2019.9.30

0 この記事をクリップ

新郎新婦らしさが出る!ウェルカムスピーチの作り方

結婚式当日
結婚お役立ち情報
147 views

「ウェルカムスピーチ」とは、披露宴の最初に新郎が行う演出の1つです。
今はよく見る演出ですが、昔はあまり見られませんでした。
昔は「媒酌人」が披露宴の初めに、新郎新婦の紹介をしていたのですが、最近では媒酌人なしの結婚式が多くなっています。
要するに媒酌人がいないので、代わりに新郎がゲストに向けて挨拶をするウェルカムスピーチが主流になってきたというわけです。

ウェルカムスピーチって必要なの?

絶対にやらなくてはいけない、というものではありません。
しかし何もなく披露宴を始めるのは少し寂しいものです。
というわけで、今はだいたい披露宴の最初に新郎がウェルカムスピーチを行うのが一般的になっていると思ってください。
担当プランナーさんからも、披露宴の最初にウェルカムスピーチを入れましょうと言われるはずです。
どうしても話すのが苦手、という場合は司会の方に軽い挨拶を入れてもらえることもあります。
担当プランナーさんに相談してみましょう。

ウェルカムスピーチってなぜやるの?

ウェルカムスピーチは、この日のために都合を付けて来てくれたゲストへ、感謝の気持ちを伝えるのが目的です。
そして、感謝の気持ちを込めて、食事やお酒、演出などでおもてなしをするのでゆっくりしていってください、という労りの言葉を伝えるという意味もあります。
しかし、それだけがウェルカムスピーチをやる理由ではありません。
ウェルカムスピーチを行う目的は、いくつかあります。
例えば「会場の雰囲気を和ませる」という役割です。
結婚式は新郎新婦はもちろん、ゲストも正装をしてマナーを守って出席します。
誰もが慣れない場のため、緊張している方が多いでしょう。
ウェルカムスピーチを入れることにより、その緊張を少しでも和らげて、会場の雰囲気を和ませるという目的があるのです。
また、ウェルカムスピーチは、これから何が始まるのかという「演出を少しにおわせて盛り上げる」という役割もあります。
ウェルカムスピーチの内容には、「楽しんでいただける演出を用意しました」「おいしい食事をご用意しましたので楽しんでください」など、披露宴を楽しんでいただくための言葉を入れるものです。
ゲストはそれを聞いて「どんな演出があるのかな」「料理が楽しみだな」と、これから始まる披露宴の演出や料理などを楽しみにすることで気分が盛り上がります。
このように、ウェルカムスピーチはいくもの役割があるものです。
ゲストに感謝の気持ちを伝えるとともに、楽しんでいってほしいという気持ちを込めて、スピーチの内容を考えてください。

どんなことを言えばいいの?

ウェルカムスピーチなんて何を話せばいいのかわからない、という方も多いでしょう。
ウェルカムスピーチの内容に、特に決まりはありません。
新郎新婦の独自性に合わせて決めていい、というのが一般的です。
「なんでもいい」のですが、もちろん結婚披露宴ですからあまりにも変な内容は話してはいけません。
一般的には「足を運んでくれたゲストへの労りの言葉」となっています。
具体的には「出席してくれたことへのお礼」「結婚報告と披露宴を楽しんでくださいというメッセージ」「結び」の3つの構成にしましょう。
例えば「本日はお忙しいところお越しいただきありがとうございます」というお礼から始めます。
次に「先ほど○○さんと無事に挙式を済ませることができました」という、結婚報告です。
「ささやかではありますが、お世話になっている皆様にこの席を設けさせていただきました」と、披露宴を楽しんでほしいというメッセージを入れます。
最後に「至らない点もあるかもしれませんが、ゆっくりとお過ごしください」という結びの言葉で締めれば、ウェルカムスピーチの完成です。
このように、ウェルカムスピーチはとても簡単な言葉をつなげるだけでも作ることができます。
難しく考えすぎずなくても大丈夫です。
来てくれたゲストの皆さまに感謝の言葉を伝えるために、がんばって話してみましょう。

▽スピーチ内容についての関連記事はこちら

【結婚式挨拶】新郎謝辞の例文と書き方のポイント

1分程度の短いスピーチにしましょう

ウェルカムスピーチは、主にゲストの方への労りや感謝の言葉を伝えるものです。
しかし、長すぎるスピーチはやめておきましょう。
ウェルカムスピーチは、披露宴の最初に行うものです。
最初からだらだらと長いスピーチを聞く、というのはゲストにとっても少し負担に感じられるでしょう。
一般的にはウェルカムスピーチの後、新郎新婦の主賓スピーチや友人代表挨拶、乾杯と、料理を口に付けるまで時間がかかるものです。
ウェルカムスピーチが長くなってしまうと、それだけゲストがゆっくりできる時間が減ってしまいます。
序盤から長いウェルカムスピーチを入れるというのは避けて、だいたい1分程度の短い文にしておきましょう。
1分と聞くと短く感じられるかもしれませんが、普段から人前で話すことに慣れていない人にとって、1分はかなり長く感じられます。
1分未満でも問題はありませんので、できるだけ簡潔に長くなりすぎないと徹底してください。
どうしても長めに時間を取りたいならば、最長でも2分程度にしておきましょう。

