2019.11.22

0 この記事をクリップ

結婚式にメンズはバッグが必要?選び方のコツは?

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
108 views

結婚式に出席するメンズの中には、普段からバッグは持ち歩かないという人はたくさんいます。仕事に行くときには書類などがあるのでバッグを使うけれど、普段は財布とスマホだけなのでポケットに入れればバッグは不要、という人は多いでしょう。
結婚式のマナーという点では、バッグを持つことが良しというわけでもなければ、ナシが正解というわけでもなく、バッグは持っていてもいなくても、マナー違反になることはありません。

ただし、結婚式に限らずフォーマルな場所においては、メンズに限らず女性でも持ち込んでよいのは小さなバッグに限定されています。
会社に持って行くような大きなバッグを、便利だとか使いやすいという理由などで結婚式場に持っていくのは、マナー違反となるので注意しましょう。

メンズのバッグの色は何色がいいの?

結婚式に出席するメンズは、基本的にはブラックのスーツを始め、グレーやネイビーブルーでも暗い色を選択することが多いものです。そのため、もしもバッグを持ち込む場合には、スーツと合った色のバッグを選ぶのが良いでしょう。
ただし、スーツがダークグレーだからバッグもダークグレーが良いということはなく、失敗したくない人は、黒を選べば無難でしょう。もちろん、暗めの色なら黒以外でも、ネイビーやブラウン系でもOKです。
結婚式のファッションとして、バッグや靴も含めて全体のバランスを考えながらバッグを選ぶのがおすすめです。

一方、バッグの色という点では、明るい色のものは悪目立ちしてしまう可能性が高くなるのでNGです。

バッグの素材はどうする?

結婚式のようにフォーマルな場所では、バッグの素材は基本的に革がおすすめです。本革でなくても革に見える素材ならOKですが、使いやすいとかおしゃれという理由でのビニール素材や布製のものは、NGなので注意しましょう。
フォーマルな場所では、高級感があって洗練された着こなしがとても重要です。カジュアル感のある素材は、フォーマルな場所にはふさわしくないので、控えたほうが良いでしょう。

革素材でも、クロコのように型押ししているものや、ファーがついているものなどは、残念ながらファッション性が高くなってしまうので、フォーマルな場所にはおすすめではありません。
どんなに高級ブランドのバッグでも、結婚式にはふさわしくないので別のバッグを持参してください。

メンズバッグのおすすめはクラッチ

結婚式にメンズが持っていくバッグの選び方ですが、あらゆるフォーマルなシーンで活躍してくれるクラッチタイプのバッグがおすすめです。片手でサッと持ち運べるサイズ感のものを選べば、失敗することがありません。
普段は必要なお財布やスマホをポケットに入れているという人でも、結婚式場ではつけている時計を外してポケットに入れたりもしますし、ご祝儀もポケットに入れるとなると、人によってはスーツのポケットがパンパンになりかねません。
そのため、スマートに着こなすために、小さめのクラッチを持って行けば、必要なものをそこに入れておけるので安心です。

クラッチというスタイルが苦手という人は、フォーマル度が高いスタイルとして知られているミニダレスタイプも賢い選び方ができます。
ミニダレスタイプは女性のフォーマルなバッグとして人気のスタイルですが、メンズ向けのものもラインナップされています。男性の場合には、失敗しない色である黒を選んでおけば、問題ないでしょう。

▽男性ゲストの服装マナーについてはこちら

結婚式に招かれたときの男性の服装

遠方から出席するのでバッグが多いというメンズは?

結婚式に出席するメンズの中には、遠方から飛行機や新幹線などで足を運び、式場に直接入るという人がいるかもしれません。
結婚式場の多くには、入り口にクロークが設置されていて、荷物やコートなどを預けられるシステムとなっています。遠方からやってきたのでスーツケースを持っているとか、寒い冬で分厚いコートを着てきたという人なら、クロークを利用することで、結婚式会場に余計なものを持ち運ぶ手間を防ぐことができるでしょう。

クロークには、基本的には何でも預けることができます。スーツケースのような大きなバッグはもちろんOKですし、ボストンバッグやスポーツバッグなどももちろん預けられます。
もしも具体的に結婚式所のどこに行けばクロークがあるのか、またバッグや上着を預かってもらえるのかを知りたい人は、結婚式場に直接問い合わせると教えてもらうことができます。

また、預ける荷物がある人は、時間的に余裕をもって会場入りすることをおすすめします。結婚式場に入ったら、まず式に出席するための服に着替えたりバッグの中を詰め替えるなどの作業を行い、その後で式場に持って入らないものをクロークにまとめて預けると良いでしょう。
結婚式場のトイレは、一般的なトイレよりも広く作られていることが多いですし、全身鏡などもついていて、ゲストが着替えやすい環境が整備されていたりします。ぜひ有効活用してください。

カメラバッグを持ち込みたいけれど、マナー違反?

