結婚報告,SNS

2017.6.11

【結婚報告をSNSで】守りたいマナーとルール*facebook・インスタ結婚報告講座

結婚報告
farny
7643 views

結婚報告をfacebookやインスタグラムなどのSNSでしようかとお考え中のあなたに向けてSNSでの結婚報告のコツを紹介!見ている人がモヤモヤ~としないようにSNSで結婚報告するときのマナーとルールを守りましょう!伝え方ひとつで、「なんかヤだな…」が「結婚おめでとう!」と気持ちよくお祝いされるように。SNSにはSNSの結婚報告のマナーがあるもの。フェイスブックでの結婚報告文例なども交えてご紹介します。

facebookやインスタなど【SNS】での結婚報告はアリ?

結婚報告,SNS

FacebookやLINE、Instagram、TwitterといったSNSを使って結婚報告をするのはアリなのでしょうか?最近では有名人・芸能人がブログやInstagramなどで結婚について写真を添えて報告するというスタイルが定着してきました。一度に大勢に向けて報告ができるSNSを使っての結婚報告は手間がかからず便利です。

費用もかからず手軽であるという点からも利用したいという人は少なくありません。ハガキなどの送付先を知らない、LINEしか連絡先を知らないという友人、知人もいるため、SNSでの結婚報告をしたいという人もいます。

大切な結婚報告は直接行うのが日本のマナー

ではなぜ、SNSでの結婚報告を疑問視する意見が多いのでしょうか。それは、

本来大切な結婚の報告は直接行うものだ

という日本のマナーに理由があります。遠方で会えない場合でも、自筆で手紙やハガキで報告するのが慣習。

いずれも、ひとりひとりに対して誠意をもって連絡を行うことが前提であり、グループや不特定多数に対してまとめて行うという行為からは丁寧さや真心が伝わりづらいということが敬遠されている理由のようです。

その他大勢として扱われたことがショックで……

実際のところ、仮にLINEを使って結婚報告する場合でも、個別に連絡がある場合と、グループの中で結婚報告が投稿された場合とでは受け手側の印象が異なります。

お互いの関係性にもよりますが、個別に連絡があるのであればSNSによる結婚報告もOKとするという意見がある中で、「その他大勢のような気持ちになってしまうような一斉報告では悲しい気持になってしまう」という意見が少なからずあるようです。

SNSでの結婚報告は、細心の注意を持ってマナーを守ることが大事。

ここに注意!SNSで結婚報告をするときのNG行動

結婚報告,SNS

多数にいっせいに報告するのはNG

SNSで結婚報告をするときのNG行動について、最初に気を付けることは、多数の相手に対して一斉に報告するスタイルを取らないということです。

SNSであっても個別に連絡をするという方法を取りましょう。また、文章においてもコピー&ペーストで文章を使いまわすよりも相手の立場や気持ちに応じた内容にして連絡することをおすすめします。

コピー&ペーストしたままの内容では、そのことを知られたときに、一斉メールと同じようなマイナスイメージを与えてしまいかねません。友達だからこそ、「親しき仲にも礼儀あり」と心得て、ひとりひとりに丁寧に対応しましょう。

SNSで報告するタイミングは挙式・披露宴後がベスト

次に気を付けたいのはタイミングです。特に、挙式・披露宴がまだ行われていないタイミングで招待していない人の耳に入るような報告の仕方は控えましょう。最初にSNSで結婚を報告してしまうと、会社の上司や親戚よりも先に友人・知人達が結婚について知ってしまいその後に人間関係に影響を与えることになりかねません。また、SNSで一斉に結婚報告すると、一度に多くの人の目に触れてしまいます。タグ付けにより予想以上の範囲の人にまで知られてしまうことも考えられます。

挙式・披露宴前であれば、小規模な披露宴にする予定だったのに、招待する人を増やさざるを得ない状況になってしまい、結婚式の費用が予算を超えてしまうなど、思いがけない流れを作ってしまうこともあります。

同じグループの友達には同じタイミングで報告を

また、各SNSで繋がっている友達が異なる場合、同じグループの友達には同じタイミングで報告できるように気を付けましょう。同じように仲がよいと思っているからこそ、結婚の報告を受けるタイミングに差を感じてしまうと心の距離としても捉えられがちです。

お互いに傷付いてしまう原因になる可能性がありますので、結婚の報告に友達の間で大きな時差が生じないように配慮し、伝え漏れがないように細心の注意を払いましょう。

投稿を見る人の気持ちに配慮を

SNSで報告する場合、特に気を付けたいのは文面です。最初の投稿内容についても同様ですが、自分自身の投稿に対してお祝いのコメントが届いた場合に返信する文面にも気を付けましょう。度が過ぎる自慢に映るような写真やコメントは煙たがられます。

  • 有名海外ブランドの結婚指輪
  • 高級なホテルなどでの豪華な披露宴プラン

など、幸せすぎる気持ちを正直に公開してしまうと自慢と受け取られてしまうことも。

SNSは公の場であり、多くの人が投稿やコメントのやりとりを見ています。事情があって結婚ができない、子供ができないという人もいることを認識して、SNSの内容は無難な画像や文章に留めておき、もっと話をしたい場合には、ひとりひとりに対応するメールなどで会話を続けましょう。

理想的なSNSでの結婚報告とは?

