2022.7.8

心により強く残る思い出に!国内リゾート地で結婚式

結婚の段取り
ブライダルフェア参加の前に読みたい.com
3638 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

リゾートウェディングの引き出物事情

リゾートウェディングで迷うのが引き出物です。旅行に来ているのに荷物になりますからね。通常でもご祝儀をいただかない場合引き出物はなしですが、リゾートウェディングの場合はゲストにも旅費がかかってきます。
もし引き出物を無しにするなら二人が旅費を負担する事で失礼にはなりません。

ただ渡す場合、引き出物は後日自宅に郵送するのがいいですね。ゲストの人数も少ないことからそんなに負担になる事ではないでしょう。ただ引き出物の他にプチギフトなど用意する新郎新婦が多いようです。また関係性によってはご祝儀もいただき、旅費・交通費までゲストに負担してもらう場合はきちんと引き出物も準備しましょう。

そのほかに「お車代」としてお金を包むのが望ましいです。

プチギフトのポイント

リゾートウェディングの場合、ゲストに渡すプチギフトは現地の物を渡すのがおすすめです。せっかくリゾート地に来たのですから記念品として、現地の名産品などをもらったら嬉しいでしょうね。年代も様々なので「食べたら無くなる物」が無難です。
現地の特産物で見栄えも良く、安心して口に出来るブランド感のある物がおすすめです。

そして新郎新婦の手からお礼の気持ちを込めてゲストに手渡しすると喜ばれます。渡すときに感謝の気持ちを伝えられ、そういった時間をゆったり取れるのもリゾートウェディングの魅力ですね。

引き出物は無い場合もあるかもしれませんが、特にリゾートウェディングの場合、プチギフトは忘れずに準備しておくといいです。

来られなかった人への気配りも忘れずに

リゾートウェディングに来られなかったゲストがいる場合のお礼はどうしたらいいでしょう。結婚式で仕事を休んだ場合、会社の上司や同僚へのお土産は大切です。またお祝いをいただいている場合はお返しをしないといけません。

せっかくなのでリゾート地の物が良いですが、現地の物でもワンランク上のお土産をチョイスするのが良いでしょう。親戚や友人でお祝いをもらっている場合は、その半額を目安にお返しをしましょう。

まとめ

近年ではリモート対応のリゾートウェディングが出来るところもあります。
二人の思い出を家族と分かち合う形は様々です。自分たちに合った方法でリゾートウェディングならではの魅力を堪能し、素敵な思い出を作ることが出来るといいですね。

▽新婚旅行についての記事はこちら

新婚旅行先のおすすめ アフターコロナから定番ランキングまで

1 2 3 4
ウェディング診断
続きをアプリで読む