2020.3.29

【2020年完全版】結婚式の謝辞で新郎があがらない方法と上手なスピーチのコツ

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
342 views
続きをアプリで読む

結婚式も終盤を迎えるころ、新郎にとって最も緊張する謝辞の時間がやってきます。うまく話すことができるだろうかと、今から心配で仕方がない人もいるでしょう。参列者の注目が集まる中、緊張もピークに達するからです。

しかし、事前にきちんとスピーチ内容を決めて練習しておけば、必要以上に心配することはありません。今回は、結婚式の謝辞で新郎として無事に役目を務めるために必要なポイントを詳しく解説します。

目次[]
  1. 結婚式当日に何とかなると考えないこと
  2. 謝辞の構成パターンを参考に原稿を組み立てる
  3. 謝辞の原稿は納得できるまで書き直そう
  4. 原稿を繰り返し声に出して練習してみる
  5. 最初の一言で謝辞の印象が決まる
  6. 本番であがらないために心得ておくこと
  7. 謝辞の失敗例も知っておくと役に立つ
  8. 結局は自分の言葉で丁寧にスピーチすることが大切

結婚式当日に何とかなると考えないこと

結婚式で新郎が謝辞を述べるチャンスは、1回だけです。会社でよくある3分間スピーチのように、その場で何とかなるだろうと考えるのはやめましょう。にこやかにお礼の言葉を並べるだけでは、新郎の謝辞としては失格です。
結婚式は、2人がこれから夫婦としてやっていくことを、参列者に報告し認めてもらう場でもあります。結婚式の謝辞は、参列者への感謝を述べるだけでなく、これからの2人を見守り、助けてもらえるようにお願いする意味もあることを理解しましょう。

新婦にとっても、夫となる男性が初めて公の場でスピーチをする姿を見ることになります。夫が無事に謝辞を言えるか、笑顔をを保ちつつもハラハラしながら隣に座っているのもなかなかつらいものです。
新婦に対して頼もしいパートナーでいるためにも、謝辞を成功させるべくきちんと準備することが大切です。きちんと準備していれば必要以上に心配しなくても大丈夫です。

謝辞の構成パターンを参考に原稿を組み立てる

新郎の謝辞には、決まった流れがあります。流れに沿って文章を組み立てていけば、とりあえず完成させることはできます。まずは、導入部分を書いていきましょう。導入部分では、結婚式に参列してもらったことに対して感謝を示します。
貴重な時間を自分たちの結婚式に当ててもらっているのです。導入部分で参列者に感謝を示すのは、忘れてはいけないことです。

導入部分が終わったら、本題に入りましょう。謝辞の本題では、今回の結婚式で特に印象に残ったことやうれしかったことについて簡単にまとめるのがおすすめです。事前に原稿として用意しにくい部分なので、一発勝負ともいえます。
しかし、どんな結婚式であっても、必ず印象に残るシーンがあるので気楽に構えていましょう。もしも不安が残るのなら、別バターンとして文章を用意しておいても構いません。

そして、両家の両親に対する感謝の気持ちも述べましょう。一生を共に過ごすパートナーを見つけて結婚することができるのは、一重に両親のおかげでもあるからです。自分たちを立派に育て上げてくれたこととに感謝し、これからは二人で手を取り合って頑張っていくので見守ってほしい、といった内容を話しましょう。ここまで話すことができれば、8割型は成功です。

最後に謝辞の締めとして、改めて出席者全員に感謝の気持ちを表しておきましょう。奇をてらう必要はないので、本日は誠にありがとうございました、などの定型文で構いません。
最後の締めで個性を出そうと考えるのは失敗する原因になるので、やめておきましょう。

謝辞の原稿は納得できるまで書き直そう

謝辞の原稿は、納得できるまで何度でも書き直してください。納得するまで文章を練れば、後悔することもありません。もちろん、謝辞の文例集を参考にして構わないので、まずは原稿を仕上げてみてください。ひとまず原稿を仕上げるだけでも、随分と気持ちが軽くなることでしょう。

さて、1回書き上げたものをチェックしてみると、表現があいまいな箇所などに気づくものです。すべて訂正し終わったら、再度吟味してみましょう。これでよしとなるまで、何度でも書き直してください。最終的に満足できる原稿ができるまでがんばってみましょう。
また、原稿を書いた日とは別の日にチェックすると、自分が書いた文章であっても客観的に判断できるので試してみてください。

▽謝辞に関する記事はこちら

結婚式のクライマックス!新郎による謝辞の作成の仕方

原稿を繰り返し声に出して練習してみる

謝辞の原稿が完成したら、まずは、1回通して読んでみましょう。文章として見る分には問題なくても、声に出してみると違和感を覚えることもあります。音感や語路が悪い、謝辞としてはふさわしくない表現だと感じることもあるでしょう。実際に声に出してみれば、さまざま問題点が分かります。

繰り返し読んでみるのと同時に、自分の声を録音してみるのもよい方法です。録音してみると、自分ではハッキリ話しているつもりでも、ボソボソとしていて自信がない印象に聞こえることもあります。また、思ったよりも時間が短かったり、長すぎたりすることもあるでしょう。声の調子や大きさだけでなく、スピーチの時間も併せてチェックしてみてください。

