2019.9.30

0 この記事をクリップ

結婚式に招待された!男性ゲストのネクタイは何を選ぶのが正解?

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
155 views

年齢を重ねるにつれて、親族や仕事関係の人、友人などの結婚式に招待される機会が増えてきます。
男性の場合はスーツが正装となりますが、忘れてはいけないのが「ネクタイの着用」です。
スーツを着ていてもネクタイをつけないのは、マナー違反となります。
必ずネクタイを身に着けていくようにしてください。

何色のネクタイが正解?

結婚式の男性ゲストの正装といえば、黒や紺・グレーなどのダークスーツとネクタイの着用が正装です。
スーツの色は迷わないけれど、ネクタイの色に悩む方は多く見られます。
昔から結婚式と言えば「白の無地」が正解と思う方も多いでしょう。
確かに白ネクタイは結婚式向けです。
しかし今の時代は、白ネクタイは年配の男性や親族の方が身に着ける、という印象が強くなってきています。
職場関係や友人として出席する場合は、白にこだわらなくても大丈夫です。
もし白に近いものを身に着けたい場合は、シルバーを選ぶと光沢もあり結婚式向けとなっています。
特に主賓や職場の上司として出席する場合は、親族よりも目立ちすぎず他のゲストよりも少し格式高い恰好が望ましくなるものです。
この場合はシルバーやシャンパンゴールドなど、光沢があり上品に見える色を選んでください。
職場関係でも上司ではなく同僚や後輩、友人などの立場で出席するならば、違う色でも大丈夫です。
男性ゲストはダークカラーのスーツを着る人ばかりなので、少しでも華やかな印象になるように、明るい色のネクタイを選びましょう。
例えば水色やピンクなどのパステル系の色は、華やかに見えます。
黄色やゴールド系も、明るい色で結婚式向けの色です。
このように、出席する立場でネクタイの色を変えるといいでしょう。

無地じゃないとダメ?

男性ゲストが身に着けるネクタイは、色だけではなく柄にも気を遣ってください。
無難な無地を選ぶ方も多いですが、無地でなければいけない、という決まりはありません。
無地以外のものを選びたいならば、ストライプは結婚式向けです。
柄入りのものを選びたいけれどどれにしていいか悩んだ場合は、ストライプを選んでおけば間違いないでしょう。
ただし黒が多く入っているものは選ばないようにしてください。
白地ベースのものや光沢があるストライプ柄ならば、結婚式に付けていっても大丈夫です。
他には水玉や千鳥格子柄も、結婚式向けの柄と言えます。
水玉を選ぶ場合、水玉の大きさが小さいものを選びましょう。
「ピンドット」という、ピンで突いたような小さい水玉のものだと、よりフォーマルさが出ます。
水玉が大きくなればなるほど、カジュアル寄りになってしまうので、気を付けてください。
千鳥格子柄を選ぶ場合も、水玉と同じで柄が小さめのものの方がフォーマル向けです。
基本的に千鳥格子柄の場合は、白黒のモノトーンのものが多くなります。
白シャツと合わせるとフォーマルさがより出て、結婚式にもいいでしょう。
柄入りのネクタイを選ぶときには、これらのことに気を付けてください。

ネクタイピンは付けた方がいい?

ネクタイといえばセット使いしたいのがネクタイピンです。
結婚式にネクタイピンは付けていくべきなのか、付けないのが正解なのか、悩む方も多いでしょう。
結婚式の場合、特にネクタイピンは付けても付けなくてもどちらでもいいです。
ご自分の好みに合わせて、付けるか付けないか決めていいでしょう。
もしネクタイピンを付けたい場合は、シンプルなシルバーのものを選んでください。
派手な柄が入っているものは避けましょう。
もし柄が入っているものを選ぶ場合は、ブランドのロゴや目立たちにくいシンプルなデザインのものを選ぶとフォーマル向けです。
結婚式では基本的に上着を脱がないで過ごすことが多くなります。
そのため、ネクタイピンはワイシャツの第一ボタンの上あたりに付けましょう。
この位置ならば上着を着たままでも、ネクタイピンが見えやすいです。
ネクタイピンはよりオシャレに演出できる以外にも、ネクタイが乱れにくくなるなどのメリットがあります。
結婚式というフォーマルな場でも使えるので、シンプルなものを1つ用意しておくといいでしょう。

蝶ネクタイはマナー違反?

結婚式ではベーシックなネクタイ以外にも、蝶ネクタイはつけてもいいのか、と悩む方もいるでしょう。
蝶ネクタイも結婚式向けのものです。
そもそも蝶ネクタイは、タキシードと合わせるものと言われています。
そのため18時以降の夜の式に出席する場合の正装とされていました。
しかし最近では、18時より前の式でもダークスーツと蝶ネクタイを着用して出席するのもOKとされています。
結婚式で蝶ネクタイを付けていきたい場合は、黒やシルバーが良いとされていますが、友人や知人などの結婚式ならば明るめの色でも大丈夫です。
柄に関してはできるだけ無地のものを選びましょう。

カジュアルウェディングや2次会の場合は、柄入りのものでも大丈夫です。
友人同士で同じ柄の色違いの蝶ネクタイをお揃いで付けたりすると、遊び心もあって楽しめます。
ただし主賓や会社の上司として出席する場合は、ベーシックなネクタイの方が好ましいでしょう。
出席する立場や式場や式のコンセプトなどに合わせて、選ぶようにしてください。

▽オリジナル蝶ネクタイの作り方はこちら

彼も喜ぶ蝶ネクタイの作り方をご紹介!

これだけはダメ!マナー違反のネクタイ

ネクタイには、結婚式にふさわしくないとされる色や柄があります。
例えばフォーマルの色としてよく使われる「黒」です。
確かに黒や白は正装としてふさわしい色と思う方も多いでしょう。
しかし男性ゲストはダークスーツを着ていきます。
黒いスーツに黒いネクタイでは、全身真っ黒になってしまうため「お葬式」のイメージが強くなってしまうのです。
そのためネクタイの色で黒を選ぶのはやめておきましょう。
シルバーなどの光沢のある色や、パステルカラーなどの明るい色にしてください。
ちなみにストライプ柄のラインに少し黒が使われているなど、少しくらいならば黒色が入っていても問題ありません。
そして柄についても、カジュアル感が強くなるものはタブーです。
例えばキャラクターが大きくデザインされているものや、水玉が大きいもの、花柄などが目立つデザインのものが当てはまります。
そして小さくデザインされていても絶対に選んではいけないものが「アニマル柄」です。
ヒョウ柄やゼブラ柄など、一見オシャレなデザインに思えて選ぶ人もいるでしょう。
結婚式ではアニマル柄は「殺生」をイメージさせてしまうので、タブーとされています。
「黒色」「柄が派手で目立ちすぎるもの」「アニマル柄」、この3つは絶対に選ばないようにしてください。

▽男性ゲストのマナー違反の服装についてはこちら

【知らないと恥ずかしい?】結婚式の服装マナー!男性のシャツからネクタイまで!

結び方にも気を遣いましょう

結婚式に出席する場合は、ネクタイの色柄だけでなく、結び方にまで気を遣いましょう。
難しい結び方をする必要はありません。
普通に結べば大丈夫です。
普通の結び方がわからない、という場合は「プレーンノット」で検索してみましょう。
プレーンノットは、ネクタイの結び方の中でも定番中の定番です。
検索してみると結び方を丁寧に説明している動画もありますので、参考にしてください。
よりフォーマル度を上げたい場合は「ディンプル」をしっかり作りましょう。
ディンプルとはくぼみのことです。
結び目の下にくぼみを入れるだけで、よりフォーマル度が上がります。
くぼみを作るだけで、立体感が出て見栄えがよくなるので結婚式にピッタリです。
年配の方からの印象もよく見えるので、結婚式に出席する場合はくぼみを意識してネクタイを結んでください。

ネクタイと一緒に使ってほしいアイテム

ネクタイだけではちょっと寂しい、もっとオシャレに着こなしたい場合は、ポケットチーフも使ってみましょう。
ポケットチーフを胸ポケットに入れるだけで、よりオシャレに演出できます。
絶対になくてはいけないというルールはありません。
ポケットチーフがなくても、マナー違反にはならないので安心してください。
ただし、ポケットチーフがあれば、よりオシャレに演出できフォーマル度も増すので、できるならばネクタイと一緒につけてみるといいでしょう。
どのようなポケットチーフを選べばいいか、というとネクタイの色と柄に合わせるのが一般的です。
ネクタイの色がシルバーならば、ポケットチーフもシルバーを選ぶだけでいいでしょう。
結婚式の場合は、素材選びにだけはより気を付けてください。
綿素材のものはカジュアルすぎるので、選ばないようにしましょう。
シルク(絹)のものならば、フォーマル感があり結婚式にピッタリです。
麻も結婚式にいいとされていますが、どちらかというとビジネス向けなので、シルクを選んだ方がいいでしょう。
色や柄で悩んだ場合には、白のシルク素材を選ぶのが無難です。
ポケットチーフを胸ポケットに入れる場合は、折り方にも気を遣いましょう。
結婚式などのフォーマルな場所では、三角の山が3つ並ぶように見える「スリーピークス」がよく使われます。
スリーピークスよりも少し格式を下げてもいいかな、と思う方は三角の山が2つ見える「ツーピークス」でも大丈夫です。
どちらもポケットチーフを三角に折っていくだけでできるので、それほど難しくはありません。
折り方に関しては丁寧に動画や画像で説明しているものがあるので、検索してみるといいでしょう。

ドレスコードがある場合はそれに従いましょう

結婚式の中には、ドレスコードが決められている場合もあります。
よく見られるのが「色の指定」です。
「赤」「青」など、招待状に書かれていることがあるので、よく確認してください。
最近ではレストランウェディングなどのカジュアルな式や、1.5次会や2次会の場合に、ドレスコードを指定していることがあります。
ドレスコードの指定がある場合はそれに従うのがマナーです。
男性の場合、ドレスコードで色の指定があれば、ネクタイやポケットチーフの色で従うのが一般的となります。
招待状にドレスコードの指定がないか、よく見ておきましょう。

▽ブライダルフェアの男性の服装についてはこちら

ブライダルフェアの服装マナー【女性&男性編】

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式にふさわしいバッグとは?ゲストが知っておきたいバッグのマナー

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー