2019.8.18

0 この記事をクリップ

結婚式の女性ゲストにNGのアクセサリーがある?知っておきたいマナーとは

結婚式のマナー
farnyオフィシャルライター
2287 views

友人の結婚式に招待され「華やかなおめでたい場なのだから精いっぱいのおしゃれをして祝ってあげたい」と思っている人はいませんか。自分のことのように嬉しくて張り切って着飾って出席すると、周囲のひんしゅくを買うことがあるため注意が必要です。そこで、結婚式にふさわしくないアクセサリーやおすすめのアクセサリーについて説明します。

結婚式の女性ゲストが着用を控えるべきアクセサリーは?


結婚式の主役は新郎新婦であることは言うまでもありません。特に、花嫁は一生に一度の晴れ舞台が最高の思い出になるように、早い時期から美しさに磨きをかけるために準備万端で臨みます。主役の花嫁が人生で一番輝いている幸せな瞬間を、何人たりとも邪魔をしてはなりません。

主役よりも招待されたゲストが目立ってしまうのは重大なマナー違反です。特に、清楚な花嫁の象徴の色である白は、結婚式の花嫁のための色。一部に使う分には構いませんが、上下とも白の服装にするのは厳禁です。服装もそうですが、見落としがちなアクセサリーにも十分に気をつける必要があるのです。また、主役より目立たないこと以外にも、配慮すべきマナーがあります。

それは、おめでたい席に水を差すような行為や服装を慎むこと、周囲の人たちに不快な思いをさせないことなどです。以下に、控えるべきアクセサリーと理由について紹介します。

【ブラックパール】黒はNG!白はゲストも使用可能

クロチョウガイから採れる黒蝶真珠、一般的にブラックパールと呼ばれる天然の黒真珠は、希少価値のある高価な品として定評があります。評価の高いものは緑や赤みを帯びて美しく輝きます。ブラックパールは結婚式で着用してはいけないマナーはありません。親族が着る黒留袖の手にブラックパールの指輪はとてもきれいに映えるものです。

しかし、世間の傾向としては「黒」が悲しみの席で使われる色のためNGという風評があります。それでは、男性が着る礼装のブラックフォーマルスーツはどうなってしまうのでしょうか。そもそも、ブラックフォーマルは深い墨色の漆黒が格式の高い色であり、本来なら冠婚葬祭どの場でも着用可能とされています。

ただし、悲しみの席ではネクタイは黒を、お祝いの席では白や光沢のあるシルバーを選ぶのがマナーです。そのため、付随するかのように女性のアクセサリーも黒は慶事には不可という受け取り方をされたのではないでしょうか。葬儀用のブラックパール3点セットなどの商品も出ていることから、ブラックパールは悲しみの席のみに着けるものという認識に拍車をかけたのかもしれません。

しかし、ブラックパールが葬儀用と受け取る人たちが一定層いることは事実。そんな中で、結婚式にわざわざブラックパールを着用する必要はないだろうとの考えが「ブラックパールは慶事にはNG」という現代のマナーとして独り歩きしたのではないでしょうか。

白のパールなら冠婚葬祭どのシーンでも使えます。悲しみの席ではタブーとされる二連のパールネックレスやロングパールも、結婚式なら気にせず着用できます。

【本革やリアルファー】生き物に関係したものは避ける

ヘビ革やワニ革など、動物の殺生を連想させる素材のものを身に着けるのは結婚式ではNGです。あえて、ヘビ革やクロコダイルのチョーカーやブレスレットなどを着けてくる女性はなかなかいないとは思います。しかし、中には散々迷った挙げ句突飛なチョイスをしてしまう人もいるため気をつけてください。他のゲストと同じような無難なアクセサリーを選ぶのは恥ずべきことではありません。

うっかり選んでしまいそうなのが、イヤリングやヘアアクセサリーに付いているファー素材。フワフワしてかわいいのですが、結婚式では本物ではなくフェィクファーであっても使わないのがマナーです。おしゃれなデザインの靴でも、パイソン柄は避けましょう。スカルやスタッズの付いたアクセサリーもNGです。

【ティアラや生花】顔まわりを華やかにするのはいけないの?

ドレスがシンプルで顔立ちも地味、せめてヘアアクセサリーだけでも華やかに、とジュエリーが付いたティアラを購入する予定なら止めておきましょう。なぜなら、ティアラは結婚式当日の花嫁とかぶってしまう危険性があるためです。万一かぶらなかったとしても、ゲストの女性が身に着けるのにふさわしいアイテムではありません。

同様に、生花を髪に飾ったり胸元でコサージュ代わりにしたりするのも考えものです。生花は花嫁がブーケとして手に持ったり、ヘッドドレスとして髪にあしらったりすることがあります。生花ではない花モチーフのアクセサリーを身に着けるにしても、あまり花が大きく目立つものは控えましょう。

