2022.7.8

披露宴はカラードレスにぴったりの髪型で

花嫁コーデ
プロポーズされたら.com
3763 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

披露宴の髪型は憧れのラプンツェルスタイル

ウェディングドレスの定番スタイル、シニヨンが終了したらいよいよ披露宴です。最初はウェディングドレスのまま入場というパターンも人気があります。髪型も、ウェディングのベールだけを外した状態での入場は、できるだけ長く挙式のスタイルでいたいという花嫁さんに根強い人気があります。
しかし、ウェディングドレスはそのままに髪型だけをチェンジするパターンを選ぶ花嫁も多いです。まずはやはりアップのままで、という場合なら、ティアラからお花にチェンジするというのも素敵でしょう。

挙式はやはりロイヤルウェディング風にきっちりアップにしていたいという花嫁も、披露宴は少しユルふわな感じにアレンジしてからお花などアクセサリーを付けるのも良いのではないでしょうか。何といっても、結婚式でお花を身につけるのは花嫁の特権なので思う存分に味わいたいものです。

ガーデンウェディングであれば花かんむりをかぶるというのもラブリーな花嫁を演出することができておすすめですし、ロマンティックな雰囲気が大好きという花嫁ならユルふわな編み込みスタイルに小花を散らしたお姫様スタイルも良いでしょう。
この髪型はディズニープリンセスであるラプンツェルのヘアスタイルとして花嫁さんに大人気です。ラプンツェルは21メートルという長く美しい髪を持つ少女で、物語にも素敵なお花のモチーフがたくさん登場してきます。
ラプンツェルヘアにあこがれて長い間髪を伸ばしてからウェディングに臨むという花嫁もいるほど人気のある髪型です。

もちろん、お花は大ぶりなものをたくさんつけても、ウェディングドレスとのバランスが取れていれば決まります。マーメイドドレスなど大人っぽいシルエットのウェディングドレスも、大ぶりのお花が縦ラインになるようにアレンジすれば大人っぽくて魅力的な花嫁姿が出来上がります。
逆に、お花ばかりではちょっと甘すぎるという花嫁には、グリーンをメインにした花かんむりなどを選ぶという方法もあります。

また、お花をつけることでカジュアルさも演出できるので、ゲストの皆さんとリラックスして披露宴を楽しみたいという雰囲気が醸し出されて好印象です。お花の他にも、エレガントなキラキラ感が楽しめるビジューも花嫁さんに人気があるおしゃれなアイテムです。
その他、挙式から披露宴まであまり髪型はチェンジしないでいきたいといった場合なら、式ではベールで覆ったポニーテール、披露宴はベールを取ってお花をあしらう、というのもシンプルながらとても素敵です。

この時、ほんの少しだけ後れ毛の量を変えるというのでも印象をガラリと変えることができます。

ドライフラワーを使った髪型もおすすめ

それから、お花といってもドライフラワーを使った髪型もおすすめです。生花よりもくすんだ色合いが特徴のドライフラワーには、あたたかみや独特のニュアンスが感じられるなどたくさんの魅力があります。
アンティークな雰囲気が大好きという花嫁にもぴったりといって良いでしょう。季節を問うことなく好きな花材を選ぶこともできるというのも大きなメリットです。

ただし、ドライフラワーは基本的に色合いがくすんでいることから、カラードレスは淡いパステルカラーなどがおすすめです。あまりビビットなカラーのドレスではドライフラワーが負けてしまうので、全体のバランスはしっかりとチェックしておきましょう。

その他、ドライフラワーと生花を組み合わせたアレンジも違った魅力があります。

▽ショートヘアアレンジに関する記事はこちら

結婚式に出席するならショートヘアのアレンジはどうする?

カラードレスと髪型の関係をチェック*

1 2 3
次のページ
ウェディング診断