結婚式に出席するゲストの中には、写真撮影が趣味だからプロ仕様のカメラを持ち込みたいという人がいるかもしれませんし、新郎新婦から写真撮影を依頼されているという人もいるかもしれません。
基本的なマナーとしては、ただ写真撮影が好きという理由で一眼レフのカメラをカメラバッグに入れて持ち込むというのはNGです。しかし新郎新婦の中には、写真撮影が好きな友人には積極的にカメラを持ち込んでほしいという人も多いため、事前に断っておけば問題ないでしょう。

もしもカメラバッグや三脚などを結婚式場に持ち込む場合には、他人の邪魔にならないようにテーブルの下にバッグを置いておきましょう。
椅子の横に置いたのでは、美観を損ねてしまいますし、歩く人の邪魔にもなりかねません。

もしも、カメラバッグが大きすぎてテーブルの下に置けないという場合や、新郎新婦にカメラ係を頼まれていて、結婚式の間には立って会場内を移動することになるという人は、カメラバッグをテーブルの下に入れてしまうよりは、会場の端や控室などにバッグを置いておくと良いでしょう。

結婚式会場のスタッフに聞けば、どこに置くのが良いかを教えてもらうことができますし、必要なものを他のゲストの邪魔にならずサッと取り出せるような場所に置いた方が、写真撮影の点でも便利ではないでしょうか。

フォーマルなバッグでもこれはNG

メンズ向けのフォーマルなバッグには、いくつかのスタイルがあります。例えば、コンパクトなクラッチスタイルやミニダレススタイルなどは、もともとメンズ向けフォーマルなバッグなので、結婚式会場に持ち込む際にも問題はありませんし、マナー違反にもなりません。
しかし、メンズ向けフォーマルなスタイルとされるバッグでも、結婚式の会場に持ち込むのはマナー違反となるスタイルもあります。

例えば、アタッシュケースです。床に置いた時にもしっかりと自立する硬めのフレームが特徴的なアタッシュケースは、ビジネスシーンでも良く使われるバッグです。
フォーマル度という点では高めのスタイルですが、結婚式に持っていくにはサイズ的に大きすぎるため、NGとなります。

ブリーフケースもNGです。レザー素材のブリーフケースは、ビジネスマンご用達のバッグスタイルで、フォーマル度という点では決してカジュアルすぎるというわけではありません。
しかし、小ぶりのバッグのみがOKとなる結婚式においては、ブリーフケースも残念ながらNG。クロークに預けたうえで式場に足を運びましょう。

▽フォーマルなバッグについてマナー記事はこちら

結婚式などのフォーマルな場で使えるバッグとは?バッグのマナーと注意点

二次会のマナーは?

結婚式の二次会は、結婚式に出席したその足で出席する人が多いものです。結婚式に出席したそのままの服装やバッグのままで二次会に出席する際には、二次会の服装やバッグがマナー違反になってしまう心配はありません。
二次会と言ってもやはり結婚式の延長にあるわけですから、派手すぎるバッグなどはNGですが、結婚式の時に持ち込んだメンズ向けのクラッチバッグやダレスバッグなどなら、問題ありません。

結婚式のフォーマルバッグは普段使いできる?

結婚式に持ち込めるようなフォーマルなバッグを持っていないという人でも、スーツのポケットに必要なアイテムがすべて納まるのなら、あえてバッグを購入してまで持ち込む必要はありません。

しかし、ポケットに収まらないのでバッグが必要という人は、マナー違反とならないようなスタイルのバッグを購入しなければいけないでしょう。フォーマルなシーンで使う頻度が多い人なら、フォーマル用のバッグということで選べばよいのですが、それほど頻度が多くない結婚式だけの時にしか使えないバッグを買うということに抵抗がある人はいるかもしれません。

フォーマルなシーンに良しとされているメンズのクラッチバッグやダレスバッグは、フォーマルな場面にしか使えないスタイルではありません。ビジネスシーンに使ってももちろんOKですし、カジュアルなファッションと合わせて普段使いしても、もちろんOKです。

ただし、結婚式に適したフォーマルなメンズバッグという点での選び方をすると、素材は革が基本、そして色は黒をはじめとして暗めの色を選ぶことが必要です。
カジュアルなシーンにおいては、明るいブラウンを使いたいなと思っても、明るいブラウンを買ってしまうと結婚式に使いづらくなってしまうので、色選びや素材選びでは注意したほうが良いでしょう。

そもそも結婚式に必要な持ち物とは?

メンズが結婚式に出席する際には、必要となるアイテムはそれほど多くありません。ご祝儀、ハンカチ、写真を撮るためのスマホ、お財布、ぐらいではないでしょうか。
もしかしたら、式場に常備薬とか携帯の充電器なども持参したかもしれませんけれど、余計なものはすべてクロークで預け、スッキリとした身なりで式場に入るように心がけましょう。

▽ゲストの服装マナーについてはこちら

結婚式で腕時計をするのはマナー違反?男女の服装マナーをチェック!

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式・披露宴で乾杯の挨拶を頼まれた!例文やスピーチのポイントを知ろう

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー