2019.8.17

0 この記事をクリップ

ブライダルエステはみんな行くの?費用相場やいつから通うと効果的か検証

結婚の段取り
farnyオフィシャルライター
97 views

ブライダルエステは、これから結婚式を迎えるプレ花嫁にとって非常に気になるサービスだと思います。特にドレスから露出するパーツに肌やムダ毛の悩みがある場合、このエステへの興味は更に高まることでしょう。そこで今回は、最新データなどに目を向けながら、ブライダルエステならではの魅力や費用相場などについて徹底解説していきます。

ブライダルエステとは?一般のエステとどう違うの?

ブライダルエステとは、挙式前の女性を対象としたエステの総称です。このサービスには、幅広い人が利用する普通のエステと比べて次のような違いがあります。

利用目的の違い

この両者における最大の違いは、エステに行く目的です。日常生活の中で自由に通える普通のエステには、美肌のキープや理想のボディに近づく中長期的な目的のお客様が多い傾向にあります。一方でブライダルエステは、結婚式当日に最高のコンディションでウェディングドレスを着て、記念写真などの見栄えを良くすることが目的です。そのため場合によっては、サロン常連のお客様が挙式に向けたケアに専念する方向で、数カ月限定のブライダルエステに切り替えるといった利用法もあります。

メニューの違い

ブライダルエステの施術メニューは、ウェディングドレスから露出するパーツが中心です。例えば、後ろが大きく開いたドレスを着る前に背中のシェービングを受けると、滑らかな肌に見せやすくなります。また、人気の高いデコルテや背中のケアには、お客様自身がお手入れのしにくいパーツという特徴もあるのです。ちなみにブライダルエステのコースには、角質除去などのフェイシャルケアや、ネイルケア、引き締まったボディでドレス着用を目指す痩身ケアが加わることもあります。

期間の違い

結婚式というゴールのあるブライダルエステは、最長でも半年ほどで全コースが終わる短期決戦です。プレ花嫁向けのサロンでは、申込みから挙式までの限られた期間内で最高のコンディションに導く施術を、計画的かつ総合的に進めていきます。近頃のエステ業界では、さまざまな意味で余裕のないお客様向けに、挙式の1週間前に入念なケアをする1day~2dayコースを提供するサロンも多く見受けられるようになりました。

ブライダルエステを受けた卒花嫁はどのくらい?

当サイトのアンケート結果によると、92.5%もの卒花嫁が挙式前に何らかのブライダルエステを受けている実態が見えてきました。そのうち62%の女性は、自分で見つけた一般のサロンで施術を受けています。一方で、結婚式場のサービスが多様化する近頃では、会場提携のサロンや美粧室などで施術を受ける女性の割合も増加傾向にあります。このように実際に挙式をした方々のデータに目を向けると、プレ花嫁にとってブライダルエステというサービスがより身近な存在になりつつあると言えそうです。

▽結婚の準備期間はどのくらいかかる?

結婚式の準備期間はいつからがいい?手順をカウントダウン形式で紹介

ブライダルエステの相場は?

新生活に向けてお金の節約をしたいと考える女性にとって、ブライダルエステの金額や相場もかなり気になるところだと思います。

ブライダルエステの費用相場は二極化傾向

ブライダルエステの金額で最も多かったのは、「2~4万円未満」と「10~13万円」の価格帯でした。(当社調べ)この数字に目を向けると、挙式や披露宴と同じようにブライダルエステに関しても、利用価格の二極化が起きている実情に気付かされます。平均価格は9.7万円となりますが、複数の価格帯に利用者が集中する傾向から考えると、近年のブライダルエステは選択の自由度が高まっていると捉えて良いでしょう。

施術部位を厳選して費用を抑えることも可能

限られた時間と予算の範囲内で無理なく施術を受けたいときには、実際に着用するドレスの形状に合った施術部位を厳選する方法がおすすめです。例えば、オフショルダーやノースリーブのドレスを着るときには、背中の上部とデコルテ、二の腕を中心としたケアだけでも十分に見栄えがするようになります。このように施術部位を少なくすると、ブライダルエステの総合コースを選択するより費用が抑えられる場合もあります。自分で部位選択ができないときには、初回カウンセリングにドレスの試着写真を持っていき、エステティシャンに相談をしてみると良いでしょう。

▽ブライダルエステの基本を知ろう

ブライダルエステの基本*結婚式当日をとびっきりの美で☆

ブライダルエステはいつから、何回通えば効果的?

