2020.5.30

名前刻印をした口紅でブライダルメイクを華やかに◎

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
270 views
続きをアプリで読む

結婚式と言えば、女性にとっては一生に一度の大切な日です。
自分の最高に輝かしい瞬間を新郎や多くのゲストに見てほしいと思うのが女心というものでしょう。

今回は、ブライダルメイクに欠かせないメイクアップアイテムやメイクの方法についてお話ししていきます。

目次[]
  1. プレゼントにオススメ 名前刻印をされた口紅
  2. ブライダルメイクに必要なメイクアップアイテム
  3. 結婚式当日までにメイクや自分磨きの準備を
  4. ブライダルメイクをしてもらう時のポイント
  5. ブライダルメイクを自分でする時のポイント

プレゼントにオススメ 名前刻印をされた口紅

女性だったら1つは持っている口紅。口紅だったらいくつあってもうれしいので、プレゼントとしてもオススメです。しかも、その口紅に自分の名前が刻印されていたら、うれしさは倍増することでしょう。これから結婚する予定のある友達に、また、結婚祝いのお返しに…。結婚式という晴れの舞台を控えた自分への贈り物として…。

口紅は、華やかで実用性もあるメイクアイテムです。口紅に名前が刻印できるということを知らない方もいるのではないでしょうか? 実は、いくつかのブランドで、口紅の名前刻印サービスを行っているのです。

【イヴ・サンローラン】
イヴ・サンローラン ボーテ ルミネ新宿店と公式オンラインショップでは、口紅に好きな文字やモチーフを刻印してもらえます。名入れ対象製品は『ルージュ ヴォリュプテ ロックシャイン』『ルージュ ヴォリュプテ シャイン』『ヴォリュプテランプインカラー』の3シリーズです。

モチーフの種類は『ハート』『星』『キスマーク』、そして2020年7月30日までの期間限定で『ロックシャイン』があります。これらのモチーフと、プレゼントしたい相手や自分の名前や愛称を刻印すれば、とってもかわいい自分だけの口紅が完成します。

結婚式の日付を入れれば、記念の口紅にもなります。

【エスティローダー】
エスティローダーの名前刻印サービスは、多くの女性に知られている定番です。全国のエスティローダーと公式オンラインショップで注文が可能です。刻印できる文字数は『ピュアカラーシリーズ』で英数字8文字以内、『ピュアカラーエンヴィシリーズ』では英数字6文字以内となっています。

どちらも、モチーフを追加することができます。筆記体でつづられた名前とモチーフが豊富な点が人気です。

【クリスチャン・ディオール】
クリスチャン・ディオールでは口紅の他に、フレグランスやヘアミストへの刻印サービスも行っています。文字数は10文字までと多めなので、名前と結婚式の日付の両方を自由に刻印してもらえます。公式オンラインショップでは、ギフトラッピングも無料でしてもらえます。

【資生堂】
言わずと知れた国内のコスメブランド、資生堂でも口紅に刻印をしてくれます。オリジナルモチーフと5種類のフォントを組み合わせて刻印できるのが、ポイントです。
モチーフも1つしか入れられないという決まりが無いので、名前の両脇にモチーフを入れたり、名前と日付の間にモチーフを入れたりと、自由に自分だけの口紅を作ることができます。モチーフは全部で10種類あります。

【ランコム】
ランコムでは、『ラプソリュマドモワゼルシャイン』『ラプソリュルージュ』『ラプソリュルージュラバーズ』の4つのシリーズの口紅に名前の刻印ができます。
文字数は半角アルファベット(大文字)、数字、ピリオド、スペースを10文字まで入れてもらえます。モチーフも6種類と豊富で、ハートや星の定番の他、エッフェル塔やローズといった個性的なもの、Web限定のプードルやハイヒールなどがあります。

【ジルスチュアート ビューティ】
ジルスチュアート ビューティの刻印サービスは、月替わりで誕生石カラーで文字を刻印してくれる点が魅力です。幸せを呼ぶと言われている誕生石カラーで好きな文字を入れてもらえるので、プレゼントとしても喜ばれます。
テキストとモチーフ合わせて10文字まで入れてもらうことができます。モチーフはハートと星、アルファベットの大文字と小文字、数字を刻印してもらえます。

ブライダルメイクに必要なメイクアップアイテム

ブライダルメイクは、結婚式場で行ってくれるところがほとんどですが、自分でこだわってメイクをしたい場合や、パーティー形式などで自分でメイクをする必要がある場合もあります。結婚式に適したメイクアップアイテムには、次のようなものがあります。

【ファンデーション】
結婚式の最中は、主役である花嫁にライトが常にあたっている状態になります。そのため、汗をかいたり皮脂が浮いてしまったりしやすく、化粧が崩れやすい心配があります。ブライダルメイクに適したファンデーションを選ぶ時には、化粧崩れしにくいという点を重視するようにしましょう。
また、しっかり分厚く塗らなくてもシミやくすみをカバーできるものがオススメです。

【アイメイク】
アイメイクは、水で落ちにくいタイプのものを選びます。マスカラやアイライナーはウォータープルーフのものを選べば、泣いてしまっても涙でメイクが流れ落ちることがありません。

