2020.3.29

人前式はゲストに誓う結婚式の形。おふたりらしい個性的なスタイルや演出で心に残る挙式に。

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
475 views
続きをアプリで読む

自分たちらしいスタイルで結婚式を行いたいと考えるカップルの間で「人前式」が人気となっています。神前で永遠の愛を誓いあう従来の挙式とは異なり、人前式は結婚式に来てくれたゲストに向かい、二人が永遠の愛を誓いあう儀式です。

そのスタイルは様々で、まさしく「自分たちらしさ」が演出できます。

目次[]
  1. 人前式ってどんなスタイル?メリットやデメリットを知ろう
  2. 人前式はどのような流れで行うの? スタンダードな流れを知ろう。
  3. どんな演出なら自分たちらしさが出る? 人前式でおすすめの演出
  4. 親族とは事前によく相談をしてオリジナリティあふれる人前式にしましょう

人前式ってどんなスタイル?メリットやデメリットを知ろう

白無垢姿で神職に立ち合いをしてもらう「神前式」や、ウェディングドレス姿で牧師や司祭に立ち合いをしてもらう「キリスト教式」の挙式では、目前の「神様」に愛を誓いあう儀式となりますね。このため、二人のために集まってくれたゲストに対しては、背を向けて二人は愛を誓いあうことになります。

ですが、人前式ではゲストに対して愛を誓いあうため、儀式はゲストに向かって行います。二人のために集まってくれたゲストに背を向けることなく儀式を行なうのが特徴です。

また、人前式では神職、牧師や司祭といった宗教者をはじめ立ち合いに必要となる人物が不要となります。このため挙式費用を安く抑えられるのです。例えば、キリスト教式では10~25万円ほどの費用が挙式のためだけに必要となりますが、人前式なら5~20万円と、5万円程度はコストが下げられることもあるのです。

人前式は決まったスタイルもないため、衣装をはじめ進行も自由に決められます。ゲスト参加型の挙式にもできますよ。

人前式のデメリットとしては、自由に決められる分「どうしたら自分たちらしいのか」という点で迷うことがあるでしょう。ゼロベースから決めようと思うと、何をどうしたらよいか分り難いですよね。ですが、ある程度「このような流れに」というフォーマットがあるので、その流れに従って自分たちらしさを組み入れていくとよいでしょう。

人前式は現在では人気が高く、若い世代の方なら、ゲストとして一度は出席したことがあるという方もあるかもしれませんが、親族や両親といった年配の方にとっては馴染みがないスタイルかもしれません。理解しがたいと感じる方がいるかもしれません。この点も考慮し「儀式を重んじる」タイプの方がいる場合には事前に相談をしておくと安心ですね。

▽人前式の関連記事はこちら

日本でも人気上昇中の人前式。世界で二人だけの誓いの言葉を

人前式はどのような流れで行うの? スタンダードな流れを知ろう。

ゼロから人前式の流れを考えるのは大変ですので、まずはスタンダードな流れを把握しておきましょう。

1. 挙式場にゲストが入場する

人前式を行う会場に2人の結婚の証人となるゲストが先に入場します。その際受付で記帳をしてもらい、結婚証明書としたり、ウェディングツリーとしてゲストにスタンプや指印を押してもらったりするなどの演出をプラスすることがあります。

2.新郎新婦の入場

ゲストの入場が済んだら、新郎新婦の入場となります。新郎が先に式場に入り、後から新婦が入場するというスタイルを選ぶ方もいます。新婦入場の際には新婦の父や両親、ブライズメイドと一緒に入場するといった演出が行われることがあります。

3.開会の宣言

司会者がいる場合には司会者により人前式の開会が宣言されます。司会者がいない場合には、会場を進行するスタッフの方が宣言を行うことがあります。

4.誓いの言葉

二人が考えたオリジナルの誓いの言葉を読み上げます。

5.指輪の交換

結婚指輪の用意がある場合には誓いの証として指輪の交換を行います。誓いの言葉と一緒に行われることもありますよ。

6.結婚証明書への署名

婚姻届けのように公的な効力は持ちませんが、二人の結婚の証として結婚証明書への署名を行うことがあります。このときに受付で記載してもらった受付簿やウェディングツリーを活用する方もいます。

7.結婚宣言と結婚証明書の披露

署名が済んだ結婚証明書を披露し、ゲストに結婚したことを伝え、ゲストに対して愛を誓います。

8.閉会の宣言

無事に人前式が終了したことを宣言します。

9.新郎新婦退場

晴れて夫婦となった新郎新婦が一緒に退場します。

10.ゲスト退場

ゲストも退場します。

▽こだわりの人前式に関する記事はこちら

お互い秘密で考えた誓いの言葉♡絆を深めた人前式をご紹介します♩

どんな演出なら自分たちらしさが出る? 人前式でおすすめの演出

自分たちらしい人前式を作り上げるアイディアがなかなか浮かばないという方は、先輩カップルが行った人前式での演出を参考にするとよいでしょう。オリジナルグッズで人前式に個性を持たせることもできますよ。

1.ウェディングツリー

ウェディングツリーは葉や花が描かれていない木の枝の絵に、ゲストが指にインクをつけて指印を押すことで「葉っぱ」をつけ、葉が生い茂る1本の木を完成させるものです。指印だけではなく署名や一言メッセージを加えてもらうことで、ゲスト一人一人からのお祝いの気持ちが一枚の絵として残せます。

