2022.7.8

婚約指輪ならティファニーのダイヤ!?

婚約指輪・結婚指輪
プロポーズされたら.com
4037 views

【2022年10月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

ティファニーと比べてみたいブランド

婚約指輪を選ぶのに、ティファニーと迷ってしまうブランドもいくつかあります。例えば4℃(よんどしー)はアクセサリーブランドとして人気がとても高く、品質は良いのに値段はそれほど高くないのが魅力です。また、シンプルなものから凝ったものまでデザインの種類がたくさんあるので、見ているだけでも楽しくなってしまうブランドといっても良いでしょう。4℃が宝飾ブランドとして日本でスタートしたのは1972年のことで、シルバーを基調とした手ごろな値段のジュエリーは現在も若い女性たちから高い人気を集めています。ブランド創業時から変わらないのは、「女性の心を満たしたい」という熱い想いで、多くの女性のファーストジュエリーに選ばれてきました。そんな4℃のブライダル専門店が「4℃BRIDAL」で、ブライダルジュエリーとして高い人気を誇っています。

また、洗練されたデザインが魅力なのはカルティエです。ティファニー、ハリーウィンストン、ヴァンクリーフ&アーペルなどとともに世界5大ジュエラーの一つに数えられ、ここなら間違いなし、という安心感があるのがカルティエです。ティファニーがブルーならカルティエはレッドがブランドカラーで、レッドボックスに入れられた婚約指輪を贈られるのは女性の夢でもあります。カルティエが創業したのは1847年のことなので、ティファニーが宝石事業に乗り出したのと1年違いということになります。カルティエがエドワード7世により「王の宝石商、宝石商の王」と呼ばれたのは有名なエピソードですが、芸術作品のような豪華なデザインのものばかりではなくシンプルなデザインのものもたくさんあります。

それからもう一つ挙げるとすればエクセルコダイヤモンドがあります。ティファニーやカルティエのように知名度は高くないかもしれませんが、実はベルギー王室御用達という由緒正しいブランドです。なんと、2007年にはかの国際宝飾窃盗団ピンクパンサーが略奪したほどなので、そのクオリティーはまさに一級品です。何よりも確かなものを求める人にとってエクセルコダイヤモンドは候補にすべきブランドといって良いでしょう。ちなみに、略奪の際に奪われたのは2億8,400万円相当のダイヤモンドコレクション「シューペルブ」で、その後は窃盗団によって解体されてしまったのだといいます。エクセルコダイヤモンドのクオリティーは、店舗においてある50倍スコープにより自分の目で確かめることができます。きっと、「百聞は一見に如かず」の言葉を実感することができるでしょう。

エクセルコダイヤモンドが研磨工場としてスタートしたのは1800年代前半のことです。ブリリアントカットとはダイヤモンドをもっとも美しく輝かせるこのできるカッテイングとして知られていますが、実はこの技法を発明したのが当ブランドをスタートさせた一族、トルコウスキーの4代目、マーセル・トルコウスキー氏なのです。エクセルコダイヤモンドは今も一族によって伝統が守り続けられています。ダイヤモンドにはGIAまたは中央宝石研究所による鑑定証明書が付けられるのが普通ですが、エクセルコダイヤモンドのダイヤにはサリネレポートと呼ばれる証明書も付けられます。これはイスラエルのダイヤモンド測定分析装置開発製造会社、サリネ社が発行するものです。さらにすごいのはサリネ社が開発したシステムを利用して自分のスマホからダイヤの原石模型を確認できることです。自分の手元でダイヤのクオリティーをしっかりと確認できるわけです。

たくさんのアイテムの中から自分にぴったりの婚約指輪を選んでください。

▽人気のブランドや指の意味についてはこちら

ブランドからつける指まで婚約指輪の知識

1 2 3 4
ウェディング診断
続きをアプリで読む