2021.1.7

【謝辞文例付き】結婚式の主賓・上司のスピーチから友人代表スピーチまで実例集をご紹介

結婚式当日
farnyオフィシャルライター
34795 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

【友人代表】結婚式の祝辞例文

ここでは、友人代表として祝辞を述べるときの例文を紹介します。

1:自己紹介

ただいまご紹介をいただきました、新婦〇子さんの友人で〇〇 〇恵と申します。〇子さんとは高校時代のクラスメートとして出会って以来、ずっと仲良くさせていただいています。

2:祝辞

〇男さん、〇子さん、そしてご両親やご親族の皆様、本日はおめでとうございます。〇子さんから友人代表としてスピーチをお願いしたいというお話をいただいたときは、私よりも適任の方がいらっしゃるのではないかと一度は遠慮させていただいたのですが、付き合いの長い友人ということでご指名をいただきましたので、僭越(せんえつ)ですが私からお祝いの言葉をお伝えしたいと思います。

3:エピソード

新婦〇子さんとは、〇県立〇〇高等学校1年A組のクラスメートとして出会いました。最初の座席が出席番号順で決められていて、〇子さんと私の座席が隣同士だったことから親しくなり、一緒に登下校もするようになりました。放課後や休日には2人で遊びに行く機会も多く、楽しい時間をたくさん過ごすことができました。

4:はなむけの言葉

〇子さんは高校時代からお料理が趣味で、私もたくさん、ごちそうになった経験がございます。そんな〇子さんですから、きっと旦那様の食生活を豊かにし、いつも健康でいられるようにサポートしていくことでしょう。

5:結び

いつまでもお幸せに、仲の良いご夫婦になってください。これをもちまして、私からお2人へのお祝いの言葉とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

▽「友人 スピーチ」の関連記事はこちら
結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

▽「余興」の関連記事はこちら
余興シーンも大盛り上がり♡笑顔に包まれた披露宴パーティに♥

余興シーンも大盛り上がり♡笑顔に包まれた披露宴パーティに♥

【親族】結婚式の祝辞例文

ここでは新郎新婦の祖父や伯父など、親族の祝辞の例文を紹介します。

1:自己紹介

ご紹介にあずかりました、〇〇 〇太郎と申します。〇〇家を代表いたしまして、ご挨拶をさせていただきます。新郎の〇男は、私の長男である〇〇 〇雄の次男として、〇〇年に誕生しました。私は〇男の祖父にあたります。

2:祝辞

〇男、〇子さん、今日はおめでとう。夫婦2人でしっかりと助け合い、末永く幸せな家庭を築いてください。ご列席の皆様、本日は2人のためにお越しいただき、誠にありがとうございます。

3:エピソード

私ども〇〇家は××県に出自を持つ一族でしたが、現在はそれぞれの仕事や婚姻によって日本各地で暮らしております。一族が集まる機会はこのような冠婚葬祭が主ですが、〇男は子供時代から陽気で、皆にかわいがられる子でした。

4:はなむけの言葉

健康かつ長寿であるのが〇〇家の性質でして、私はおかげさまで今年、85才を迎えます。〇男も○○家の体質を受け継いでおりますので、〇子さんとはぜひ共白髪(ともしらが)、偕老同穴(かいろうどうけつ)を目指してもらいたいと願っております。

5:結び

これをもちまして、私から2人へのはなむけの言葉といたします。ご列席の皆様、本日は2人のためにお運びいただき、心よりお礼を申し上げます。これからも2人をお引き立てくださいますように、どうぞよろしくお願いいたします。

〇男、〇子さん、本当におめでとう。

【新郎父】結婚式の謝辞・祝辞例文

新郎新婦の両親は結婚する2人にとって最も近い肉親であるため、まず、ゲストへの謝辞を述べます。ここでは、新郎の父が述べる祝辞の例文を紹介します。

1:自己紹介

本日はご多用のなか、新郎〇男と新婦〇子の結婚披露宴のために多くの皆様にお運びいただきまして、心よりお礼を申し上げます。新郎の父、〇〇 〇雄でございます。

2:謝辞

本日は皆様から2人に向けて、もったいないほどの祝福のお言葉をたくさん頂戴いたしました。親として大変うれしくもあり、身の引き締まる思いも感じております。

3:エピソード

〇男は私にとっては次男にあたりますが、長男より8才も年が下の末っ子のため、あまり厳しく接することがなかったように思います。それだけに、手前味噌ですが、のびやかで自立心のある人間に育ってくれました。また、〇男は家族のムードメーカーでもありまして、〇男を囲んで笑いにあふれていた家族の思い出がたくさんあります。

4:はなむけの言葉

これからは〇子さんの夫として家庭を守っていく立場になるわけですが、優しく暖かいお人柄の〇子さんと手を取り合って、楽しく幸せな一家を築いていってほしいと父として願っております。

▽「謝辞」の関連記事はこちら
【結婚式挨拶】新郎謝辞の例文と書き方のポイント

【結婚式挨拶】新郎謝辞の例文と書き方のポイント

5:結び

未熟な若い2人でございます。皆様には、これからも2人を暖かく見守り、末永いお付き合いをお願い申し上げます。本日はお越しくださいまして誠にありがとうございます。

〇男、〇子さん、どうか末永く幸せに。

心に残る結婚式の祝辞を!

結婚披露宴は2人にとって一生の思い出になる大切な機会です。また、ゲストにとって長く印象に残るイベントでもあります。結婚式スピーチの定番を踏まえつつ、祝福の気持ちが伝わるような祝辞を述べましょう。

1 2
ウェディング診断
続きをアプリで読む