ブライダルエステに通い始める時期や回数は、お客様の予算や時間的な余裕から選択できるシステムとなっています。その中で特に人気の高いコースは、多くのサロンで実施されている次の4種類です。

じっくり時間をかけて磨き上げる「6ヶ月」

半年かけてゆっくり通い続ける6ヶ月コースは、お悩みパーツのサイズダウンや、肌荒れ改善といった根本的な問題を解消したいと考えるプレ花嫁におすすめ度の高い選択肢です。ブライダルエステでコンプレックスの二の腕や肌のくすみが改善すると、自信によって堂々とウェディングドレスを着られるようになります。

一般的なコースでは、まず挙式の6ヶ月前~1ヶ月前にかけて、週1回ぐらいのペースで全身トリートメントやフェイシャルケアなどを行っていきます。このような流れでボディや肌の悩みが大きく改善すると、最終月には背中のシェービングや総仕上げとなるケアだけで結婚式当日を迎えられるようになるのです。ちなみに6ヶ月コースを選んだ場合、半年かけて25~35回ほど通い続けるのが一般的となっています。

多くのプレ花嫁に選ばれる「3ヶ月」

コストパフォーマンスの高さを求めるプレ花嫁には、90日という短い期間で肌のターンオーバーに着目したケア受けられる3ヶ月コースがおすすめです。挙式の3ヶ月前~1ヶ月前にかけて週1回の合計12回でボディケアを受けると、ウェディングドレスから露出する二の腕や背中の引き締めも可能となります。挙式までに3ヶ月あれば、生活習慣の改善による美肌効果なども期待できることでしょう。

ちなみにこのコースには、前述の6ヶ月と比べてモチベーションの維持がしやすい利点もあります。そのため、高い美容効果を求めながらも長期的に通う自信がない人は、ハードルの高い半年よりも金額・回数ともに適度な3ヶ月コースに申込みをした方が良いかもしれません。

まだ間に合う「1ヶ月」

手頃な値段で利用できる1ヶ月コースは、美容の悩みを抱えながらも挙式当日までに時間のないプレ花嫁に最適の選択肢です。このプランでは、短期間で最大限の美しさを得るために、エステティシャンと二人三脚で集中ケアを進めていきます。通う回数は、トータル10回前後が一般的です。

新生活の準備でストレスの溜まりやすいこの時期のエステには、適度なリラックスをもたらす効果もあります。またエステ通いでストレス解消ができると、大事な結婚式の直前に想定外の肌トラブルが起こる悪循環も生じにくくなるのです。

忙しいプレ花嫁でも大丈夫「1day・2day」

ブライダルエステのサービスが多様化する近頃では、多忙な女性でも気軽に利用できる1dayや2dayのプランを用意するサロンも増えています。まさに短期集中とも言える1dayコースでは、ウェディングドレスから露出する顔・首・デコルテ・二の腕・背中などを中心に1日かけてケアを進めていきます。

背中のくすみや汚れが酷い場合、顔用のクレンジングゲルをたっぷり使い、滑らかで明るい印象の肌に導くことも可能です。1day・2dayは、肌やボディラインに特に悩みがなく、背中のシェービングだけプロにお願いしたいというプレ花嫁にも人気の高いコースとなっています。

ブライダルエステのメリットとは?

