2019.8.17

ブライダルエステはみんな行くの?費用相場やいつから通うと効果的か検証

結婚の段取り
farnyオフィシャルライター
6807 views

【2022年6月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

ブライダルエステはいつから、何回通えば効果的?

ブライダルエステに通い始める時期や回数は、お客様の予算や時間的な余裕から選択できるシステムとなっています。その中で特に人気の高いコースは、多くのサロンで実施されている次の4種類です。

じっくり時間をかけて磨き上げる「6ヶ月」

半年かけてゆっくり通い続ける6ヶ月コースは、お悩みパーツのサイズダウンや、肌荒れ改善といった根本的な問題を解消したいと考えるプレ花嫁におすすめ度の高い選択肢です。ブライダルエステでコンプレックスの二の腕や肌のくすみが改善すると、自信によって堂々とウェディングドレスを着られるようになります。

一般的なコースでは、まず挙式の6ヶ月前~1ヶ月前にかけて、週1回ぐらいのペースで全身トリートメントやフェイシャルケアなどを行っていきます。このような流れでボディや肌の悩みが大きく改善すると、最終月には背中のシェービングや総仕上げとなるケアだけで結婚式当日を迎えられるようになるのです。ちなみに6ヶ月コースを選んだ場合、半年かけて25~35回ほど通い続けるのが一般的となっています。

多くのプレ花嫁に選ばれる「3ヶ月」

コストパフォーマンスの高さを求めるプレ花嫁には、90日という短い期間で肌のターンオーバーに着目したケア受けられる3ヶ月コースがおすすめです。挙式の3ヶ月前~1ヶ月前にかけて週1回の合計12回でボディケアを受けると、ウェディングドレスから露出する二の腕や背中の引き締めも可能となります。挙式までに3ヶ月あれば、生活習慣の改善による美肌効果なども期待できることでしょう。

ちなみにこのコースには、前述の6ヶ月と比べてモチベーションの維持がしやすい利点もあります。そのため、高い美容効果を求めながらも長期的に通う自信がない人は、ハードルの高い半年よりも金額・回数ともに適度な3ヶ月コースに申込みをした方が良いかもしれません。

まだ間に合う「1ヶ月」

手頃な値段で利用できる1ヶ月コースは、美容の悩みを抱えながらも挙式当日までに時間のないプレ花嫁に最適の選択肢です。このプランでは、短期間で最大限の美しさを得るために、エステティシャンと二人三脚で集中ケアを進めていきます。通う回数は、トータル10回前後が一般的です。

新生活の準備でストレスの溜まりやすいこの時期のエステには、適度なリラックスをもたらす効果もあります。またエステ通いでストレス解消ができると、大事な結婚式の直前に想定外の肌トラブルが起こる悪循環も生じにくくなるのです。

忙しいプレ花嫁でも大丈夫「1day・2day」

ブライダルエステのサービスが多様化する近頃では、多忙な女性でも気軽に利用できる1dayや2dayのプランを用意するサロンも増えています。まさに短期集中とも言える1dayコースでは、ウェディングドレスから露出する顔・首・デコルテ・二の腕・背中などを中心に1日かけてケアを進めていきます。

背中のくすみや汚れが酷い場合、顔用のクレンジングゲルをたっぷり使い、滑らかで明るい印象の肌に導くことも可能です。1day・2dayは、肌やボディラインに特に悩みがなく、背中のシェービングだけプロにお願いしたいというプレ花嫁にも人気の高いコースとなっています。

メリットとデメリットがある?

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む