したいですよね。ここでは、結婚式と挙式、そして披露宴の違いや進行などについて基本的な知識をご紹介します。

目次[]
  1. 結婚式と披露宴ってなにが違うの?

結婚式と披露宴ってなにが違うの?

結婚式とは

結婚式とは、新郎新婦が神前や仏前、人前において、新郎新婦が夫婦となることを誓うセレモニーです。

  • 日本伝統の神前式や仏前式
  • チャペルや教会で行われるキリスト教式(教会式、チャペル式)
  • 宗教や思想などにとらわれずに、ゲストに対して夫婦になることを誓う人前式

の4つの形式で主に行われています。いずれの結婚式の進行においても夫婦の誓いや指輪の交換などが行われています。

挙式とは

「式を挙げる」と書いて「挙式」です。つまり、「結婚式を挙げる」ことを指しています。結婚情報を紹介する雑誌やWEBサイトなどでは、挙式と結婚式は似たような意味合いで使われていることが多いようです。

披露宴とは

披露宴は、結婚して夫婦となったふたりをゲストにお披露目する宴席です。食事をしながらふたりと一緒に祝福の時間を過ごします。来賓や友人の挨拶、乾杯、余興やふたりらしい演出が進行に組み込まれたパーティーで、2時間~3時間程の予定となっていることが多いようです。

別途、パーティーとして二次会を開くこともあります。披露宴には挨拶などの儀式の要素が多分に含まれますが、二次会ではゲームなどを中心とした比較的カジュアルなパーティースタイルになることが多いようです。

4つの挙式スタイルについて

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む