【普段遣いの素材】カジュアルすぎるものや季節感のないもの

ガラスビーズやウッドビーズ、パワーストーンがカラフルに並んだものなどは、日常使いのカジュアル感があります。デザインや組み合わせによっては必ずしもダメではありませんが、服装や合わせる靴や小物などともミスマッチの心配があります。たとえば、シュシュやバレッタなどのヘアアクセサリーも、綿やニット素材などの普段遣いの素材はカジュアルすぎるため避けましょう。パールやシルバー、スワロフスキーなどをあしらったコームや、シフォンやオーガンジーにパールやカラージュエリーを組み合わせたコサージュのようなヘアクリップなどもあります。

布小物を取り入れるときは、その季節感にも気をつけましょう。透け感のある生地なら真冬には向きません。ベルベットやビロードなどの光沢のある厚めの生地は夏には不釣り合いです。服装との違和感がないように季節感には気をつけましょう。プラスチック製や布のカチューシャなども結婚式には不向きです。

【腕時計】腕時計は大人なら当たり前!?

男性ならブラックフォーマルスーツに高級腕時計でも何の問題もありません。むしろ男性にとって腕時計が一種のステータスとする考え方もあり、スーツの袖に見え隠れする程度ならマナーを持ち出すほうが野暮というものです。ところが、一転して女性の場合は、そういうわけにもいかないのです。女性の服装次第では手首が見えているデザインのものなら、何となく腕時計をしていないと物足りない思いになる人もいるでしょう。

しかし、本来結婚式というフォーマルシーンでは時間を気にするべきではありません。なぜなら、招待状で前もって披露宴の日時を知らされ、出席の返事をしたからには、万障繰り合わせてその場にいるのですから。ここで腕にはめた時計の時間を気にするようにチラチラ見るのは、主役や親族、周囲のゲストにとっても気持ちの良いものではありません。

よほどその場にいるのがつまらなくて早く帰りたいのだろうか、食事がおいしくなかったのかもしれない、などと余計な詮索をされかねません。普段日常的に腕時計を着けている人は、無意識のうちに時間を確認する癖がついている人もいるでしょう。何も絶対的に腕時計をしてはいけない、というマナーやルールが決められているわけではありません。文字盤が小さくブレスレットタイプの腕時計ならフォーマルの服装でも違和感はあまりないかもしれませんが、それでも時計を見る癖がある人は外しておいたほうがよいでしょう。

何も腕時計が悪いわけではなく、楽しい場であるはずの結婚式で、時間を気にしながら早く帰りたいアピールと受け取られかねない素振りはしないのがマナーというだけのことです。

▽知っておきたい結婚式ゲストのマナー

結婚式の女性ゲストの服装は?守るべきマナーについて

昼と夜、結婚式の時間帯でNGとなるアクセサリーは違う?

フォーマルなパーティーの場では、昼ならアフタヌーンドレスで控えめに、夜ならイブニングドレスで華やかに装うのが正式なマナーです。イブニングドレスは袖がなく胸元や背中が大きく開いて肌を見せるのが特徴です。裾はくるぶしよりも長く靴が完全に隠れる程のロングが正礼装となります。

それに対して、昼間のアフタヌーンドレスはなるべく肌を露出せず、首元もやや詰まった印象のドレスです。そのためアクセサリー類はなるべくシンプルで光沢のないものが選ばれます。夜のイブニングドレスは上半身が肌を多く見せることになり、下半身のドレスの分量に対して上半身の顔まわりが寂しくなりがちなので、華やかなジュエリーを身に着けることが多くなります。

通常の結婚式なら、披露宴が夜でも一般のゲストがそこまで肌を露出することは滅多にありませんので、マナーを守って服装に相応しいアクセサリーを着ければ問題ないでしょう。ポイントは、シンプルな服装ならアクセサリーでアクセントをつけ、派手めの服装ならプレーンでシンプルなアクセサリーがお互いに主張しすぎることがなく上品です。

結婚式の女性ゲストにおすすめのアクセサリーはある?

服装以外にアクセサリーにもさまざまなマナーがあることが分かりましたが、気後れする必要はありません。以下に、おすすめできるアクセサリーを紹介します。

ネックレス編

「ブランドのペンダントは着けていいの?」という声も多く見かけます。つまり、結婚式の場ではブランドのペンダントはその場にふさわしくないのではないか、という疑念があるからでしょう。その感覚はいつも忘れずにいたいですね。そのとおり、ひと目で有名ブランドと分かる特徴的なロゴがペンダントトップになっているものが数多くあります。有名なブランドで高価なペンダントであることは分かるのですが、フォーマルな結婚式の場では不釣り合いです。

ただし、控えめなデザインの上品なネックレスタイプのものや、誕生石などのジュエリーペンダントなら主張しすぎることなく服装ともマッチするでしょう。白パールの一連のネックレスは慶弔さまざまなシーンで使うことができますので、ぜひ上質の一品を揃えておくと安心です。長さは38cmから45cm程度のものがデコルテがきれいに見えるため人気です。着る予定の服装などを考慮のうえ、最適な長さを見つけましょう。

