2019.9.30

0 この記事をクリップ

結婚式の定番な髪型!ギブソンタックヘアスタイルのやり方とコツ

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
200 views

結婚式のドレスは、女性の後ろ姿も美しく見せてくれるデザインのものがたくさんあります。そのため、アップヘアにできる人ならアップヘアにしたほうが、全体的にスラリと見えますし、後ろ姿も美しく見せてくれます。ホテルでの披露宴とか結婚式場ではヘアスタイルリストの人がアップヘアを作ってくれるので、手先が不器用な人でもそれほど心配する必要はありません。しかし、コテージや教会など新郎新婦がいろいろと手配をするようなタイプの結婚式では、新婦のヘアメイクは自分でするということが珍しくありません。アップヘアと言ってもお団子ヘアでは子供っぽいし雰囲気が出ない、でもポニーテールはカジュアルすぎる、と悩んでいる人におすすめなのが、ギブソンタックと呼ばれるヘアスタイルです。

ギブソンタックはこんな髪型

ギブソンタックは、難しいテクニックが必要なわけではないため、髪の長さがあれば誰でも簡単に作ることができます。基本的な作り方をマスターすれば、自分なりにいろいろアレンジできますし、自分に似合う雰囲気を出すこともできるでしょう。それに、ギブソンタックは結婚式では大活躍してくれるアップヘアとして人気がありますが、結婚式の時だけではなく普段の髪型としても、雰囲気があるヘアスタイルを作れるのでおすすめです。

この髪型はもともと、チャールズ・ダナ・ギブソンというイラストレーターが、首筋が長くてスッキリとした女性の憧れの理想像として描かれたギブソン・ガールに由来しています。日本でも近年では結婚式ヘアとして人気が高まっていますが、海外では気軽にさっと作れる時短アップヘアとして、幅広い年代層に人気があります。

ギブソンタックに必要なアイテムは3つ

この髪型は、あれもこれもと必要なものが少ないという点もまた、人気の理由となっています。必要なものは、髪を結ぶ際にまとめるための櫛、髪を結ぶためのヘアゴム、そしてまとめた髪を最終的に止めるためのヘアピンやクリップの3点だけです。髪の量や髪型、髪の長さによって必要となるゴムの数やヘアピンの数、そしてクリップの大きさや形状などは異なるものの、何回か練習しているうちに自分にピッタリのやり方やコツがわかるようになります。

ローポジションで作るヘアスタイル

ギブソンタックの基本的な作り方をご説明しましょう。まず、ハーフアップを作る感じで髪の上半分をとって後頭部のできるだけ低めの位置で結びます。そして、結び目のゴムのすぐ上の部分の髪を二つにパカッと割り、そこにハーフアップの下の部分をくるりんと入れてあげましょう。これだけでも、ただ後頭部で髪をハーフアップで結んだだけよりも雰囲気のあるヘアスタイルに見えませんか?

ギブソンタックでは、ここからさらに、まだ結んでいない髪も合わせて結び、再びゴムの上の部分をパカッと割ってくるりんぱとしっぽの部分を入れてあげます。基本的にはブロックはハーフアップと残した髪とで2ブロックでOKですが、もしも髪の量が多い人や、もっと固定感をアップしたい人などは、ブロックの数を増やしてあげればOKです。

このくるりんぱの作業を何回か繰り返すことによって、出ているしっぽの長さがどんどん短くなるとともに、後頭部の部分にナチュラルながらも美しいシルエットが作れます。最終的に、出ている髪のしっぽの部分を髪の中に入れたら、固定するためにピンやクリップなどで止めてあげればギブソンタックが完成します。

ギブソンタックを可愛く見せるコツ

ギブソンタックは、髪を結ぶ際にきつめに結べば固定感が高まりますし、緩めに結べばナチュラルでふわっとした感じを出すことができます。ただし、あまり緩くしてしまうと髪質によってはゴムが滑り落ちてくるかもしれないので、結婚式の際にはそうした事態を避けるために、いくつかのブロック分けながら、固定感を重視したギブソンタックを作るのがおすすめです。

ギブソンタックを出来るだけフンワリ緩く見せるコツとしては、髪をハーフアップに結ぶ際に、後頭部の髪の根元の部分を少し引き出し、抜け感を出してあげると良いでしょう。ヘアスタイルを作り上げてから髪を少し引っ張り出して抜け感を出すという方法も悪くありませんが、ヘアスタイルを作る段階で髪を引っ張り出してあげたほうが、崩れることなく固定感を保ちながら抜け感も上手く出しやすくなります。

もしも結婚式で自分の髪をギブソンタックにする場合には、いきなり本番は難しいですから、普段から何回も練習して、失敗することなくギブソンタックを作れるようにしておくことをおすすめします。また、抜け感のあるギブソンタックを作ったら、それが崩れないようにスプレーなどで固めておくのもアリでしょう。自然な抜け感のある髪型にスプレーを吹き付けても、カチカチな見た目にはなりにくいものです。安心してください。

▽ヘアメイクについて関連記事はこちら

おしゃれ花嫁必見!♡大変身もあるかも!ヘアメイク

ギブソンタックで失敗しない方法とコツ

失敗しないギブソンタックを作るためには、いくつかのコツを知っておくと便利です、まず1つ目は、ハーフアップを作ってゴムで結んだら、すこしだけゴムを下にずらして割れ目を作りやすくしてあげたほうが、髪をねじ込みやすいという点があります。2つ目のコツとしては、髪をパカッと割った穴の部分にねじ込んであげる際には、髪がそのままの状態だと入りづらいので、指でクルクルと髪をねじり上げてから穴に通してあげるという方法が便利です。髪をねじってから入れてあげれば、ツルツルのストレートヘアの人でもほつれにくくなりますし、崩れないギブソンタックを作ることができます。

髪質的に、結んでもすぐにほどけてしまうという人は、ギブソンタックのヘアスタイルを作る時に、髪にムースやワックスなどを塗りこんで置き、髪型を作ったらその位置で髪がホールドされるような工夫をすると良いでしょう。また、髪を結ぶ前にヘアアイロンを使ってしっかりと巻いたうえでギブソンタックを作れば、髪型が崩れにくくなります。

スキルがアップすればアレンジもしやすい

ギブソンタックという髪型は、基本的なやり方を知っていれば、手先が器用でなくてもある程度の形を作ることができます。しかし、何回も練習するうちにコツがわかるようになりますし、サイドの髪が落ちてきやすい人ならサイドの髪をねじったり編み込みにするなど、自分なりにアレンジをしたり工夫しやすいという点も、この髪型の大きな魅力です。

また、ヘアアレンジという点では、最終的に髪を止める時に使うクリップも、いろいろなスタイルに変えることによって全体的な雰囲気をアレンジできます。カジュアルなシーンや普段のヘアスタイルなら、クリップはシンプルなものを選べば悪目立ちすることがありません。しかし、髪型にもオシャレ度やハイセンスな主役感を演出したい結婚式なら、クリップにはゴージャスなお花やスワロフスキーがちりばめられているキラキラした大振りのものを選ぶという方法もアリでしょう。

結婚式のギブソンタックをもしもヘアスタイリストの人にお願いする場合には、華やかさを出すためにお花を使うという方法が人気です。髪を編み込む中でお花を使うという方法もあれば、クリップを止めた後にお花を髪につけてゴージャス感を出すという方法もありますが、どんな方法がピッタリかは、新婦の髪の長さやボリューム、どんなスタイルのギブソンタックを作るかによっても異なります。また、結婚式でベールを使う場合には、あまりヘアスタイルがゴージャスだとベールを脱いだ時に髪型が崩れてしまうリスクがありますから、そうした点も考慮しながら、固定感を調整することも必要となります。

結婚式のヘアスタイルはシンプル?それともゴージャス?

結婚式のヘアスタイルでギブソンタックを作る場合には、シンプルに仕上げることもできますし、ゴージャスに仕上げることも可能です。どちらが良いかという点については、新婦のドレスのスタイル、ベールの有無などによって決めると良いでしょう。シンプルなドレスならヘアスタイルをゴージャスにすることでバランスをとれますが、シンプルなラインでも全体的に華やかな雰囲気があるドレスなら、髪型もシンプルに抑えてスッキリ見せるという着こなし方も人気があります。

結婚式のヘアスタイルをプロに依頼するなら、事前にヘアスタイルやアクセサリーなどについても打ち合わせをする事になります。その時には、もしもドレスがすでに決まっているのならドレスを試着している時の写真にすれば、全体的な雰囲気を伝えることができますし、もしも試着の写真がなくてもドレスだけの写真とか、ベールはどんなものを使うのかという点などについても、写真があれば髪型を決めやすくなります。

▽ヘアメイクに合わせたティアラについてはこちら

ウェディングドレスのヘアスタイルならティアラが正解|女子の憧れを叶えるティアラって?

ギブソンタックの時に前髪はどうする?

ギブソンタックヘアでは、基本的には後ろの髪をスッキリとまとめることができます。この時、普段から前髪がある人ならギブソンタックで前髪もスッキリすることは難しいので、前髪はそのまま残ってしまうでしょう。逆に、前髪を伸ばしていて髪を結ぶ際に前髪もまとめて結べる人なら、ギブソンタックをした際にも前髪だけが残ることはありません。

普段は前髪を作っていたけれど、結婚式では顔をスッキリ見せたいからギブソンタックで前髪も何とかできないかな?という人は少なくありません。ギブソンタックの編み込みの中に前髪を入れることは難しくても、前髪だけをセットして、顔周りをスッキリ見せることはできるでしょう。例えば、前髪を自然に左右どちらかに流してしまうという方法はウェディングヘアとして人気がありますし、長くなった前髪が顔にかからないように顔周りを軽く巻いてスタイリングするという方法でも対応できます。もしも自分で前髪の対応をしなければいけないなら、巻ける長さがあればカールをして対応するのがおすすめですし、巻けるほどの長さがなければ、左右どちらかに流せば、スッキリ見せることができます。

▽ヘアメイクにこだわった挙式についてはこちら

こだわりのヘアメイク♡新婦にとって大切な一日はヘアスタイルにも妥協なし!

次のページ
クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

【最新】結婚式・披露宴の演出実例51選!ゲスト大満足のおもてなしの秘訣

adviser
披露宴

挙式・人前式が大成功する演出アイデア33選♡オリジナル&面白い&感動の実例集*

adviser
挙式

新しすぎる!ファーストバイトの演出アイデア13選&6つのバイト*

adviser
披露宴

フラワーシャワーの代わりに!演出アイデア13選*手作り・節約できるポイント解説

adviser
披露宴

大満足!大成功!結婚式披露宴の人気の演出ランキング♪

adviser
披露宴