ウェディングツリーという名称ですが、「木」以外でもアイディア次第でいろいろできます。夏に結婚式を挙げるのであれば、打ち上げ花火を模してもよいですし、クリスマスならクリスマスリースやツリーでもよいですね。春ならあえてピンク色のインクを用意しておき、満開の桜にしてもよいでしょう。

結婚証明書として活用することもできるでしょう。ウェディングツリーの絵の中に新郎新婦が署名をする欄を設け、永遠の愛を誓う言葉も入れるとよいでしょう。

2.ダーズンフラワーセレモニー

12人のゲストが1本ずつ持っている花を新郎が受け取り、12本の花束にして新婦に送るセレモニーです。12本の花にはそれぞれ意味があります。「愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠、感謝、誠実、幸福、信頼、希望」というもので、新郎が新婦に対し一生この12個のことを誓うのです。
バラを使うことが一般的ですが、新婦が好きな花があればそれでもよいでしょう。茎が長い花を選ぶとよいですね。ゲスト参加型の演出となります。

3.オリジナルアイルランナー

アイルランナーはバージンロードに敷く布のことです。生まれてから現在までの思い出を描き、入場してから一歩一歩踏みしめて愛を誓いあう場まで進みます。別々の場所からスタートした2人が、今日晴れて夫婦となることがイメージしやすい演出でしょう。

4.リングボーイ・リングガール

親族に幼い子どもがいる場合には、結婚指輪を新郎新婦の元まで持ってきてもらう「リングボーイ」や「リングガール」として活躍してもらうのもよいでしょう。歩いて持ってきてもらうのもよいですし、まだ歩けない子どもなら小さな乗り物に乗って届けてもらってもよいですね。

5.リングリレー

新郎側のゲスト、新婦側のゲストがそれぞれ1本のリボンを持ち、後方から2人へ、交換する結婚指輪をリレー形式で運ぶ演出です。指輪には触れないようリレーを行うため会場全体で一体感が持て、盛り上がる演出となるでしょう。
ゲスト全員でリングリレーを行うのは難しいかもしれません。あらかじめリングリレーを行うゲストを決めておき、バージンロードの脇に座っておいてもらうのもよいでしょう。

リングリレーで使うリボンの色などには決まりはありませんが、白やベージュが一般的です。他にも縁をつなぐ赤い糸にちなんだ「赤」、サムシングブルーにちなんだ「青」、輝かしい未来をイメージする「金色」などを使う方もいますよ。

6.ウェディングシャワー

結婚証明書に署名した後、新郎新婦退場の際にゲストが新しい夫婦の門出を祝って様々なアイテムを浴びせる演出です。花びらを浴びせるフラワーシャワーが有名ですが、最近ではパールシャワーやリボンシャワー、バブルシャワーなど様々なアイディアがありますよ。
浴びせるアイテムをDIYで作る新婦も多く、自分で作ることで華やかな演出でも低コストで行えると人気です。

7.バルーンリリース

ガーデンウェディングや挙式後屋外に出る会場に限りますが、ゲストに風船を持ってもらい、合図に合わせて一斉に空に解き放つ解放感溢れる演出です。写真映えもする演出となりますよ。

8.オリジナルの誓いの言葉と結婚証明書

誓いの言葉にはある程度定型文がありますが、思い切ってオリジナルの誓いの言葉を考えるのもよいでしょう。自分たちらしさを感じる誓いの言葉は、人前式ならではですね。また新郎新婦だけではなく、両親やゲストも巻き込んだ誓いの言葉もよいでしょう。

誓いの言葉をそのままプレートに刻み、結婚証明書として使うこともできますよ。ウェルカムボードとしてプレートを受付に置き、事前にゲストにこのような誓いを立てることを披露しておいてもよいですね。
新郎新婦の名前を頭文字にした文章で誓いの言葉を作るのも人気です。「あいうえお作文」と呼ばれるもので、オリジナリティが感じられる誓いの言葉として人気です。誓いを忘れないよう、挙式後は部屋に飾るのもよいでしょう。

9.植樹

植樹といっても結婚式を行う会場に木を植えるのではなく、苗木を植木鉢に植え込む儀式です。受付に苗木が入った植木鉢と土が入ったバケツを用意しておき、ゲストに少しずつ土を入れて行ってもらい、最後に新郎新婦が仕上げの土を入れて植え込みを完成させます。

結婚記念樹として二人で大切に育てていくとよいでしょう。木は家族や子孫繁栄の象徴でもあります。結婚式での演出として植樹は今、じわじわと人気が出ているのですよ。

親族とは事前によく相談をしてオリジナリティあふれる人前式にしましょう

オリジナリティあふれる人前式は多くの人の心に残る式にもなります。一方で個性が強すぎて自分たち本位にならないようにすることも大切です。結婚は二人のセレモニーですが、双方の家族にとっても大切なセレモニーであることは忘れないようにしたいですね。

年配の方にとっては馴染みが薄い人前式は、場合によっては「ふざけている」と取られてしまうこともあります。親族に形式を重んじる方がいる場合には、特に事前によく相談をしておくと、挙式後にお叱りを受けるといったことが避けられます。見切り発車で行わないほうが良いでしょう。

多くの人に祝福されて歩みだせるよう素敵な結婚式にしてくださいね。

▽人前式に関する記事はこちら

人前式は自由度が高くて人気!誓いの言葉は内容や演出にこだわってみましょう

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む