2022.7.8

結婚式のプランナーやスタッフへお礼をしたい!披露宴成功の感謝を伝える3つのアイディアと伝え方

結婚の段取り
プロポーズされたら.com
13524 views

【2022年9月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

メールや手紙は後日でもOK

プランナーの方へのお礼として相手の気持ちにも負担になりにくい方法がメールや手紙で感謝の言葉をお伝えすることではないでしょうか。もちろん、心づけやプレゼントと合わせて、メールや手紙で感謝を伝えることもよいでしょう。
プランナーの方と出会い、結婚式を無事に行えたことを感謝するとともに、どのような点が良かったという具体的なお礼のポイントを伝えることもおすすめです。プランナーの方にとっても、どのような点が良かったのかが分かり、今後の参考になることでしょう。

メールや手紙は後日でも構いませんが、できるだけ早めに送るようにしましょう。結婚式の熱が冷めないうちに感謝の気持ちを伝えることが大切ですね。プランナーの方は多くのカップルの式を手掛けています、思い出深いシーンなどを添えて伝えることで、「あのご夫妻の結婚式だ」と印象付けることができるでしょう。

無理強いはせず感謝の気持ちを伝えることが大切

プランナーの方にお礼をしたいと言っても、相手にとって負担となるような方法はいけません。例えば会社の方針で心づけを受け取ることが禁じられているというプランナーの方に、無理に心づけを押し付けることは避けなければなりません。
お菓子なども生菓子だと早く食べなければならないといった問題があり、受け取ることが負担になってしまうかもしれません。また、大勢のスタッフの方がいる中で、プランナーの方だけに高価なプレゼントを贈るのも、あとでトラブルが起こる危険性もありますよね。

好みではないプレゼントを貰ってしまった場合でも、プランナーの方はお客様からのいただきものなので無理にも笑顔で対応することになります。自分の好みを無理に押し付けるようなプレゼントも避けるべきといえます。感謝の押し売りをしてはいけません。

結婚式の準備で何度も顔を合わせ話をするうちに、何となくプランナーの方の人となりを感じることはあるでしょう。この人は何を贈れば喜ぶかな?心づけやプレゼントを受け取ることを禁止されていないかな?など相手の事情も探りながら、どのように感謝の気持ちを伝えることがベストなのかを考えることも必要ですね。

感謝を伝える「お礼」が、相手に気を使わせてしまったり、負担を掛けたりするものであってはいけません。結婚式の締めくくりに、お互いが嬉しい気持ちを持てるよう工夫をしてくださいね。

▽プランナーとの打ち合わせ準備に関する記事はこちら

ウェディングプランナーとの初めての打ち合わせにはどんな準備が必要?

1 2 3 4
ウェディング診断
続きをアプリで読む