2020.10.7

失礼すぎる!!友人への結婚報告NG集&正解マナー8選*

結婚報告
adviser
41150 views
続きをアプリで読む

結婚が決まったらさっそく友達のみんなに結婚報告!でもちょっと待って。浮かれ気分のまま報告すると「失礼!」と思われちゃうかも・・・。大切な友人への結婚報告だからこそ、ルールを守ってください、今回はNG例と正解マナーをご紹介します!

>>【結婚報告をSNSで】守りたいマナーとルール*facebook・インスタ結婚報告講座はこちら

>>結婚報告をメールでしたい!職場・友人・親戚ごとの注意点と文例はこちら

目次[]
  1. これはダメ!友人への結婚報告NG例

これはダメ!友人への結婚報告NG例

プロポーズされたと同時にfacebookで一斉報告

facebookやTwitter、Instagramなど、流行のSNSにて結婚の報告を一斉に行うのはNGです。「結婚」という重要な報告を、SNS上で簡単に済ませてしまうのはあまり印象も良くありません。またプロポーズ後には、それぞれの両親への挨拶や、親戚や職場の上司にも報告をしなくてはいけませんよね。その前にSNSで一斉報告をしてしまうのは、マナー違反ともいえます。結婚報告には順番があり、直接か電話、それが困難な場合はメールや手紙で伝えるのがマナーです。深いお付き合いのある方々へは、全て報告を終えて一段落した後、改めてfacebookなどのSNS上で報告するのはアリでしょう。

ラインのグループで一斉報告

ラインで結婚の報告を行う場合は、最低でも個人メッセージを利用するのが正解です。一斉に結婚報告をしたことで、“適当に扱われた”と感じてしまう方も中にはいるかもしれません。

「こんな大事な報告をラインで?ましてやグループで一斉送信?」

などと、不快に思われてしまう可能性が高くなります。相手のことを思うのであれば、仲の良いグループであっても個別に伝えるのがマナーであり、その後の関係も良好に保てるはずです。そもそも口頭や電話で伝えられればいいのですが、遠方で直接会うことができない、電話番号を知らない、親しい仲で以前から結婚のことを話していた延長での報告など、ケースによっては利用して問題ない場合もあります。その際は相手が不快な思いをしない報告の仕方を選ぶようにしましょう。

用事のついでに報告

結婚報告のポイントは、「大切なことだから、あなたにどうしても伝えたかった」という気持ちを伝えること。何かの用事ついでに、「そういえば結婚したんだ~」などとサラっと伝えるのはあまりおすすめできません。結婚の報告に関しては、きちんと伝える機会をつくることが大切です。直接伝える場合でも、メールでもこのスタンスは同じ。心から結婚の報告をしてくれたあなたに、きっと相手も心から祝福してくれるでしょう。

親しい仲なのにラインで一言!?

結婚の報告を“一言”で済ませてしまうのはNGです。ラインは気軽にメッセージを送信できるものとして人気ですが、その雰囲気のまま結婚の報告をしないよう注意しましょう。「親しき仲にも礼儀あり」とはまさにこのこと。結婚報告は親しい仲の友人でも、かしこまったトーンで報告したほうが、気持ちが伝わりますよ。「結婚することになりました」という言葉と共に、結婚式の予定や新居のことなど、伝えられることがあればプラスしてメッセージを送りましょう。

「明日結婚するから!」って直近過ぎ!

直近の結婚報告はあまりおすすめできません。特にお勤めしている方は、職場に迷惑をかけてしまう可能性も出てきます。結婚式やハネムーンのための長期休暇を取るのかどうか、おめでた婚なのであれば今後の働き方についても相談が必要なはずです。その場合には、できるだけ早く(3ヶ月以上前には)上司に結婚の報告をすべきでしょう。仕事を続ける・辞める、どちらにしても早めに報告するのがマナーです。また友人に対しても、直近の報告はあまり配慮を感じられませんよね。人生のビッグイベントである結婚の報告は一般的にマナーとされている報告の順番を守りつつ、慎重かつ余裕を持って相手に伝えることが大切です。

友人への結婚報告について

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む