2018.6.13

0 この記事をクリップ

結婚報告の基本マナー|親・職場・友人に気持ちよく報告する方法って?

結婚報告
adviser
2653 views
ウェディング診断

結婚することが決まったら、その次は報告です。結婚報告には手段や順番など知っておきたいマナーがいくつもあります。ポイントを押さえてスムーズ&スマートに結婚の報告をしたいですよね。ここでは、親への報告、職場への報告、友人への報告をする際に気を付けるべきマナーや知っておきたいことをご紹介します。

STEP1:親への報告(プロポーズ後)

結婚の意思を伝える

結婚への第一歩のプロポーズなどにより、ふたりの間で結婚することが決まることです。その次に、まお互いの親へふたりの結婚の意思を伝えることになります。できることなら、結婚を考えている人がいるから会ってほしいということを自分自身の親へそれぞれが伝えましょう。

親への最初の挨拶では、結婚を許してほしい、認めてほしいという立場で挨拶に伺います。挙式・披露宴、新生活について親から質問が出た場合にも、ふたりで決めたことの事後報告にならないよう、春頃を目途に行いたい、その後、通勤に便利な場所で新生活を始めたいなどのように大まかな希望を答え、詳しくは今後、それぞれの親と話をしながら話を進めていきたい、相談に乗ってほしいということを伝えます。結婚の意思を伝えて了承をもらうことが目的となります。長居はせずに2時間程度を限度として退室しましょう。

挨拶の日程を決める

挨拶の日程については、ふたりの仕事などの都合もあると思いますが、できるだけ親の都合に合わせます。挨拶の場所はふたりの実家が基本。電話で挨拶の日程を聞く前にふたり揃って実家を訪問できる日時の候補を打ち合わせておきましょう。それぞれ遠方で宿泊を伴う場合にはその点を踏まえた上で、予定を立てていきます。結婚前ですので、宿泊はできるだけ避けたほうがいいです。特に女性が男性の実家へ宿泊することになった場合には、女性の親に宿泊について確認しておきましょう。訪問時刻は食事の時間帯に係らないように配慮しましょう。

挨拶は女性の家に先に伺う

結婚の挨拶は女性の親に対する挨拶が先というのが日本の慣習です。これは、旧民法では結婚により、女性は男性の戸籍に入ることになっていたためで、女性の親の許しを得るために先に挨拶に伺っていたことに由来しています。民法が改正されてからも女性、男性の順に実家に挨拶に行くという慣習がまだ残っています。世代にもよりますが常識として捉えている人もいるはずなので、よほどの理由がない限りは女性の親へ先に挨拶に伺いましょう。

STEP2:職場での報告(入籍・結婚式の3カ月前までには)

必ず上司→先輩→同僚の順に報告


職場での結婚報告で大切なのは、報告するタイミングと順番になります。仕事を続けるにしても退職するにしても意思を早めに伝え、休暇や引継ぎなどについて仕事で混乱や迷惑をかけないように配慮する必要があります。職場に結婚報告をするタイミングとしては挙式・披露宴の3カ月前までを目安に済ませたいものです。業務上の繁忙期は避けるようにしましょう。

休暇や退職については会社ごとに規定が設けられている場合がありますので会社の就業規則などの規定を確認してからタイミングを図りましょう。職場への結婚報告は、直属の上司への報告が最初で、次に先輩、同僚という順で行います。上司に報告すると部署内で集まり報告する場を設けてくれることもありますし、そうでなければひとりひとりに対して直接報告していくことになります。職場の先輩や同僚への報告をどのように行うべきか、相談してみるとよいでしょう。

結婚報告を受ける順番が逆転してしまうと上司や先輩に対して礼を欠いてしまいます。もし仲の良い同僚達に先に伝えることになったとしても上司や先輩に伝えるまでは口外しないように約束してもらって、できるだけ時間差が生じないように結婚の旨が伝わるように、また聞いていなかったという人がいないように配慮しましょう。