結婚報告,SNS

結婚報告する順序は慎重に

結婚の報告は、お互いの両親、お互いの親戚、会社の上司、同僚や友人、恩師など挙式・披露宴に招待する人という順に伝わるようにするのがマナーです。また、タイミングとしては入籍を済ませたタイミングや、結婚の準備が進んで挙式・披露宴の日取りの3~4カ月前頃から報告の予定を組みます。

その点を踏まえて、SNSで繋がっている人をリストアップしてみましょう。同僚や友人の中でも、同じグループの人には同じタイミングで報告が行えるような配慮が必要です。

全てを同日に行わなくてもよいのですが、それぞれに時間差が大きく生じないようにするほうが「聞いていなかった」と言われることが少なくなります。SNSでの報告は拡散されて予想外の人に先に知られてしまう場合もありますので慎重に行いましょう。

正式な挨拶の前に会社にもれることがないように注意

結婚に至るまでの間には、交際からプロポーズ、婚約、入籍、挙式、披露宴などといったステップが様々にあります。それぞれの段取りを組んだり、幸せな気持ちでいたりすることなどを職場でも同僚に話す機会があるでしょうから、どうしてもほかの人の耳にまで入ってしまう可能性があります。

人の口に戸は立てられませんので、職場において結婚の話をする際には細心の注意が必要です。上司に対して正式な結婚の報告をする前に、ほかの人から上司の耳に入ってしまったり、噂話が出てから正式な報告までに長い期間があったりしてしまうと、今後の信頼関係にも影響しかねません。

退職の意向や継続して勤務する場合にも結婚や旅行に伴う休暇取得の際に嫌な気持ちをお互いに抱いてしまうかもしれません。信頼できる先輩や同僚に話をする際にも、正式な結婚の報告と大きく時差が生じないように配慮しましょう。

その報告、自慢になっていない?控えめに報告しするのがポイント

SNS上で、「プロポーズされました」、「結婚します」などの報告を投稿すると、受け手側は見たい見たくないという気持ちに関わらず報告を受け取ることになります。

まず投稿する写真については、お相手のことを紹介できるようにふたりの写真を投稿するのはいいのですが、写真選びにも注意が必要です。ラブラブしすぎていたり、CHUっとしていたりと、イチャイチャを見せつけられているような写真を使うのはNGです。また、さりげないつもりでも高級さが伝わる指輪が写った写真などをアップしているなど、自慢しているように受け取られかねません。

ふたりのことやふたりの仲に交換を抱いてもらえるような写真を使いましょう。文章についても同様です。喜びのあまり、コメントの返信に、浮かれているような言葉遣いや喜びをあまりに全面に押し出したような表現は控え、質問を受けたとしても、誰もが見ることのできる場でふたりのプライベートな情報を公表するのは好ましくありません。あくまでも、結婚の報告の受け手側に素直に祝福してもらえるような節度のある文章に留めましょう。

SNS[facebook]での結婚報告!好印象な文例集

直接や個別で連絡を入れた後、SNSで改めて結婚報告をするとなったときに、どんな風に報告しよう…と迷う方もいるかもしれません。そこで、定番の結婚報告文や、ちょっぴりユニークな文まで、好印象な例文をご紹介します!

文例1

「○月○日、入籍いたしました!この場を借りて○○さんと夫婦となったことをご報告させていただきます。これからふたりで協力して新たな家庭を築いていきますので、温かく見守ってくださると嬉しいです*これからもよろしくお願いします♪」

文例2

「○○(旧姓)から○○(新姓)になりました!既に直接会った方や連絡をさせていただいた方もいますが、改めてこの場をお借りして結婚の報告をさせていただきます*」

文例3

「人妻になりました♡これからは、夫婦となったふたりを温かく見守ってくださると嬉しいです。人妻になっても変わらず食事や飲み会に誘ってくださいね♪」

文例4

「私○○は、○月○日に入籍いたしましたことをご報告いたします。これからも変わらず私らしく頑張っていきますので、よろしくお願いいたします♡」

文例5

「先日、挙式・披露宴を行いました。足を運んでくださった方、本当にありがとうございます。また、たくさんのお祝いのお言葉にも感謝いたします。この場を借りて結婚のご報告とさせていただきます。今後とも○○夫婦をよろしくお願いいたします!」

文例6

「○月○日、○○くんの彼女から奥さんになりました*ふたりで温かい家庭を築いていきますので、温かく見守ってくださると嬉しいです!」

文例7

「一人ひとり全員にご連絡をするのが難しいため、この場をお借りしてご報告させてください。○月○日、入籍いたしました*これからのことはゆっくりふたりで決めていきます*また改めてご連絡させていただきますので、今後とも○○夫婦をどうぞ、よろしくお願いいたします!」

文例8

「○年のお付き合いを経て、ついに○○くんのお嫁さんになることができました*この場を借りて結婚のご報告です!」

文例9

「○月○日、入籍いたしました。まだまだ未熟な私ですが、妻としてひとりの女性として、一生懸命旦那さんを支えていきます*温かく見守ってくださると嬉しいです。」

文例10

「ご報告!人妻になりました♡お腹には新たな命が芽生えています。これからは家族3人、力を合わせて頑張っていきますので、見守っていてください。」

好印象なSNSの結婚報告の秘訣は”サラっと”にあり!