ブライダルエステを受けると、次のようなメリットが得られます。

ドレスのシルエットに合ったケアが受けられる

自分の選んだウェディングドレスを最高の状態で着るためには、多くのプレ花嫁の美容をサポートしているブライダルエステの担当者に相談するのが理想です。露出パーツの施術を得意とするサロンでは、「このタイプのドレスを着るなら、この部位のケアが必要」といった的確なアドバイスを行えます。また、何かと忙しい挙式前は、結果の見えない独自のダイエットや運動を黙々と続けるよりも、ドレスの似合うボディを目指すサロンを利用した方が効率的です。

自分では手の届かない部位のケアができる

二の腕や背中、襟足などは、ブライダルエステに通わなければケアできないパーツです。特に鏡にうつることの少ない背中には、毛穴の詰まりや産毛などの状況をチェックできない問題があります。こうしたパーツを敢えて露出するウェディングドレスを着るには、自分も知らないトラブルを早めに解消する上でも、プロの施術に頼るのが理想です。金銭面や時間的な余裕がないときには、背中のケアに絞ってブライダルエステの利用をしてみても良いでしょう。

結婚式を最高のコンディションで迎えられる


挙式というゴールに向かい施術計画を立ててくれるブライダルエステは、さまざまな不安を抱えるプレ花嫁とって非常に頼れる存在です。例えば、月経周期によって肌ゆらぎが生じる人は、その問題を早めにエステティシャンに伝えることで結婚式に向けてより良い対処を施しやすくなります。

また、肌トラブルの原因として生活習慣の乱れが考えられる場合は、長い時間をかけて体の内外から美容面のアプローチができる6ヶ月コースに通ってみても良いかもしれません。こうした早めの取り組みで肌の調子が良くなると、ストレスの生じやすい結婚式の直前も自信を持って前向きに過ごせるようになります。

非日常的な空間でリラックスできる

ブライダルエステのサロンは、多くの緊張や不安を抱えたプレ花嫁を癒せる存在です。新居探しや各種手続きで忙しい時期に週1回のエステ通いをすると、日常から距離を置くことでリラックスできるメリットが得られます。そしてマッサージやボディトリートメントで使うアロマオイルも、鼻からプレ花嫁の緊張を緩和してくれることでしょう。

ブライダルエステの中には、リラクゼーション系メニューを充実させているところもあります。そのため、肌トラブルが生じるほどのストレスを抱えているときには、その想いをカウンセリングで伝えてみても良いかもしれません。

▽コンディションを気にするなら結婚式の日にも最高の日を

結婚式の日取り決め|六曜って気にする?それぞれのメリットとデメリット

ブライダルエステにもデメリットはある?


ブライダルエステの難点は、費用がかかることです。費用相場の安い方でも2~4万円かかるエステは、将来に向けて節約や貯金に励む女性にとって少し高い買い物となるかもしれません。しかしながら一生に一度の結婚式で憧れのドレスを着ることを考えると、多少お金をかけてでも最高のコンディションで臨みたいというのが、多くのプレ花嫁がエステを利用する理由となっています。

ブライダルエステの費用問題を解消する方法はある?

お金の部分で利用するか悩んでいるプレ花嫁におすすめしたいのが、多くのサロンで実施しているお試しキャンペーンや体験コースの利用です。安くお得に挑戦できるこうしたイベントは、初めてのエステに不安を感じる女性の間で非常に高い人気があります。また、体験コースを通してエステティシャンと話をすると、自分に合ったプランが簡単に見つかることもあるのです。

ブライダルエステは予算とスケジュールにあわせて利用しよう

9割以上の花嫁に利用されるブライダルエステは、結婚準備における美容ケアの定番とも言える位置づけになりつつあります。そして費用相場の二極化傾向の高い近頃では、予算とスケジュールという2条件から自分に合うサロン選びもしやすい環境が生まれていると捉えて良いでしょう。

▽プロポーズから結婚式までこれだけは見逃せない

【2019年(令和元年)最新版】プロポーズされたらすぐやること!!入籍&結婚式までの25ステップ【保存版】

クリエイタープロフィール
farnyオフィシャルライター
関連記事

入籍後にやること*苗字が変わる女性が行うべき11の手続きまとめ

adviser
入籍手続き

結婚手続き*入籍・引越しするときの最短コースで二度手間回避!!

adviser
入籍手続き

婚姻届受理証明書は休日でも発行してもらえる?婚姻届を出す前に知っておきたい知識

adviser
入籍手続き

婚姻届の証人がいない場合の対処法5つ*代筆はOK?

adviser
入籍手続き

入籍時に必要になる手続きって?住所変更・会社への申請・ライフライン手続きなど総まとめ*

adviser
入籍手続き