カンペを使うときの注意点

1分程度の短いウェルカムスピーチでも、全てを暗記して話すのは難しいと感じる新郎も多いです。
なぜならば、当日は慣れない正装を着て、しかも一生に一度の結婚式で自分たちが主役という、緊張は最高潮に達する場面となります。
頭の中が真っ白になって、何を話せばいいのか忘れてしまってパニックになる、という方もいるでしょう。
ウェルカムスピーチは、絶対に暗記して話すという決まりはありません。
いわゆる「カンペ」を持って話しても大丈夫です。
不安な方はぜひカンペを持って、ウェルカムスピーチをしてください。
カンペを持って話す場合は、いくつか注意点があります。
どうしても視線が下に行きやすく、背中が丸まってしまったり顔が下を向いてしまって、見た目が悪くなる可能性が高くなります。
もしカンペを持つ場合は、できるだけまっすぐ前を向いて、姿勢が悪くならないように気を遣ってください。
ゲストが友人ばかりであったり、アットホームな披露宴の場合は、あえてカンペを目立つように飾ってしまうのもアリです。
例えば色画用紙に「カンペ」と大きく飾りをつけて、それを持って話すとユニークでウケ狙いのスピーチができます。
ウェルカムスピーチには、絶対にこうしなくてはいけないという決まりがありません。
それをうまく使って、おもしろおかしくしてみることもできるのが、ウェルカムスピーチのいいところとも言えます。

新郎だけでなく新婦がスピーチしてもいい

ウェルカムスピーチを行うのは、主に新郎とされています。
しかし、新婦がスピーチをしてもいいのです。
新婦もスピーチをする場合は、いくつかパターンがあります。
まずは新郎新婦がそれぞれ話すパターンです。
最初に新郎がスピーチをして、そのあと新婦が話します。
そして新郎新婦が、順番に1つのスピーチを話すものです。
例えば「本日はお越しいただきありがとうございます」という冒頭の挨拶を新郎が言います。
次に「先ほど無事に挙式を終えることができました」という結婚報告を新婦が話す、という風に順番にスピーチするのです。
この場合は、だいたい1つのフレーズごとに交代で話すとスムーズでしょう。
最後に2人で「ゆっくりとお過ごしください」などの結びの言葉を一緒に話して締めると、まとまりやすいです。
もちろんすべてのスピーチを、2人同時に話してもいいでしょう。
私もスピーチしたいという新婦さんは、ぜひ参加してください。

ゲストに合わせておもしろくするのもアリ!

カジュアルウェディングや、ゲストが友人ばかりなどのアットホームな式の場合は、ウェルカムスピーチももっと砕けた感じでも大丈夫です。
ウェルカムスピーチは「出席してくれたことへのお礼」「結婚報告と披露宴を楽しんでほしいというメッセージ」「結び」の3部構成になっていれば、何を話しても自由となっています。
もちろん結婚式なので「別れ」「切れる」など、いわゆる「忌み言葉」は入れないのがマナーです。
それだけ避ければ、特に何を話してもいいことになっています。
堅苦しい挨拶は苦手、もっとアットホームな挨拶にすることも可能です。
例えば、新郎新婦の出会いやなれそめを話してもいいでしょう。
「2人は学生時代の友人でしたが、まさか結婚するとは思いませんでした」などです。
新郎新婦のことをよく知っている友人にとっては、もしかしたら少し笑いが起こるかもしれません。
出会いやなれそめは、親族や会社関係の人たちにとっても微笑ましいエピソードとなります。
ウェルカムスピーチで話しても問題はありません。

他にも、新郎新婦がお互いの良いところをのろける、というのもアリです。
「新婦の○○さんは料理が上手なところが好きです」「新郎の○○さんはいつも穏やかで優しいところが良いです」など、御祝いの席ならではのノロケ発表もいいでしょう。
反対に、新郎新婦のちょっと嫌なところを発表してもおもしろくなります。
「新郎の靴下がくさい」とか「新婦は酒癖が悪い」など、本当に嫌なところではなくちょっと笑えるくらいにしておくと、ウケがいいです。
堅苦しい挨拶は苦手でおもしろくしたい、ウケを狙いたい場合は、このようなスピーチにしてみるといいでしょう。
注意してほしいのが、あくまでも「ウケ狙い」程度にしてほしいというところです。
狙いすぎて周りが引くようなスピーチはやめましょう。
担当プランナーさんに、式の前に内容を確認してもらって、OKをもらっておくと安心です。

▽お世話になったプランナーさんへのサプライズ記事はこちら

ご家族やプランナーさんにもサプライズあり♡私たちらしく”感謝の想い”を伝えた披露宴に*

2人らしい素敵なウェルカムスピーチを考えてください。

ウェルカムスピーチは、絶対にこうしなくてはいけないという決まりはありません。
新郎新婦が自由に決めて、話し手も新郎でも新婦でも2人でもいいのです。
会場やゲストの雰囲気に合わせて、素敵なウェルカムスピーチを考えてください。

▽人前式のスピーチ例文はこちら

私らしく誓いたい!ハートに響く人前式の誓いの言葉♡スピーチの文例をそのままご紹介

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

【最新】結婚式・披露宴の演出実例51選!ゲスト大満足のおもてなしの秘訣

adviser
披露宴

新しすぎる!ファーストバイトの演出アイデア13選&6つのバイト*

adviser
披露宴

フラワーシャワーの代わりに!演出アイデア13選*手作り・節約できるポイント解説

adviser
披露宴

大満足!大成功!結婚式披露宴の人気の演出ランキング♪

adviser
披露宴

長崎ロイヤルチェスターホテルで挙げる手作りアイテム溢れた結婚式♡

tomotin.wedding
披露宴