2020.3.29

両家の関わりの第一歩!結納顔合わせで必要な挨拶と服装は?

結納・顔合わせ基礎知識
結婚お役立ち情報
680 views
続きをアプリで読む

結婚の意思を固めたら、必要になってくるのは両家顔合わせです。恋愛は個人同士の話しで問題はないのですが、結婚となるとこれから親戚となる両家の関わり合いも大切になってきます。

私は、以前モラハラ気味の主人と離婚しています。その時、相手の両親のことをもっとよく見ておけばよかったと振り返る時があります。何かとマイナスイメージもある義両親との関わりや親戚関係ですが、これから長い人生を共にする相手の素や、育ってきた家庭環境を知るきっかけにもなります。

また、困った時に義理の両親が助けてくれることもあるかもしれません。初めて両家が揃う顔合わせ。第一印象を大切にし、これからの両家の関わりがより良いものになるための大切な一日です。

目次[]
  1. 顔合わせ時期
  2. 顔合わせの場所
  3. 顔合わせの進行
  4. 顔合わせのトークお勧めの話題とNGな話題
  5. 顔合わせ服装
  6. 顔合わせ手土産
  7. 支払いの仕方
  8. 顔合わせで見たい相手の様子
  9. 結納と顔合わせの違い
  10. 顔合わせで困った話
  11. 結婚するのは自分たちなので自分たちでまず話し合い
  12. 顔合わせは両家のお付き合いの始まり

顔合わせ時期

顔合わせは、結婚を決めたらなるべく早く行うと良いでしょう。両家の都合の良い日にちを調整し、会場は両家の中間地点や行きやすい場所を設定します。片方が遠方の場合は交通費等も考慮し、負担になりすぎないように気を付けます。

六曜を気にする場合は、大安が良いと言われていますが、必ずしも休みの日に当たるとは限らないため、友引などの仏滅以外の日にちも案に入れられると簡単です。ただ、両親がどうしても大安がいいと言う場合もあるため日程にはゆとりを持って決めていくと安心です。

顔合わせの場所

顔合わせは、声がしっかり聞こえて落ち着いて話せる場所がベストです。レストランやホテルなどのレストランで個室完備の場所だと、周囲を気にせずゆっくり話しができるのでお勧めです。個室は当日行くと満室になっている場合があるので、顔合わせの日にちと一緒に場所も決めて予約をしておきましょう。
その時、アレルギーの食材や和洋中で好みの料理も伺った上で会場選びができると、食事内容から会話も弾み、和やかなムードを作りやすいです。

・ホテルの顔合わせプラン
ホテルによっては、結納、顔合わせプランがある場所もあります。プランの場合は、すでにメニューが決められていることも多く、予算決めしやいため準備に手間がかからないというメリットもあります。
また、会場自体もほとんどの場合は個室で、人通りもなく静かな会場で執り行えるため静かな環境で話しができます。また、もし挙式会場として使用したいホテルがある場合は、そのホテルを利用してみても良いでしょう。

・レストランや料亭
個室のあるレストランなどを予約します。予約の時には顔合わせでの利用の旨を話しておくと安心です。予約する際には、メニューの確認も行いコース料理など事前に予約してくと当日スムーズです。

顔合わせの進行

顔合わせとは別に結納を行う場合には、ここで結納について少し話していてもいいかもしれません。基本的な流れですが、まずは、男性から始まりの挨拶として集まっていただいたことへの感謝を述べて、新郎側の父親が乾杯の挨拶をして会食をスタートします。

乾杯後に、家族の紹介と挨拶をします。兄弟が一緒に出席している場合にはここで紹介しましょう。会食では、結婚式の話しや新生活の話しなどを中心に話し、新郎新婦で積極的に話題を提供し、会話が弾むように盛り上げましょう。これは、事前に2人で話しておくとスムーズです。

顔合わせのトークお勧めの話題とNGな話題

初めて顔を合わせる両家が和やかに過ごせるように会話選びは、話しやすいものを選ぶとベターです。結婚する時に宗教や地域の風習などが出てくる場合もありますが、その話しは2人きりの時に話し合うと良いです。

また片方の両親のみが詳しい話題も会話が弾まない原因になるため避けた方が良いです。結婚式の話題や、新郎が新生活の話しを両親へするなら、2人の今後の姿を両親もイメージできるため安心してもらいやすくなります。

顔合わせ服装

服装は、両家で揃えます。片方が着物やスーツで片方が私服というようにちぐはぐになってしまうと、両親に恥をかかせてしまいます。肩肘はらずにノーネクタイで行う場合は、両家ともにノーネクタイの普段着で行いましょう。

・男性の服装
基本的には、スーツです。紺やブラックのスーツで、落ち着いた色のネクタイを着用しましょう。ワイシャツは柄物や色の派手なものは避けて、白のシンプルなワイシャツにしましょう。場所によっては、靴を脱ぐ場合もあるため、靴下にも気をつけましょう。

・女性の服装
女性は着物やワンピースやコサージュをつけたスーツなどが良いでしょう。兄妹が参加する場合でも同様の服装です。ただ主役はあくまでも新郎新婦なので、格上の着物を着る、派手な装いは避けて落ち着いたコーディネートを心がけます。

▽顔合わせの服装に関する記事はこちら

顔合わせにふさわしい服装を解説!

