2020.3.29

新郎向け!結婚式で感謝を伝えたい謝辞の基本やポイントについて

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
65 views
続きをアプリで読む

結婚式に招いた参列者や、今日まで新郎新婦を支えてきてくれた両親や親族へ向けて感謝の想いを述べるのが「新郎謝辞」で、結婚式を締めくくるのに欠かせないシーンです。人生の晴れの舞台であるため、スマートに行いたいですが、大勢の参列者の前では緊張してしまうこともあります。

事前にしっかりと準備をして、結婚式にふさわしい新郎謝辞を行いましょう。

目次[]
  1. 結婚式の新郎謝辞の目的とは
  2. 結婚式の謝辞の準備とは
  3. 謝辞の基本構成とポイント
  4. 謝辞の長さやどの位?カンペを読んでもいいの?
  5. 考えた謝辞が短かったり長かったりした場合は?
  6. 新郎謝辞の例文集
  7. 長さや構成を意識し、感謝の気持ちが伝わる新郎謝辞を

結婚式の新郎謝辞の目的とは

結婚式ではそれぞれのシーンごとに、祝辞や友人代表スピーチなど様々なスピーチが披露されます。その中の1つに「新郎謝辞」があります。謝辞とは、結婚式の主催者である新郎新婦から、結婚式に来てくれた参列者の方々や親族に向けた感謝の挨拶です。以前は、両家を代表して新郎の父が謝辞を行うケースも多くありましたが、最近では新郎が謝辞を行ったり、新郎と新郎の父二人が行うケースなど様々です。

新郎新婦が感謝を述べるスピーチは、謝辞以外にも「ウエルカムスピーチ」があります。謝辞との大きな違いは披露宴の冒頭に行う点です。また、ウエルカムスピーチの内容は感謝以外にも当日の式の流れなどの説明を行いますが、謝辞では今後の抱負などを述べます。

結婚式の謝辞の準備とは

<謝辞を述べる人を決める>

謝辞は、基本的に結婚式の招待状の差出人が行います。一昔前は謝辞というと新郎の父のみが行うケースがほとんどでしたが、誰が行わなければいけないといったルールはないため、両家で話し合って謝辞を述べる人を決めましょう。

<謝辞の原稿を作成する>

結婚式の謝辞は、招いた参列者や家族・親族に対する感謝の想いを自分の言葉で述べることがポイントとなります。原稿なしでぶっつけ本番は、よほどスピーチ慣れしている方以外なかなか上手にできるものではありません。しっかりと事前に話す内容を決めておきましょう。

<事前に練習をする>

しっかりと原稿を作成できても、いざ口に出してみると読みにくいこともあります。当日は思っている以上に緊張してしまうシチュエーションとなるため、原稿を作成したら必ず実際に声に出して読みましょう。つまずきやすい箇所をチェックし、スムーズにスピーチができるまで繰り返し練習を行い、万全な体制で本番に挑みましょう。

謝辞の基本構成とポイント

謝辞の内容には、「参列者へのお礼」や、「祝福のお礼」、「二人のこれからについて」など、盛り込むべき要素を入れると作成しやすくなります。下記の基本の構成を参考にしましょう。

<導入>

結婚式にお越しいただいた参列者の方々及び、両家のご家族に対しても無事に結婚式を迎えられたことや、これまで育ててくれた事に関する感謝の意を表します。

<本題>

今日1日の結婚式を振り返り、どんな心境になってどう感じているかなどを述べます。その他には、新郎新婦の今後の抱負などを盛り込むのも良いでしょう。

<結び>

お越しいただいた全ての方々に、改めて感謝の意を示します。最後に参列者の今後の健康や幸福を祈る気持ちを述べ、結婚式を締めくくります。

▽謝辞の関連記事についてはこちら

結婚式をカッコよく引き締めたい、新郎の謝辞の書き方とポイント

謝辞の長さやどの位?カンペを読んでもいいの?

謝辞を行う際には、そのスピーチの長さにも注意をしましょう。間延びしない適度な長さにし、カンペを用意してスピーチをする時にもたつかないようにします。

<文字数と時間>

謝辞の適切な時間は、1分から3分程度です。人に伝わりやすく話すことを意識すると、1分間に話す文字数は300文字前後となります。そのため、3分間のスピーチの場合、400字詰め原稿用紙に換算すると2枚半ほどとなります。

謝辞を述べるタイミングは結婚式の締めくくりに行われます。結婚式での楽しい時間を過ごして、参列者の中にはお酒も入って集中力が切れてくる方も少なくありません。謝辞に耳を傾けてもらうためにも、参列者への気配りとして聞きやすい時間配分の配慮が大切となります。

<カンペを読むことは全く問題ない>

しっかり考えて作成した謝辞を覚えられなかったり、今は覚えていても当日は頭が真っ白になってしまいそうな時は、カンペを用意して、それを見ながら読み上げることは全く問題ありません。何も見ずにスラスラをスピーチができたらとてもスマートですが、内容を忘れて沈黙が続いてしまったり慌ててしまっては台無しになってしまいます。

覚える努力は必要ですが、いざという時に焦ることがないようにカンペは用意しておくと安心です。

考えた謝辞が短かったり長かったりした場合は?

