2022.7.8

結婚式に招待された!男性ゲストのネクタイは何を選ぶのが正解?

結婚式のマナー
DRESSY IDEA
6741 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

結び方にも気を遣いましょう

結婚式に出席する場合は、ネクタイの色柄だけでなく、結び方にまで気を遣いましょう。
難しい結び方をする必要はありません。
普通に結べば大丈夫です。
普通の結び方がわからない、という場合は「プレーンノット」で検索してみましょう。
プレーンノットは、ネクタイの結び方の中でも定番中の定番です。
検索してみると結び方を丁寧に説明している動画もありますので、参考にしてください。
よりフォーマル度を上げたい場合は「ディンプル」をしっかり作りましょう。
ディンプルとはくぼみのことです。
結び目の下にくぼみを入れるだけで、よりフォーマル度が上がります。
くぼみを作るだけで、立体感が出て見栄えがよくなるので結婚式にピッタリです。
年配の方からの印象もよく見えるので、結婚式に出席する場合はくぼみを意識してネクタイを結んでください。

ネクタイと一緒に使ってほしいアイテム

ネクタイだけではちょっと寂しい、もっとオシャレに着こなしたい場合は、ポケットチーフも使ってみましょう。
ポケットチーフを胸ポケットに入れるだけで、よりオシャレに演出できます。
絶対になくてはいけないというルールはありません。
ポケットチーフがなくても、マナー違反にはならないので安心してください。
ただし、ポケットチーフがあれば、よりオシャレに演出できフォーマル度も増すので、できるならばネクタイと一緒につけてみるといいでしょう。
どのようなポケットチーフを選べばいいか、というとネクタイの色と柄に合わせるのが一般的です。
ネクタイの色がシルバーならば、ポケットチーフもシルバーを選ぶだけでいいでしょう。
結婚式の場合は、素材選びにだけはより気を付けてください。
綿素材のものはカジュアルすぎるので、選ばないようにしましょう。
シルク(絹)のものならば、フォーマル感があり結婚式にピッタリです。
麻も結婚式にいいとされていますが、どちらかというとビジネス向けなので、シルクを選んだ方がいいでしょう。
色や柄で悩んだ場合には、白のシルク素材を選ぶのが無難です。
ポケットチーフを胸ポケットに入れる場合は、折り方にも気を遣いましょう。
結婚式などのフォーマルな場所では、三角の山が3つ並ぶように見える「スリーピークス」がよく使われます。
スリーピークスよりも少し格式を下げてもいいかな、と思う方は三角の山が2つ見える「ツーピークス」でも大丈夫です。
どちらもポケットチーフを三角に折っていくだけでできるので、それほど難しくはありません。
折り方に関しては丁寧に動画や画像で説明しているものがあるので、検索してみるといいでしょう。

ドレスコードがある場合はそれに従いましょう

結婚式の中には、ドレスコードが決められている場合もあります。
よく見られるのが「色の指定」です。
「赤」「青」など、招待状に書かれていることがあるので、よく確認してください。
最近ではレストランウェディングなどのカジュアルな式や、1.5次会や2次会の場合に、ドレスコードを指定していることがあります。
ドレスコードの指定がある場合はそれに従うのがマナーです。
男性の場合、ドレスコードで色の指定があれば、ネクタイやポケットチーフの色で従うのが一般的となります。
招待状にドレスコードの指定がないか、よく見ておきましょう。

▽ブライダルフェアの男性の服装についてはこちら

ブライダルフェアの服装マナー【女性&男性編】

1 2 3
ウェディング診断