2019.12.22

0 この記事をクリップ

結婚式の余興や演出について

結婚式・基礎知識
結婚お役立ち情報
127 views
続きをアプリで読む

新郎新婦の友人達が有志を募って行う余興は結婚式の定番となっていますが、最近ではこの余興に変わる演出を行うカップルが増えています。その理由としては余興をやって欲しい……と頼みづらいという理由や、余興に割く時間が無い等の理由が上げられています。
面白い演出でムービーやダンス、歌を披露する余興は友人達の努力があってこそ成立するものですよね。ですので、友人に負担に掛けない為にも余興はやらずにゲスト全員にリラックスして食事や会話を楽しんでもらえる演出を選択するようです。

今回は、結婚式におすすめな余興や演出について紹介していきます!

ムービーの上映

最近は新郎新婦が自作でムービー等を作成して余興として流す事が多くなっています。写真と音声で、カップル2人のプロフィールを紹介する様な所謂プロフィールムービーを作成して流します。

このプロフィールムービーを通してゲストに、新郎新婦がどんな生い立ちを送ってきたのかを紹介するような仕上がりになります。
新婦の方に呼ばれたゲストは新郎の事をよく知らない人もいますし、新郎に呼ばれたゲストは新婦の事をよく知らない人がいますよね。ですので、新郎新婦の生い立ちから、カップル2人が出会うきっかけまでのエピソードを簡単にムービーにまとめるのです。

学生時代の写真等が登場し、挙式会場からは懐かしい!との声が聞こえたり、これまでの想い出を思い返して涙を流すゲストもいます。
筆者は友人のプロフィールムービーに友人と映った写真が登場して号泣してしまいました。後日、友人にプロフィールムービーの事について聞いた所、自作したと言っていて驚きました。クオリティが高くてプロが作った物だと思っていたからです。
勿論プロに頼んで作成してもらうカップルもいますが、多くのカップルは結婚式費用の節約の為に自分達で作成するようです。

余興の代わりの演出にゲスト参加型のゲーム!

結婚式の演出や進行は新郎新婦の自由です。挙式も披露宴も新郎新婦の希望で進行されますので自分達で演出を選べます。先程紹介した余興なしの披露宴の場合も余興に割く時間を様々な演出に代えられるのです。
余興なしの披露宴の場合、空白になる時間は約7分~20分程です。この間もゲストに楽しんでもらう為の様々な演出があります。ゲスト全員が楽しめるゲームは定番かもしれませんね!

通常の数字が1列揃うと当たりのビンゴや新郎新婦のエピソードを当てるビンゴ等もある様です。こちらの場合は、2人の想い出やラブラブエピソードを当てるというビンゴになっていて、思わず2人のエピソードにくすっと笑ってしまいそうなエピソードもあるようですね。

筆者の兄は余興でビンゴゲームを行ってなんと1等の賞品を貰った事があります。1等の商品はなんとディズニーリゾートのチケットでした。
なんとも豪華な賞品で驚きましたが全員が楽しめる参加型のゲームは盛り上がる事間違いないですし、ゲスト皆が喜ぶ賞品が貰えるかもしれないという点も良いです。

▽余興に関する記事についてはこちら

披露宴での余興を頼まれた・・・おすすめアイデアやNG演出をご紹介

華やかで幻想的なキャンドルリレー

ゲームはちょっと……と思うカップルにはキャンドルリレーは如何でしょうか?キャンドルリレーとは新郎新婦が持つキャンドルで各テーブルの代表者1名がキャンドルに火を灯した後、テーブル内でリレーをして、全員のキャンドルに火が灯った後でゲストの代表者の1人がメインテーブルの新郎新婦のトーチに火を灯すのです。
トーチの火でメインキャンドルに火を点火します。そして最後は司会の合図と共に全員で一斉に火を消します。なんとも幻想的な演出ですよね。

キャンドルリレーもゲスト全員が参加出来る演出となっていますので全員で楽しめますし、キャンドルの火が灯り、消える瞬間も綺麗で美しいものです。
ただし火を扱うものですので注意が必要です。小さいお子様がいる際は手が届かない所に置いて細心の注意を払って下さいね。

ゲストへ幸せのお菓子を配るドラジェサービス

火を使うのはちょっと……と思う人にはドラジェサービスはどうでしょうか?ドラジェとは幸せを祈るフランスのお菓子でアーモンドを砂糖でコーティングした物です。
アーモンドの木が実をたくさん付ける事から、多くの幸せを運ぶ意味や子孫繁栄などの象徴とされているのです。

ですので、お祝い事にはぴったりのお菓子ですよね。実際にフランスやイタリアではこのドラジェを5つ程包んで贈る習慣がある様です。こちらのドラジェを配りながらゲストとお話しするのも素敵ですよね。
挙式では新郎新婦とはあまりお話しは出来ません。2人は主役なのでとても忙しいのです。筆者も、友人の結婚式の際に新婦である友人とは一言二言しか話せなかったので、このドラジェサービスはゲスト1人1人と会話が出来て良い演出だと感じました。

多くのゲストを呼ぶ際にはあまり時間を割けない可能性もありますが、余興をしないというカップルはこのドラジェサービスもお勧めです。

最近トレンドのインスタ映え演出

次に紹介する演出はトレンド感満載の果実酒作りです。こちらの演出は最近話題となっている果実酒をゲストと新郎新婦で作るといった演出なのです!
ゲストの各テーブルに果実や角砂糖を置いて、新郎新婦が持っている瓶に入れます。ゲストの各テーブルに周り終わったら最後に新郎新婦がお酒を入れて完成です。

フルーツを入れるだけで簡単ですし、瓶はお洒落な物にして果実をカラフルな物にするとインスタ映え演出となる仕上がりになるでしょう!