ピアス・イヤリング編

「揺れるタイプのピアスやイヤリングを着けてはいけない?」インターネットにはさまざまな情報が溢れています。結婚式では、揺れるタイプのイヤリングはNGとの説もまことしやかに流れています。揺れるイヤリングは「家庭が揺れる」「落ち着きがない」などの悪いイメージがあるのだとか。片や、揺れるイヤリングは「金運アップ」「恋愛運アップ」のラッキーアイテムだそう。

結婚式では、大きすぎてジャラジャラ目立たなければ揺れるタイプのピアスやイヤリングでも構いません。要は下品にならず悪目立ちしなければOKです。小ぶりの耳元で揺れるイヤリングは上品な女性らしさがあります。長すぎず大きすぎないものを選ぶと良いでしょう。素材やデザインに迷ったときは、ネックレスと同シリーズにするのが安心です。ただし、ピアスは耳たぶ1カ所だけにしてくださいね。和装の場合は、外すのが基本です。

指輪・ブレスレット編

「自分のダイヤの婚約指輪や光る素材のブレスレットは付けてもいいの?」と、悩む人もいるでしょう。花嫁よりも目立ってはいけないと思うあまり、どこまでなら許される範囲なのか心配になってしまいますね。もちろん、自分が婚約者や配偶者からもらった婚約指輪を着けるのは問題ありません。

お昼の時間帯は光るアクセサリーやジュエリーがNGで、夜なら照明に映える光るアクセサリーが適しているとの情報も見かけます。昼は写真撮影の際に太陽光が反射して良くないのだとか。では、会場によっては窓のない宴会場もありますが、そこならどうなのでしょう。昼でも太陽光は差しません。フラッシュ撮影ではストロボの強い光で反射もするでしょう。

夜は逆に、光るアクセサリーのほうが場が華やかになるそうです。花嫁よりも目立たせずにつけるアクセサリーの輝きがどこまで主張して場を華やかにするのかは疑問ですが、世間ではそのような考えもあるということを知っておくと良いでしょう。しかし、あまり根拠のないマナーに踊らされる必要はありません。

ただし、ダイヤモンドが大きな立て爪リングだと、食事をしたり拍手をしたりするたびに目立つことにもなります。花嫁が婚約指輪を着けている場合、張り合っているかのように見えてしまうことも無きにしもあらず。ダイヤの大きさなどを話題にしたり見せびらかしたりするのはNGです。花嫁よりも目立たず、という点を重視するならあまり大げさなものは外したほうが無難でしょう。

コサージュ、その他アクセサリー編

「花は花嫁だけが使えるアイテム?コサージュも着けてはいけないの?」と、いう声も聞かれます。シンプルな胸元にコサージュを着けるのは全然問題ありません。ただし、色や素材には気を使いましょう。チェックやデニムなどの布素材、プラスチック装飾などがあるものはカジュアル色が強すぎます。また、白と黒のコントラストが強いものや、ブラウンやゴールドでも遠目から黒っぽく見えてしまってはおめでたい場にはふさわしくありません。また、前述の通り革やファーなどの素材も避けましょう。服装やアクセサリーと違和感のない上品なものを選びましょう。

▽絶対見ておきたいお呼ばれ時のマナー

結婚式の服装とお呼ばれ時のマナー、女性向けドレスからNGポイントまで

結婚式ではアクセサリーのマナーにも気をつけよう!

結婚式に出席するにも、招待状の返信の仕方やご祝儀について、服装マナーやアクセサリーのマナーまであり、ハードルの高さを感じた人もいるのではないでしょうか。慣れないうちは様々な制約がわずらわしいと感じるかもしれませんが、出席すればやはり幸せな気持ちに包まれるものです。出席して良かったと感じられるのは、やはりマナーを守ってこそ。後悔しないようにマナーを守って準備万端で臨みましょう。

▽お呼ばれした時のバッグについても知っときましょ!

結婚式にふさわしいバッグとは?ゲストが知っておきたいバッグのマナー

▽自分の時はこちらを要チェック

【2019年(令和元年)最新版】プロポーズされたらすぐやること!!入籍&結婚式までの25ステップ【保存版】

クリエイタープロフィール
farnyオフィシャルライター
関連記事

結婚式に招待されたときのマナーはこれでOK!準備から当日まで徹底解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で女性ゲストが気をつけたい服装マナーとは?年代別おすすめも紹介

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式・披露宴で乾杯の挨拶を頼まれた!例文やスピーチのポイントを知ろう

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式で友人スピーチを任された!慌てないためのダンドリとは

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー

結婚式の女性ゲストがスーツ着用はアリ?ナシ?今どきのマナーを解説

farnyオフィシャルライター
結婚式のマナー