どうやらSNSでの結婚報告は“サラっと”な報告をする方が好印象。結婚報告を目にした側も、簡潔に文をまとめてくれた方が、気分を悪くするということが少ないのだといいます。つらつらと長い文章を綴ると、どうしても幸せアピールが過ぎてしまう場合も。彼や彼女との馴れ初めや、結婚式の詳細、夫婦となることへの心境など、溢れ出てくる思いはたくさんあるかと思いますが、あくまでも「報告」ですので、SNSを利用する際は、結婚が決まったこと、入籍したことを要約して伝えましょう。またSNSでの結婚報告は、職場や親戚、友人などに報告を済ませた上で行い、順序を間違えないように注意するのもマナーのひとつ。気持ちよく結婚報告を受け入れてもらえるように配慮しましょう*

SNS[インスタ]で結婚報告するときの人気の写真って?

結婚報告,SNS

SNSで結婚報告するときに公開する写真は、相手側に自慢と取られてしまうような写真ではなく、心から祝福されるような、好感を持ってもらえる写真を選びたいところです。では具体的にどんな写真がいいの?と思いますよね。人気のあるSNS向けの結婚報告写真例をご紹介します!

「結婚しました」ガーランドをふたりで持った写真

前撮り,アイテム

▼ 詳しくはコチラ ▼

スタジオゼロで和装前撮り*入籍日を思い出の1日に♪

ガーランドや書初めに文字を著したものを撮影アイテムとして利用するおふたりも多いようです。写真も華やかになりますし、結婚したということが一目瞭然!前撮り写真を使う方も多いようです。

「○○になりました!」という文字を入れた写真

▼ 詳しくはコチラ ▼

前撮りはワタベウェディング!DIYアイテムをたくさん使った撮影レポ

○○には新姓が入ります*結婚したことをダイレクトに報告するのではなく、ちょっぴりユーモアの溢れる報告写真にしたい方におすすめです!

ふたりの中睦まじい写真

▼ 詳しくはコチラ ▼

日本の四季を堪能した前撮りから挙式まで♪ナチュラルなDIYアイテムもご紹介

寄り添っているショットや、ちょっぴりおふざけショットなども気分が明るくなるのでおすすめです。一見、結婚報告とは関係ない写真は、添えられている文字を読んで「結婚!?」となる可能性もあるため、サプライズ的な報告を演出することもできます*

婚姻届の写真

▼ 詳しくはコチラ ▼

急遽前日に決めた入籍後の和装前撮り☆満開の桜の下で婚姻届を持って春満開♪

結婚報告の際に定番となっている婚姻届の写真は単体で撮っても、手に持って撮影してもいい感じです。

無地の背景に「結婚しました♡」と文字を入れただけのシンプルな画像

背景は海などの景色や花束などでも素敵!結婚式準備の様子や指輪、ふたりの顔写真などを使うのはちょっと…という方におすすめです。

母子手帳やマタニティフォトの写真

おめでた婚の方は、マタニティフォトと一緒に結婚報告と妊娠報告を行うケースもあるようです。

結婚指輪の写真や高級レストランでの食事シーン、プロポーズシーンなどよりも、好感を持てる日常的な写真が人気のようです。動画でストーリー仕立てにしてSNSで報告している方も中にはいます。報告の仕方やチョイスする写真は個人の自由ですが、知人やそうでない人を含め多くの人の目に留まることも少し意識しながら写真を選ぶといいでしょう。

SNSでの結婚報告は細心の注意をもって!

利用度が高まる一方のSNSは、ふたりの結婚報告のために活用できる便利なツールでもあります。手紙やメール、直接会っての結婚報告にもルールやマナーがあるのと同じようにSNSの利用にもルールやマナーがあります。お互いが祝福の気持ち、幸せな気持ちになれるように配慮して、SNSを利用しましょう。

あなたにおすすめの記事はコチラから▼

結婚報告に関する記事一覧

結婚報告をラインでしたい!という人はこちらをチェックして。ラインは便利ですが、結婚報告は丁寧に行いたいもの。マナーを守りましょう*▼


失礼すぎる!!友人への結婚報告NG集&正解マナー8選*

会社への結婚報告のマナーについてはこちらで!上司や同僚・先輩に失礼のないように結婚報告を行いましょう。結婚報告する前に必読です▼


会社への結婚報告|タイミングや順番、式に招待する場合・しない場合の伝え方

結婚式準備中のプレ花嫁はこちらをチェック!▼

ウェディングアイテムに関する記事一覧