【口紅】
新婦は式の間、料理を口にする機会が少ないものですが、乾杯の際のシャンパンやゲストからのお酌など、グラスに口をつけることはあります。そのため、口紅は食事をしても落ちないタイプのものを選びましょう。最近は、赤などの濃い色がトレンドですが、口紅の色はドレスに合ったもの、自分の肌の色に合ったものを選ぶと間違いがありません。

▽ブライダルメイクの関連記事はこちら

ブライダルでは失敗したくない!これだけはおさえておこう、ヘアメイクのポイント

結婚式当日までにメイクや自分磨きの準備を

せっかくの結婚式ですから、いちばん美しい姿でお披露目したいものです。そのためには、結婚式当日までに自分磨きをする努力も忘れないようにしましょう。最近は、多くのエステサロンでブライダルエステのプランが用意されています。結婚式の予定に合わせて日程を組めるところが多いので、結婚式が近いという人でも安心です。

時間的に余裕がある場合、半年くらいかけてエステで少しずつ肌やボディを美しくしていくプランもオススメです。エステでは肌やボディの施術だけではなく、脱毛をしてくれるプランもあります。腕や脚の脱毛をしておけばウェディングドレスも堂々と着ることができますが、脱毛には時間がかかるため、時期や施術日について相談することが大切です。

ネイルやマツエクをする場合には、結婚式が間近に迫ってから行う方が、美しい状態を保てます。結婚式の3日から一週間前が目安です。あらかじめ自分の好みに合ったメニューを決めておきましょう。

また、最近は歯を美しく保つことも注目されています。歯がきれいだと笑顔も美しく見えることから、審美歯科でホワイトニングの施術を受ける人もいます。結婚式に備えて歯のホワイトニングをするのも自分磨きのひとつです。

もちろん、エステに通うだけが自分磨きではありません。当日までにダイエットをしたり、美顔器を使って肌のメンテナンスをしたりと、自分でもできることはたくさんあります。脱毛も、専用の機器を使えば自宅で行うことが可能です。ただ、自宅で脱毛処理を行う場合、肌荒れを引き起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。
また、結婚式が夏や秋口にある場合は、日焼けをしてしまわないよう、普段から紫外線ケアを怠らないようにしましょう。

ブライダルメイクをしてもらう時のポイント

結婚式の当日は、式場で着付けやメイクをしてもらうのが一般的です。式場でメイクをしてもらう場合、どのようなメイクをするのか、前もって打ち合わせをすることができます。できれば当日ではなく、メイクリハーサルをしてもらえれば、失敗が少なく安心です。
いざメイクをしてもらったら、自分の希望していた仕上がりと全く違っていた…などということの無いよう、好みのメイクや髪型をきちんと伝えておくようにしましょう。

メイクカタログや雑誌の切り抜きなど、参考になる写真を持って行ったりして、できるだけ具体的に希望を伝えるようにしましょう。メイクは、オーダーの仕方ひとつで大きく違いが出てくるので、おろそかにしたくないものです。

また、自分の希望するメイクばかりに固執せず、メイクをしてくれる人のアドバイスを聞くことも大切です。プロの目でみて、どんなメイクが合うのか、どうすればその人の魅力を引き出せるかをアドバイスしてくれるので、耳を傾けてみましょう。

また、ウェディングドレスだけではなく、お色直しをしてカラードレスや和装になる予定がある場合は、着替えと共にメイクをどんな風に変えるのかという相談もしておくようにします。ブライダルメイクを式場でしてもらう時のいちばんのポイントとして、コミュニケーションをきちんととることが大切です。

▽ブライダルメイクに関する記事はこちら

結婚式の花嫁ブライダルメイクで失敗しないポイントとは?

ブライダルメイクを自分でする時のポイント

結婚式を挙げるにあたって、自分でメイクをする人もいることでしょう。自分でメイクをすれば、理想通りに仕上げることができるというメリットがあります。自分でメイクをする場合、普段のメイクと結婚式のメイクには大きな違いがあることを覚えておくことがポイントです。

自分でブライダルメイクをする時には、普段よりも濃い目で華やかに仕上げるようにしましょう。また、汗や涙で化粧崩れしないよう、水や皮脂に強い化粧品を選ぶことが大切です。メイクが崩れないようにするために、ベースメイクの手を抜かずにきちんと行うようにします。シミやくすみをカバーし、ファンデーションのノリを良くする上でも、ベースメイクは重要です。

また、ファンデーションを顔だけに塗ると、首やデコルテ部分と肌の色に差ができてしまいがちです。ベースメイクとファンデーションは首や顎、デコルテ部分まで塗るようにし、前もってその部分の産毛の処理も行っておきましょう。目元はウォータープルーフのアイメイクを使い、涙で流れてしまわないようにします。

アイシャドーや口紅の色は、ドレスの色や雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。若々しさやかわいらしさを演出したい時にはピンク系、大人っぽい雰囲気にしたい時にはボルドー系の口紅を選ぶのがおすすめです。
当日、メイクがきれいに映えるよう、結婚式が近くなったら肌のお手入れを念入りにしておくことも忘れないようにしたいものです。準備をしっかり行い、完璧な姿で晴れの日を迎えましょう。

▽新郎のヘアメイクに関する記事はこちら

結婚式の髪型はどうする?新郎のヘアメイク

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む