新郎の謝辞は、長くても3分程度までにしておきましょう。短すぎても拍子抜けしますが、長すぎても間延びするだけで退屈になってしまいます。人の集中力が持続する長さを考えても、テンポよくまとめておきましょう。

なお、新婦の前で練習するのもおすすめです。本番では、新婦も新郎の謝辞を聞く立場になるからです。新婦からは、率直に感想を言ってもらうようにしましょう。新郎の謝辞であっても、夫婦を代表としてスピーチすることになるのです。二人でしっかり練習して、本番に臨みましょう。

最初の一言で謝辞の印象が決まる

謝辞の印象は、最初の一言で決まります。最初の一言が、堂々としていてよく通る声であれば、ほぼ成功したと言っても過言ではありません。おなかに力を入れ、なるべく遠くの人にまで聞こえるようにゆっくり話すように心がけてみましょう。
喉がカラカラだとうまく発声できないので、謝辞を述べる少し前にノンアルコールドリンクを飲んでおくのもおすすめです。アルコールは声がかれてしまったり、ろれつが回らなくなる原因になるので控えてください。

司会者から紹介されたら、まずはひと呼吸置きましょう。ひと呼吸置くことで、出席者が謝辞に耳を傾ける準備ができます。会場のざわつきが落ち着いたら、ゆっくりと話し始めましょう。このとき、自信がない人は無意識に早口になってしまいがちです。早口になるとさらに緊張してしまい、失敗する原因になるので、まずはゆっくりと話し始めるように心がけてください

声が小さいこと自体は、マイクがあるので大した問題ではありません。ただし、マイクを通して話すことになるので、使い方に慣れておく必要があります。当日に結婚式の会場にて、早めにマイク調整をしておきましょう。マイクの使い方に慣れておけば、それだけでも安心できるものです。

本番であがらないために心得ておくこと

特に、人前に立つ機会がめったにない人には、謝辞のことを考えただけで頭が痛くなるものです。たくさんの人の前であがらないためには、自分に自信を持つことが大切です。結婚式は、夫となる自分と妻となるパートナーのお披露目式の意味もあります。つまり、自分たちが主人公なのですから堂々としていて構いません。

目の前にいる人たちは、二人をお祝いするために来てくれた人たちなのですから、好意的な目で見てくれています。多くの人たちが自分たちの門出を祝ってくれていると思えば、心強く感じることでしょう。
また、謝辞を言わなければならない、と考えるのではなく、謝辞を通して皆さんにお礼を言おうとしていると考えてください。ポジティブな気持ちになるので、謝辞をスムーズに進められます。

本番であがらないためには、謝辞のことばかり考えないようにするのも効果的です。謝辞は、暗記しなくてはいけないものでありません。実際には、メモを参考にすることも可能なので、気負いすぎないようにしましょう。

▽気持ちを伝える謝辞についてはこちら

新郎謝辞作成のポイントをおさえてしっかり感謝を伝えられるスピーチを!

謝辞の失敗例も知っておくと役に立つ

謝辞で失敗してしまった新郎の例も知っておくと役に立ちます。先輩たちの失敗談は、反面教師にすればよいのです。よくあるのは、式中にお酒をすすめられるまま飲んでしまい、いざというときに言葉が出なくなってしまうことです。お酒を飲ませ過ぎた側もいけませんが、すべて素直に飲んでしまう新郎にも落ち度があるでしょう。多くの人は、仕方ないなと温かい目で見てくれますが、中にはだらしない新郎だと評価する人もいます。

また、謝辞としてふさわしくない話題を出ししてしまうのもダメなパターンです。たとえば、政治ネタや特定の宗教について意見したり、時事問題でもネガティブな話題を例に出してしまうのはいけません。
こうした話題は、普段の雑談ならまだよいでしょう。しかし、多くの人が集まる場での謝辞ではふさわしくありません。参列者が不快に感じたり、違和感を覚えるような話題を取り上げるのは避けましょう。

さらに、参列者から不評なのが、お決まりの文章をただ棒読みするだけで終わってしまうパターンです。ある程度定型文になるのは仕方がないにしても、本に書いてあるとおりの内容を抑揚なく読むだけでは、参列者もがっかりしてしまいます。

自分なりに言葉を考えて文章を作っているのか、単に文例を書き写しただけなのかは、すぐに分かるものです。なぜなら、参列者の既婚男性なら、自分も同じよう謝辞を読んた経験があるからです。人生の先輩の目は、ごまかすことはできません。

結局は自分の言葉で丁寧にスピーチすることが大切

当日までいろいろと準備を進めても、本番で100%の力を出せないこともあるでしょう。タイミング悪くどもってしまったり、感極まって涙が込み上げたりすることもあります。結婚式は、本番1回だけなのですから、どんなハプニングが起こるか誰にも分かりません。
しかし、自分の言葉で丁寧に謝辞を述べる姿は、参列者の感動を呼ぶものです。これから、夫婦でがんばっていくこと、温かく見守ってほしいことを丁寧に話しましょう。

また、忙しい中結婚式に来てくれたことへの感謝の気持ちを伝えてください。新郎の務めをしっかりやり遂げることができれば、自然に拍手がわくはずです。新婦からも満面の笑みで拍手してもらえること請け合いです。

▽ウェルカムスピーチに関する記事ならこちら

披露宴のウェルカムスピーチで人の心を掴むコツとは?

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む