上長へは直属の上司から報告などしてもらうことも

結婚が決まったら、職場の直属の上司や同じ部署内の先輩、同僚への連絡はもちろん、上長やそれ以外の仕事に関わる人達への連絡も必要になります。この場合にも順序やマナーを踏まえて報告することをお忘れなく。上長に対する報告は、先に直属の上司へ相談して、上司から伝えてもらうべきなのか直接報告するべきなのかアドバイスをもらいましょう。アドバイスをもらったら、時間差があまり生じないうちに早めに上長の耳に入るように段取りしましょう。取引先など仕事に関わる人達への連絡は入籍や挙式・披露宴後でOKです。メールでのやりとりが主体である場合にはメールを使って仕事の継続の有無や苗字の変更など、仕事に関わることを中心に報告します。先方に定期的に電話や直接会う機会があるのであれば、その都度報告するので構いません。

結婚式の日取りや招待の有無の報告

結婚の報告をするタイミングとして、職場には3カ月前までに済ませたいものですが、同時に、挙式・披露宴をする場合、結婚式の日取りや招待客について概ね決めてから報告ができるようにするほうがスマートに報告をすることができます。結婚式の報告となると、結婚することが決まったこと、おおよその日取り、挙式・披露宴への招待や祝辞などの依頼について、仕事を継続するかどうかなど、結婚に関する事実を伝えていくことになります。そのため、ある程度挙式・披露宴について決まったあとに報告を行うほうがスムーズです。入籍だけで済ませる場合でも、職場へは事後報告にならないように伝えておくようにしましょう。会社によってはお祝い金が出る場合もありますし、事後報告だけとなると不義理だと感じる人もいます。事前に入籍の予定を報告して、仕事の継続や休暇についても意向を伝えておきましょう。また、海外挙式だけ行う場合や家族婚として職場の人達を結婚式・披露宴に招待する予定がない場合にも、事前に結婚の予定と身内だけで行うということをはっきりと伝えておきましょう。

乾杯や祝辞を依頼する場合はあわせてお願いする


披露宴での祝辞や乾杯を依頼する場合には、結婚の報告をするタイミングで直接お願いをしましょう。披露宴に出席していただきたいという気持ちと、祝辞や乾杯をぜひともお願いしたいということを伝えます。遠方の方で直接会ってお願いすることが難しい場合には、電話や手紙で依頼を行います。

祝辞や乾杯は披露宴の中でも格式の高い挨拶になります。直接会って依頼する際には招待状も手渡すことができればよいのですが、そうでない場合には、招待状は後日お渡しする旨を伝えましょう。招待状には祝辞や乾杯を依頼する付箋(ふせん)を同封します。事前にお願いすることなく、招待状に祝辞や乾杯の依頼をする付箋を同封することは失礼にあたりますので気を付けましょう。

職場の環境や今後の希望に応じた報告を

職場内結婚の場合

結婚の報告は、ひとりひとりの状況や希望に合わせて行っていきます。例えば、職場結婚である場合は、ふたりがそれぞれの上司に対して同じタイミングで報告します。ずれないように行いましょう。その後ふたり揃ってお互いの上司へ挨拶に行きくと好印象です。同じ部署で働いている場合にはふたりで一緒に報告することになりますが、結婚後にどちらかの異動を求められるケースもありますので、ふたりの気持ちや考えを話し合ってまとめておきましょう。

勤め先が派遣会社の場合

勤めている会社が派遣先の会社である場合には、自分にとっての上司は派遣元の会社の上司となります。派遣元の会社で、どのような手順で派遣先へ結婚を伝え、引継ぎを行うのかなどを相談してから、派遣先に伝えます。登録内容の変更手続きが生じる場合もありますので早めに派遣元の会社に報告と相談を行いましょう。

