2019.1.9

0 この記事をクリップ

結局どっちがいいの?ウェディングドレス購入、レンタルのメリット、デメリット

結婚式・基礎知識
adviser
233 views

小さい頃から憧れていた純白のウエディングドレス。花嫁の自分を1番美しく見せてくれる、こだわりの1着を選びたいですよね。

ウエディングドレスには大きく分けて購入とレンタルの2つの方法があり、自分のお財布事情や式場との兼ね合いも考慮しながら検討する必要があります。

今回はウエディングドレスを購入する場合とレンタルする場合それぞれにおいて、費用感やメリット、デメリットをご紹介します。

購入とレンタルの費用感

素敵なドレスに巡り会いたいけれど、できればなるべく価格は抑えたいというのが本音ですよね。ウエディングドレスの購入とレンタルの平均費用はそれぞれどのくらいかかるのでしょうか。

購入(首都圏):29.4万円
レンタル(首都圏):26.2万円
【参考:ゼクシィ https://zexy.net/article/app000000096/.】

ウエディングドレスを購入するとなるととても費用がかかってしまうイメージがありますが、レンタルする場合との差は約3万円と、そこまで大きな差はありません。

費用にはそこまで差はありませんが、それぞれにメリット・デメリットがあります。ウエディングドレスを購入、またはレンタルする場合の、価格以外の付加価値はどのようなものなのかをこれから詳しくみていきましょう。

ウェディングドレスを購入

まずは、ウエディングドレスを購入する場合のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

ウエディングドレスを購入する場合のメリットとはどのようなものでしょうか。

自分だけの最高のウエディングドレスを着られる

自分のサイズ、自分の好みを体現した、自分だけの新しいウエディングドレスを着ることができます。
他の人とウエディングドレスがかぶる心配もありません。世界で1着だけの自分のウエディングドレスが着られることは何よりも大きなメリットでしょう。

何回も着ることができる

海外挙式や2次会を予定しているなど、場所を変えて何度もウエディングドレスを着る予定のある人は、1着購入してしまった方が、何度もレンタルするよりも断然お得でしょう。

ウエディングドレスが手元に残る

購入してしまえばウエディングドレスは自分のもの。結婚式の思い出として残しておいてもよし、自分の子供が生まれたときにベビードレスにリメイクするもよし、その後の使い方は自由です。
中には自分の子供に結婚式で着てもらうために綺麗に保管している人もいますよ。

汚れを気にしなくて良い

レンタルのウエディングドレスを汚したり、破いてしまったりした場合、保証範囲を超えると修繕代を請求されることもあります。購入したウエディングドレスであれば、そんな心配も無用。特に海辺などのロケーション撮影を予定していて、ウエディングドレスを汚してしまう可能性がある人にとって購入は安心でしょう。

デメリット

ウエディングドレスを購入した場合のデメリットはどのようなものでしょうか。

持ち込み料がかかる場合が多い

結婚式場にはそれぞれ提携しているドレスショップがあります。提携ショップ以外のドレスを着る場合、持ち込み料がかかる場合がほとんどです。もちろん自分で購入したドレスを持ち込む場合も例外ではありません。

中には、提携ショップ以外のドレス持ち込みを禁止している会場もありますので、ドレス購入を検討している人は事前にしっかり確認をしておきましょう。

保管、維持が大変

結婚式が終わって、ウエディングドレスを保管しておくとなると、保管場所を確保する必要があります。更に、ウエディングドレスを綺麗に保管しておくためには定期的なクリーニングやケアが必要になります。

購入したは良いものの、保管が大変で売りに出してしまったという人も多いです。

ドレス購入に向いている人

・自分だけのウエディングドレスを着たいこだわり派
・何度もウエディングドレスを着る機会がある花嫁

ウェディングドレスをレンタル

一方で、ウエディングドレスをレンタルする場合のメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。

メリット

まずは、ウエディングドレスをレンタルする場合のメリットを紹介します。

高価なブランドドレスも着ることができる

購入する場合には高額で手が届かないような質の良いブランドドレスも、レンタルであれば借りることができます。
よく名前を聞くような憧れの有名ブランドドレスが手頃な価格で着れるのはレンタルだからこそ。

もちろんサイズも豊富に取り揃えてあり、自分にしっかりフィットするようにお直しもしてくれますので、サイズ面も心配はいりません。

クリーニングやお直しなどの手間がかからない

レンタルであれば、自分でクリーニングをする必要がありません。式に合わせて準備をしてもらい、ウエディングドレスを返却して終了です。手間がかかるクリーニングやお直しは全て業者に任せることができます。

結婚式場との提携ショップであれば割引適用される場合がある

結婚式場との提携ショップでレンタルする場合は割引が適用されることもあります。結果、通常料金よりもお得な価格でレンタルすることができる場合があります。

提携ショップではなく、結婚式場側で割引してくれる場合がほとんどです。ウエディングドレスを選ぶ前に交渉してみる価値はありますよ。

デメリット

では、ウエディングドレスをレンタルする場合のデメリットはどのようなものでしょうか。

他の花嫁の予約が入っている場合レンタルができない

いくら自分が気に入ったドレスでも、先に他の花嫁の予約が入っている場合はレンタルができません。また、結婚式当日以降少なくとも1週間はクリーニングに回ってしまうので、なかなかお目当のウエディングドレスが自分の結婚式当日に空いていないということも起こり得ます。

特に有名ブランドや新作のウエディングドレスは人気が高く、かつお日柄が良い日の結婚式であれば競争率は更に高まります。特に結婚式が迫っている花嫁はどうしても選択肢が狭まってしまいます。

細部までこだわることができない

レンタルのウエディングドレスは基本的には既製品です。「ここのデザインが気に入らないな」、「もう少し違う形が良いのに」と思うことがあっても、希望通りに変更することは叶いません。

数あるウエディングドレスの中から、自分のイメージに1番近いものを選ぶ必要があります。

ドレスレンタルに向いている人

・憧れのブランドウエディングドレスを着たい花嫁
・結婚式後のクリーニングなど、手間をかけたくない忙しい花嫁

まとめ

一生に一度の結婚式ですから、自分が運命の1着だと思うウエディングドレスを着たいですよね。ウエディングドレス選びは、自分の満足のいく結婚式をするための大切なイベントです。

自分にとって優先すべきことは何であるかをしっかりと考え、パートナーと相談しながら、購入とレンタルどちらが良いかを決めていきましょう。この記事が、ウエディングドレスを購入するかレンタルするか迷っている人にとって参考になれば嬉しいです。

クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

【人前式】面白すぎ!演出アイデア30選*周りに差をつけたい花嫁必見

adviser
結婚式・基礎知識

【結婚式】挙式・披露宴のスタイル・タイプ総まとめ*式場決定前に知っておきたい基礎知識

adviser
結婚式・基礎知識

結婚準備の段取り*プロポーズから結婚式・入籍まで!ひと目で分かるスケジュール

adviser
結婚式・基礎知識

【結婚式】人前式の承認演出4タイプ*ゲスト全員の祝福がもらえる!!

adviser
結婚式・基礎知識