2020.3.29

【2020年最新】婚約指輪と結婚指輪の選び方、リングの素材やデザインはどうしたら良い?

婚約指輪・結婚指輪
結婚お役立ち情報
1171 views
続きをアプリで読む

愛し合う二人がお互いに結婚することに合意したら、男性から女性に対して婚約の証として婚約指輪を送ります。これは結婚指輪のように男女がお互いに交換するペアリングではなく、男性から女性へ贈るアイテムです。そして、実際に結婚をしたら今度は結婚指輪が必要となります。

結婚指輪は女性だけではなくて男性も日常的に着用する指輪なので、どちらの指にも雰囲気よく着用できるデザインを選びたいものです。ここでは、婚約指輪や結婚指輪の選び方についてご紹介しましょう。

目次[]
  1. 婚約指輪はいつ準備すればよい?
  2. 婚約指輪の素材はどうする?
  3. 婚約指輪はいくらが相場?
  4. 婚約指輪はオーダーメイドがおすすめ?それとも既製品でもOK?

婚約指輪はいつ準備すればよい?

婚約指輪は、男性が自分で選んでプロポーズの際に「受け取ってください」と渡すケースもあれば、プロポーズをしてOKをもらった後に、カップルで揃って選ぶケースもあります。どちらも間違いではありませんが、女性にとっては、プロポーズの時に素敵な指輪をプレゼントしてもらいたいと希望する人もいれば、一生つけるものだからデザインは自分で選びたいという人もいます。

そのため、男性は実際にプロポーズの前に少しずつ探りを入れて、指輪を買ってからプロポーズしたほうが良いのか、それともプロポーズの後に二人で選ぶのが良いのかを模索すると良いでしょう。

婚約指輪の素材はどうする?

婚約指輪の素材は、プラチナかゴールドが定番です。品質や傷のつきにくさという点で選ぶなら、プラチナ素材が一押しですが、ファッション性で選びたいカップルならゴールド素材も良いでしょう。ちなみに、日本では婚約指輪や結婚指輪にはプラチナが定番となっていますが、欧米ではゴールドの方が人気で、国によって異なっています。

ゴールド素材の指輪は、金の純度によって色味や価格、そして重さが大きく変わります。ホワイトゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールドなどは、金と別の金属を配合することによって異なる色味を演出することができますが、ゴールドの種類によって傷のつきやすさや変色のしやすさ、また変質に関しても変わるため、長期間使うことを前提とした指輪選びをしたいものです。

また近年では、定番のプラチナやゴールド以外に、ファッション性や個性を重視した素材の指輪も人気があります。
男性なら結婚指輪のみをつけるので、他の指輪との相性や重ね付けといった心配はありませんが、女性の場合には婚約指輪と結婚指輪を重ね付けしたいという人も多く、婚約指輪を選ぶ際にはその先の結婚指輪のデザインや素材なども考えたうえで指輪選びをするのが失敗しないコツと言えます。

婚約指輪はいくらが相場?

婚約指輪というと、給料の3か月分が相場と言われていますが、必ずしも給料の3ヶ月分でなければいけないというルールはありませんし、3ヶ月分の金額よりも安い指輪だとマナー違反ということもありません。従来の婚約指輪はプラチナとダイヤモンドの組み合わせが一般的で、素材的にどうしても20万円~30万円程度の価格となってしまう商品が多かったものです。
そのため、貴金属メーカーが婚約指輪の金額の目安として「給料の3か月分」というキャッチコピーを考え出し、それが現在でも広く浸透しているのかもしれません。

結婚に際しては、様々な費用が掛かります。結婚式を挙げるなら挙式費用が掛かりますし、二人で暮らす新居を借りるだけでも、敷金や礼金などはまとまった金額になりますし、家具や食器類などもそろえなければいけません。

さらに、新婚旅行に行くなら旅費もかかるでしょう。そのため、婚約指輪の金額を決める際には、そうした先のことも考えたうえで、やりくりできる予算を決めることが大切です。

婚約指輪はオーダーメイドがおすすめ?それとも既製品でもOK?

婚約指輪に限らず、指輪はすでにリングと石が完成されたデザインとして販売されているものを既製品として購入する方法に加え、リングの素材と石と自分で組み合わせてオーダーできるセミオーダーや、デザインからオーダーできるフルオーダーなどの注文方法があります。

予算に余裕がある人ならフルオーダーもアリですが、既製品の中から気にいったデザインのものを選ぶというスタイルが一般的なので、まずは既製品というスタンスで指輪選びをしてみてはいかがでしょうか。

既製品によっては、同じデザインで幅広いサイズラインナップを在庫として抱えているショップもあり、サイズが合えば購入した当日に持ち帰ることも可能です。

選び方や予算って?

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む