2022.7.8

結婚前提で付き合っていてもやっぱり緊張する!相手のご両親に結婚の挨拶をする時とは

結納・顔合わせ基礎知識
プロポーズされたら.com
9348 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

結婚の申し込みのタイミング

・男性から女性のご両親に挨拶
席に通されたら、下座に座り、まずは自分を迎え入れてくださったことに対してお礼を言いましょう。もしお茶やお菓子をすすめられても、すぐには手を出さずに、再度食べるようにすすめられたら、手を付けるようにしてください。

しばらく会話を楽しんでから、居住まいを正して、ご両親の目をしっかり見て、結婚の申し込みをしましょう。

例えば「○○さんを必ず幸せにしますので、○○さんと結婚させてください。」という風に、ご両親に伝えてみてください。これが正解というわけではなく、素直な気持ちを伝えれば十分ですから、自分なりに誠意のある言葉で結婚の申し込みをしてみましょう。

・女性から男性のご両親に挨拶
女性の場合は、男性の場合と違って、結婚の許可をもらうという感じではなく、男性が結婚したい女性を紹介するために連れてきたという感じが多いです。そのため、女性の場合の挨拶は、「未熟者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。」という感じが良いでしょう。

私の場合も、すでに旦那が我が家で挨拶を済ませた数日後に、彼の実家へ挨拶に行きました。そのため既に彼のご両親も私の存在を知っていてくださっていたので、彼のご両親に対して、「結婚を許可してください」というのではなく、「これからお世話になります。未熟者ですが、頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。」みたいなことを挨拶で申しました。

やはり、相手の家族の一員になるのだから、という気持ちがあったので、このような挨拶をしたのだと思っています。

おすすめの挨拶例

結婚はお互いが初婚というケースだけではありませんよね。それでは授かり婚と再婚の場合の挨拶例をご紹介します。

・授かり婚の場合
近年多くなってきた授かり婚ですが、ご両親の世代にとっては、まだまだ受け入れがたい感覚があるものです。初めから結婚前提のお付き合いをしていたとしても、やはりご両親にはご心配をかけたはずですから、順序が逆になってしまったことを謝罪しましょう。
その上で、最初から結婚する意思があったことを誠実に伝えて、結婚を許してもらうように挨拶してみてください。

ご両親にとって、お孫さんが生まれることはとても嬉しいことですから、きっと二人の結婚を許してくれるはずです。彼女のことがとても大切で、一緒に幸せな家庭を築いていきたい旨を伝えてください。

・再婚の場合
再婚に関しても、ご両親世代では、あまり良い印象をお持ちでないことが多いです。そのため、ご挨拶する前に、あらかじめご両親に再婚である旨を、彼女あるいは彼から伝えてもらっておいたほうが良いでしょう。
そうすれば、あえて離婚した理由を尋ねられる心配がないはずです。それでも相手のご両親が離婚した理由など、前回の結婚について詳しく尋ねてくる場合は、正直にそして簡潔に答えるようにしてください。

絶対に言ってはいけない!NGの挨拶礼

実は挨拶の際に、NGな表現を使ってしまったがために、気まずい雰囲気になってしまうカップルも少なくありません。それでは、こんな表現は止めたほうが良いという挨拶例をご紹介します!

・「結婚します!」
相手のご両親の前で、「僕たち結婚します!」という断定は止めましょう。結婚の許可をもらう姿勢で挨拶に行くというのが前提ですから、自分たちだけで結婚を決めたという表現はしないでくださいね。

・「○○さんをください!」
この表現はドラマや映画でも見られますが、実際に自分の娘に対して言われると、まるで娘が物みたいな扱いをされるような感じがして、多くの親御さんが嫌っています。
もちろん結婚前提のお付き合いをしているわけですから、相手を物のように思ってはいないでしょうが、この表現も賛否が分かれるところなので、言わないほうがベターでしょう。

・敬語ができない
最近の若い人は、敬語が苦手な人が多いので、挨拶に行く前には、敬語の練習をしておいたほうが良いです。例えば自分たちの結婚のことを、間違っても「ご結婚」と言わないようにしてくださいね。

結婚の許可が降りなかった場合は…?

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断