顔合わせ手土産

顔合わせの時に、手土産は基本的には必要ありませんが、新郎新婦から両家両親へ3000円程度のお菓子などを渡しても良いでしょう。

両家で用意する場合は片方が用意して片方が手ぶらだと、持参しなかった方が気まずい思いをしてしまうため、手土産を用意する場合は事前に確認し、用意するしないを決めておきましょう。

支払いの仕方

会食の費用は昼に行うか夜にやるかでも金額は変わってくるかと思いますが、相場は一人5000円~10000円程度です。個室料や飲み物代、追加料理の注文があればその分が追加されます。

両家で折半が基本ですが、支払い自体は新郎もしくは新郎側の父親が行い、のちほど新婦側で新郎へお金を渡しましょう。場合によっては、新郎側ですべて持つということもあるため、その場合には後日御礼をしましょう。

顔合わせで見たい相手の様子

顔合わせの時には、相手の両親が揃っている時に初めて会うという場合もあるでしょう。その時、相手と両親との様子や、会話の内容を聞いておくと安心です。和やかな会食の場で執拗に宗教のことを話してくる、相手の母親がまったく発言せず父親が異常に高圧的など気になることがあれば覚えておきましょう。

もちろんその一時で人の判断はできません。疑心暗鬼になって相手に変に追及すると嫌な想いをさせてしまいます。あくまでも自分の中で留めておき見ていきましょう。

▽顔合わせで必須のしおりについての記事はこちら

両家顔合わせのしおりの作り方を1から大公開♡これで当日も完璧◎

結納と顔合わせの違い

結納と顔合わせでは内容が異なります。結納の場合は顔合わせよりも形式的です。結納品の用意、結納の進行があります。

・結納とは
昔ながら行われてきた婚礼の行事で、結納を交わした後に正式な婚約者となります。昔ならではのやり方の場合には、仲人をたて仲人が進行をします。結納の場合には、結納品を新郎側から新婦へ贈ります。新婦側からは結納返しを送ります。
本来であれば結納は女性の家で行われますが、最近ではホテルや料亭で行うことが主流です。また仲人を立てずに、略式でホテルの結納パックなどを使い行う場合も多いです。

・顔合わせ
顔合わせの場合は、仲人などはなく形式も決まっていません。両家が一堂に会し、食事を共にしながら親睦を深めることを目的に行われます。最近では、結納の形式をとらずに、顔合わせの中で結納品だけを渡すなど結納と顔合わせを合わせたような形で行われることも多くあります。

・結納にするか顔合わせにするか事前に決めておく
どちらにするのかは両家で話し合って決めます。特に結納の場合には、結納品の準備等で金銭的な負担が多くかかります。
そのため、事前に結納はどうするか、食事会顔合わせはどうするかを両親にきちんと相談しておかないと後にトラブルになりかねません。また、仲人についても両親の考えを一度確認しておくと安心です。

顔合わせで困った話

ただ付き合っている時にはわからなかった相手の姿が見えることもあるのが、顔合わせや義両親との関わり合いです。

・結納をするかしないかで揉める
結納をするかしないかを話し合っているうちに、「やってやるのに口答えするなんて」などと言われてしまい、双方が気まずい思いをしてしまったという話しもあります。結納は、新郎側にとっては結納金の用意や結納品の用意など金銭的にも負担が大きいものです。しかし、やってやったという押し付けのような考えでは、女性側も辛いものがあります。最近は、結納を行わない、または簡略化された顔合わせ程度になっていることが多いです。無理のない範囲で行いましょう。

・結納の前に結婚式の話しで揉める
顔合わせを行い結納の日も間近になってから、結婚式場も決めて内容などを考えている時に、結婚式に参加してくれた方へのお車代を支払うか払わないかでもめてしまったということもあります。結婚式も結納もお金がかかります。
特に、結婚式の話しは両家親族間でのこれまでの通例もあり、意見がぶつかりやすいところです。両親とまずは本人が上手に話し合い、感情的にならないようにうまく進めましょう。

・結納の話しをするとき新郎側の家でマザコン疑惑
結婚を決めると、今まで彼女の立場で彼の部屋へ一直線だったのが、家族として家族が集まる場所で一緒にいる時間もあるかもしれません。その時、今まで見えなかった彼と母との距離の異様な近さや、なんでも母の言いなりになっている姿が見えてしまい不安になるという経験をする女性も多いです。
親子仲が良いのはいいことです。しかし、すべて母や両親の意見を聞いていると、当人同士の意思が反映されなくなります。

結婚するのは自分たちなので自分たちでまず話し合い

結納にしても顔合わせにしても、両親の意向を聞くことはもちろん大切ですが、結婚するのは当人同士です。自分たちがどうしたいのか、両親や周りの意見を聞いた上で結婚する相手の話しを尊重し、2人で話し合いをしましょう。

結婚式ではさらに決めることが多くでてきます。結納はその前段階です。そこで感情的にならず上手に乗り越えられるように関係を作りましょう。

顔合わせは両家のお付き合いの始まり

結婚というと昔は家同士のつながりが重視されていたこともありました。しかし、現代においては当人同士が尊重されています。当人同士に任される時、迷うことなく両親を安心させられるよう、まずは2人が結婚し家庭を築くという心構えをしっかり持つことが大切です。

その上で、両家の関係が円滑に進むよう結納や顔合わせなどの行事を行っていきましょう。

▽顔合わせでしおりを作る場合はこちら

新郎新婦の紹介やメモリアルにも最適!「両家顔合わせ」しおり作成のコツ

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む