基本構成など、入れるべき要素を盛り込んでしっかり考えても、謝辞が目安よりも短かったり長くなることがありますが、焦る必要はありません。適度な長さを意識することはとても大切ですが、気持ちを込めて作成した結果として短くなったり長くなることは仕方がありません。

無理矢理内容を削ったり付け足したりする必要はなく、実際にスピーチをする時の間の取り方で時間を調整し、またメリハリをつけた演出を取り入れるのもおすすめの方法です。時間重視に考えるのではなく、感謝の気持ちを第一に考えたスピーチを行うようにしましょう。

新郎謝辞の例文集

謝辞は結婚式を締めくくるクライマックスに行われる、大切なシーンです。花嫁の手紙とは違い、基本的には結婚式に招いた参列者へ向けたものとなります。そのため、あまり砕けすぎずにフォーマルにまとめるようにしましょう。ここでは、実際のスピーチに使える例文集をご紹介します。

<参列者への感謝を伝える謝辞>

本日はお忙しい中、私たち二人の結婚式にお越しいただき、誠にありがとうございました。
皆さまからお祝いのお言葉を頂き、大変感激しております。
スピーチや余興を行っていただいた友人の皆さま、多忙の中準備をしていただき感謝しております。私たちにとって、とても思い出深い一日となりました。
私たちは、まだまだいたらない点がたくさんあります。これからは、お互いに支え合って、二人で末永く人生を歩んでいきたいと思います。
これからも変わらず、私たち二人をどうぞよろしくお願いいたします。
本日は誠にありがとうございました。

・出席された参列者全員向けでなく、個々への感謝の言葉も取り入れた例文です。
特に友人のスピーチや余興に対しては、忙しい中準備をして引き受けてくれたことにも触れているのがポイントです。文面から気遣いが伝わる謝辞となります。

<参列者と家族への感謝を伝える謝辞>

本日はご多用の折、私たちの結婚式にお集まりいただき、誠にありがとうございました。
皆さまから励ましやお祝いのお言葉を頂き、とても感謝しております。
上司の皆さま、職場の皆さま。今後一層、家庭を守るために気を引き締めて仕事に励む所存です。
友人の皆さま、これからも夫婦ともに仲良くしてください。そして、もし私たちだけでは解決できない問題にぶつかった時には、相談に乗ってもらえたら嬉しいです。
親族の皆さま、幼い頃からお世話をして頂き、これまで育ててくださりありがとうございます。これまでに頂いた恩は、少しずつお返しさせて頂きたいと思います。
そして、今日まで支えてくれたお父さん、お母さん。これからは自分が一家の屋台骨となり、人に誇れるような家庭を築いていきたいと思いますので、どうか見守っていてください。

まだまだ未熟な私たちではありますが、二人で絆を深めて寄り添っていきたいと思います。
さらなるご指導及びご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

・家族や友人だけでなく、親族や上司などあらゆる参列者に呼びかける謝辞です。
これまでの感謝を伝えつつ、「これからもよろしく」といった想いも込められています。それぞれの相手に合わせて内容も変えているので、参列者の皆さんの胸に響く謝辞となります。

<当日感じた気持ちを伝える謝辞>

本日は、私たち二人の結婚式にお集まりいただき、誠にありがとうございました。(中略)
私が〇〇さん(新婦)のご両親に結婚の挨拶に伺った際に、お父さんから頂いた言葉があります。
「わがままな娘ではありますが、私たち夫婦が大事に育ててきた娘です。幸せにしてあげてほしい。どうかよろしく。」
その言葉を聞き、より一層〇〇さんを大切にしようと、心に誓いました。
最後になりますが、「結婚っていいもの」ですね。

・親族や気心が知れた友人が多い結婚式であれば、少々砕けた表現を用いるのも問題ありません。
「新郎らしくて素敵」と、微笑ましく感じ取ってくれる参列者も多いのではないでしょうか。新婦の親との心温まるエピソードも感動のポイントです。アットホームな雰囲気であれば、気取らずに自分らしい言葉で表現してみましょう。結婚に至るまでや、結婚式当日の感動したエピソードなどを謝辞に盛り込むと良さそうです。

<新郎新婦の近況や将来の誓いに触れた謝辞>
婚姻届けを既に提出している場合、謝辞の場で報告するのも良さそうです。他にも、授かり婚を報告したり、晩婚なことに触れるなど、ふたりの近況が垣間見えるスピーチは、参加している参列者も安心してくれそうです。

▽謝辞例文に関する記事はこちら

謝辞の長さは短いほうが良い?緊張するなら暗記より見ながら伝えよう

長さや構成を意識し、感謝の気持ちが伝わる新郎謝辞を

もし言葉に詰まってしまったとしても、その一生懸命な姿が参列者たちにはしっかりと伝わることでしょう。流暢にスピーチをすることだけを意識する必要はないので、感謝の気持ちを込めて、参列者の皆さんに伝わるようにゆっくりと話すようにしましょう。

カラオケと違ってスピーチをする際は、マイクの頭ではなく胴の部分を持ちます。姿勢よくハキハキとした声で、照れずに堂々と述べるとスマートです。新郎の謝辞は結婚式のクライマックスで、とても重要なシーンです。謝辞の出来栄え次第では、式の印象を左右することもあるので、謝辞を行う新郎は緊張するのは当然のことです。

事前にしっかりと原稿を作成し、暗記してしまう程何度も実際に声を出して練習しておきましょう。後悔のないように、自信を持てるような謝辞を行いましょう。

▽新郎謝辞の関連記事はこちら

結婚式のクライマックス!新郎による謝辞の作成の仕方

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む