2022.7.8

【2022年最新版】指輪迷子必見!エンゲージリング選び方のポイントと相場まとめ

婚約指輪・結婚指輪
結婚お役立ち情報
5447 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

憧れのウェディング目前の一大イベントといえば、プロポーズです。二人が結婚を決めるための重要な儀式ですが、プロポーズに欠かせないエンゲージリング選びに頭を悩ませる男性も多いのではないでしょうか。

この記事では、プロポーズを行う上で抑えておきたいポイントや、婚約指輪についてまとめました。プロポーズを目前にしている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次
  1. エンゲージリングと結婚指輪はどう違う?
  2. エンゲージリングの選び方と価格相場
  3. プロポーズで婚約指輪を贈るメリットとデメリット
  4. 指輪選びではアフターサービスも重要
  5. プロポーズ後にエンゲージリングを贈るメリット
  6. エンゲージリングの価格相場
  7. エンゲージリングなしのプロポーズはあり?

エンゲージリングと結婚指輪はどう違う?

エンゲージリングは、婚約の記念として男性から女性へと贈られる、約束の証しです。エンゲージリングのルーツは、紀元前1世紀の古代ローマに始まるといわれています。古代ローマでは、婚約はとても重要なものとされとおり、結婚のための契約として、男性の富と力の象徴として、鉄で作られた輪が女性へとプレゼントされていました。
鉄の輪が指輪に変わったのは、9世紀頃です。日本にエンゲージリングの習慣が伝わったのは、明治時代といわれていますが、一般的に広まったのは昭和30年代になってからです。日本では、比較的新しい習慣といえますね。

エンゲージリングや結婚指輪は左手の薬指にはめますが、これにも理由があります。左手の薬指は心臓につながる静脈があるため、古代エジプトでは愛の力が宿る指とされていたのです。

また、現在ではエンゲージリングはダイヤモンドを使うのが一般的です。エンゲージリングでダイヤモンドが贈られるようになったのは、15世紀からです。どの宝石よりも硬度があることから、壊れない愛を象徴しています。
しかし、ダイヤモンドにこだわらず、誕生石や真珠を選ぶ方もいます。エンゲージリングはデザインのバリエーションが豊富ですから、好みに合わせて選べるのも魅力です。

一方、結婚指輪は結婚式の際にお互いに交換して、左手の薬指にはめるペアの指輪です。結婚後はほとんどの人が指輪をはめて生活するため、プラチナや金のシンプルなデザインのものが一般的です。価格も、エンゲージリングに比べて低めのものが多いのも特徴となっています。こちらはエンゲージリングに対して、マリッジリングとも呼ばれています。

女性がエンゲージリングと結婚指輪をセットで身に付ける場合の、正しい付け方も知っておきましょう。エンゲージリングを受け取ったら、結婚式までは左手の薬指にはめます。そして、結婚式ではエンゲージリングは右手の薬指にはめましょう。無事に結婚式が終わり結婚指輪を交換したら、左手の薬指にはめた結婚指輪の上に、エンゲージリングをはめます。

エンゲージリングの選び方と価格相場

エンゲージリングは婚約の約束として、男性からプレゼントするものです。女性にとって「結婚してください」の言葉とともに贈られるエンゲージリングは、大きな憧れですね。男性側も彼女を喜ばせるために、当日こっそりと指輪を用意しておき、プロポーズの言葉とともにプレゼントをしようと考えている方が多いことでしょう。

しかし、女性側の現実的な意見を聞くと、プロポーズと同時に指輪を渡されるのは憧れだけど、好みのデザインではないものを贈られるのは困るという声が多いのです。

▽婚約指輪に関する記事はこちら

結婚指輪の相場は夫婦ペアでいくら?結婚指輪選びで後悔しないためのポイント

気をつけるべきポイントは?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む