2020.1.31

結婚式の費用って、おいくら万円?実質の費用・安くする方法まとめ♥

結婚の段取り
花嫁お悩み相談室
1277 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

farnyをご覧の皆さま、こんにちは!
今回は「結婚式の費用」について
詳しく調べてみました◎

結婚式は憧れの一大イベントですが…
なんといっても… お 金 が、かかる!(ヽ´ω`)

どれくらい費用があれば、結婚式を挙げられるのか?
一括払い?分割払い?支払うタイミングは?誰が支払う?

いろんな疑問を総まとめして、調べてみました(((((((((((っ・ω・)っ

結婚式の費用はズバリいくら!?


結婚式はご祝儀がもらえるので
思ったより安くできる事が多いです♥

ご祝儀を引いて、実際のところは
いくらくらいかかったのか?

実際の費用を見てみてましょう!

結婚式だけなら実質100万円くらい!

結婚式費用から、ご祝儀3万円×人数を引くと
実際の費用は【100万円前後】に収まることが多いです。

ゲストの人数が少ないほど
結婚式(挙式&披露宴)の費用は安くなります。
しかし、ゲストの人数が少ないということは
ご祝儀も少ないということに。

ご祝儀で結婚式の費用をカバーできることを考えると
人数を多く呼んだ方が、実際の費用を安くできる…
ということが多いですよ◎

お金がかからなかった夫婦も


親や親族が援助してくれたおかげで
結婚式は実質0円だった、という凄腕夫婦もいらっしゃいます!

ご祝儀だけで実質0円にするのは難しいですが
親や親族の協力があると、実現しやすいようです◎

0円とはいかずとも、50万円ほどの負担額で
収まったという夫婦も。

結婚式は大勢の人にお祝いしてもらう
大切なイベントだということが実感できますね…!

むしろ結婚式で黒字に!?

さらに0円だけでなく、黒字(お金が余った…!)という
驚きの技を繰り広げた方も!

会場の無駄な装飾を省いたり
持ち込みをしたりして、結婚式費用を安くされるとのこと♪

持ち込みは有料の会場が多いのですが
交渉によっては無料になることも♥

持ち込みなら中間手数料がかからないので
同じ質でも安くすることができます!

ウェディングドレス、ヘアメイク、カメラマン
引き出物、生花…など。

余計な手数料を払わないのは、お得感満載ですが
ゲストへのおもてなしをケチってしまうと
すぐにバレちゃいますよ。(ヽ´ω`)

特に料理、引き出物は特にケチりたくないところ。

「お金がないけど結婚式したかったんだなぁ…」
「黒字にしたかったんだろうなぁ…」
「ご祝儀目当てで呼ばれたんだ…」

と、思われてしまいます…。

ゲストの方もお祝いしたい気持ちがあっても
ケチケチした部分を見ると、引いてしまうので気をつけましょう!

新郎か新婦、どちらが支払いをする?


2人の結婚式ですが、費用はどちらが支払うのでしょうか。
夫婦によって違いますが、
このパターンが多いみたいです。

・新郎が支払い多め
・新婦が支払い多め
・どちらも同じ金額くらい

新郎が全額支払った、新婦が全額支払った
とパターンもあります*

ゲストの人数や、自分の衣装代によって
ちゃんと計算して支払っている新郎新婦も多いみたい。
しっかり分けたい場合は
細かい見積もりを出してくれる会場が良いですね!

また、収入や貯金に応じて
それぞれが払える範囲にするという方法も◎

結婚式の費用の支払いするのは
これといった決まりはないので
よく話し合って決めましょう♪

結婚式に向けて一緒に貯金するのもおすすめですよ+。*

結婚式の費用を払うタイミングはいつ?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む