インスタ映えと言えば、新郎新婦がゲストの角テーブルを回りゲストと一緒に写真を撮るフォトラウンドも人気の演出となっています。
この演出はゲストが確実に新郎新婦と写真が撮れるという所が最大の利点ですよね!

撮影用の小道具等を用意するとより華やかな写真に仕上がりますのでゲストからも喜ばれますし、写真を撮る際に新郎新婦との会話も楽しめます。

感動的な演出のサンクスバイトとラストバイト

幸せのお裾分けのウエディングケーキは、ケーキ入刀やファーストバイトだけではなく、様々な演出に使用出来るのです。サンクスバイトはゲスト中から、新郎新婦に縁のある方を1人ずつ選び、ケーキを食べさせてあげる演出となっています。
この際ゲストを選ぶ時はお世話になった方や2人にキューピットになった方を選ぶと良いでしょう。また新郎新婦の親友にお願いするのも良いですね!

次にラストバイトですが、ラストという名前の通り、新郎新婦のお互いの母親にケーキを食べさせてもらうという演出です。これには親から子供への食べ収めという意味合いが込められているのです。
今まで食べさせてくれた母親に最後にケーキを食べさせてもらうという感動的な演出ですよね。

大人になってからは母親に食べさせてもらう事は無いので少し気恥ずかしいですが、この演出で感謝の気持ちを伝えてみるもの良いでしょう。

お酒好きのゲストには最適!ビール・おつまみサーブ

ゲストの中にお酒好きが多くいるという方には、新郎新婦がビールとおつまみをゲストにサーブするという演出がお勧めです。新郎がビールサーバーを担いで新婦がおつまみを持つというスタイルが定番となっています。
主に新郎側のゲストに人気な演出ですよね。男性の多くはビール好きが多いので会場は盛り上がりますし、ビールが飲めないというゲストにはカクテルやジュースで対応が出来ます。

ただし、お酒は節度が大切です!飲み過ぎてダウンしてしまうゲストも中にはいる可能性がありますので、ゲストをよく見極めて演出を選びましょうね。

スイーツ好きには嬉しいデザートビュッフェ

デザートビュッフェの演出は見た目も華やかですし、甘い物が好きな人にはとても嬉しい演出ですよね。ゲストが好きなデザートを取って良いので、甘党な女性や男性は感動してしまいそうな演出です。
デザートの種類は様々ありますが、ケーキ入刀をしたウエディングケーキやマカロン、ムースやゼリーを入れたヴェリーヌ、チョコレートファウンテン等が選ばれる事が多いです。

こちらのデザートビュッフェの演出も良いのですが、それ以上に盛り上がる演出は新郎新婦の新郎新婦がデザートを取り分けてゲストにサーブするというケーキサーブという演出も人気です。
新郎新婦がコック帽子やミニエプロンをして登場するとより会場が盛り上がるでしょう!デザートビュッフェの演出がなくても、ウエディングケーキで同じ演出をする事も可能です。

ケーキ入刀したウエディングケーキを一旦下げてゲストの人数分に切り分けて、新郎新婦がケーキサーブを行うのです。
通常は式場スタッフが行う事ですが、新郎新婦がサーブすればそれだけで演出となるのです!

▽サプライズ演出についてはこちら

結婚式にサプライズで演出したい!相手を感動させられるアイデア

ゆっくりとゲストと会話を楽しみたいという方には

先程も触れましたが、結婚式での主役は新郎新婦です。2人は挙式でも忙しいのでゆっくり話している時間はないのです。もう少し新郎新婦とお話ししたかったなと思ってしまうゲストも多いのではなのでしょうか。
ですので、余興はせずにゲストとの会話を楽しみたいという方もいらっしゃいます。余興はせずに、ゲストと写真を撮ったり会話を楽しんだりしたい方には、思い切って余興はしないという選択肢もあります。

結婚式には親族や友人がゲストとして結婚を祝ってくれる席ですので、昔話に花を咲かせながらお酒を呑んだり、美味しい食事を頂いたりも出来るので非常にアットホームな雰囲気となります。
友人達には来てくれたお礼を述べても良いですし、近況報告をする等して会話を楽しみましょう!

ご紹介してきました結婚式の余興や演出についてですが、自分達の理想に合ったものをよく考えて選びましょう。主役は新郎新婦のお2人だという事を忘れないようにして下さい。
ですが、結婚式に招くゲスト達をもてなすのも2人の大きな役割となっています。

2人の結婚式が素晴らしいものだったと言ってもらえる様な素敵な結婚式を目指して下さいね!

▽演出にこだわった結婚式についてはこちら

青空のもとバルーンリリースの演出も♡真っ白のチャペルでの挙式をお披露目♩

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む