結婚を機に退職する場合

結婚により退職する場合には、諸手続きのほかに引継ぎ、人事に関わることもありますので3ヶ月以上前に報告するようにしましょう。自分に合った報告の手順がわかりにくい場合には、似たような環境の経験者や総務関係の担当者に相談したり、会社の諸規定を参考にしたりするとよいでしょう。

名前を変えるのか、ハネムーンにはいくのかを決めておこう


結婚後も同じ職場で仕事を継続する場合には、苗字を変えるタイミングについて悩む人も少なくないようです。仕事では便宜上、旧姓のまま通している場合や、書類上も仕事上も新姓に変更するという場合もありますので、自分の希望とそれが可能かどうかを会社に確認しましょう。タイミングとしては入籍後、または挙式・披露宴後からとしている人が多いようです。新しい苗字に変更することにしても定着するまでに時間がかかります。決まりはありませんので焦る必要はありません。ハネムーンについては、会社の規定を確認して、連続して取得できる休暇数や慶事に関して取得できる特別休暇があるのかなどを調べておきましょう。その上で繁忙期を避け、ハネムーンのために休暇を取得したい旨を伝えます。直属の上司へ確認してから申請書類を提出するとスムーズです。休暇中に代替で仕事をしてくれる同僚たちへの配慮を込めて、早めに申し出ましょう。

STEP3:友人への報告

改まった報告方法は直接や手紙でするのがマナー

結婚という人生でも大切な節目の報告には、できるだけ改まって行う慣習となっています。最も改まった報告方法は、直接お目にかかって、ご挨拶、報告をすることです。遠方であれば手紙でも構いません。その次は電話という順です。

親しい友人で、ふたり揃って結婚報告をして、挙式・披露宴の相談に乗ってもらったり、夫婦共々の友人としてお付き合いいただけるように直接会ってお願いしたりすることもおすすめです。直接会うことが難しい場合なら電話で報告するようにしましょう。友人を大切に思っているという気持ちが伝わります。

最近はメールでの報告もあり

主にメールで友人との連絡を取り合っているという人も多いことでしょう。メールは電話やハガキ以上に通信手段のひとつとして定着しています。メールでの結婚報告は基本的にOKです。しかし、一斉送信してしまうと、対応が雑に感じられて、友人に寂しい思いをさせてしまうことも考えられます。結婚報告をメールで行う場合には、相手のことを考えた文章を、ひとりひとりに対して送るようにしましょう。メールで結婚報告すると同時に、挙式・披露宴への案内状を送るからぜひ来てほしいという一言を添えるケースも増えているようです。

STEP:4 SNSでの結婚報告するときの注意点

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSを使って結婚報告をするケースが増えてきました。有名人・芸能人の結婚報告の例などもあり、また、手軽で時短にもつながることから利用を考えているという人も少なくありません。SNSで繋がっているという友人等もいることから、SNSを使った結婚報告はNGというわけではありません。しかし、公の場でもあるSNSで結婚報告を投稿する際には、タイミングやマナーなどをよく考えて慎重に行う必要があります。

また、SNSでは一度で多数に知らせることができるために、受け手側にとってはその他大勢の中のひとりとしての報告のように印象付けられ、今後の関係に影響を与える可能性があります。SNSを利用して結婚報告する際は、入籍や挙式・披露宴前であれば、ひとりひとりに対して送ることのできる機能を利用しましょう。

次のページ
クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

親への結婚挨拶*2018年版おすすめ手土産12選&NGパターン!予算や渡し方のマナーまとめ

adviser
結婚報告

【結婚報告をSNSで】守りたいマナーとルール*facebook・インスタ結婚報告講座

adviser
結婚報告

結婚報告の手紙|パターン別の文例6つと季節の挨拶&マナー

adviser
結婚報告

結婚挨拶時の女性の服装ポイント7つ&NGパターン6つ!初対面で好印象を与えるには清潔感がカギ

adviser
結婚報告

結婚挨拶の手土産にのしは必要?つける場合は?おさえておきたいマナーを解説

adviser
結婚報告