2019.11.22

低料金で結婚式・披露宴をするならスマ婚がおすすめ

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
1648 views
続きをアプリで読む

結婚式・披露宴にまつわるサービスを行っている業者はたくさあります。
例えば、結婚式場・披露宴会場を運営するホテルやレストランなどもありますし、これらの結婚式場の紹介を中心とした結婚情報を提供するゼクシィハナユメのようなサービスもあります。

さまざまなサービスがあるなかで、スマ婚とは専属のプランナーとともに結婚式場を探すことから、挙式までの準備をワンストップで提供するプロデュース会社です。つまりスマ婚を活用すると、結婚式・披露宴に必要な準備のすべてをプロデュースしてくれるのです。

目次[]
  1. スマ婚の特徴
  2. 自己資金1万円で結婚式が挙げられる!?

スマ婚の特徴

スマ婚の大きな特徴は、結婚式の費用を抑えられることです。
スマ婚のスタッフは結婚式や式場に関して数多くの実績があるため、無駄なコストを徹底的に削減する、結婚式場の割引期間を利用する、中間マージンを不要にするなどの工夫をすることで、新郎新婦が直接結婚式場を予約するよりも、低価格で利用できます。このため、なるべく安い費用で結婚式を挙げたいカップルに、人気のサービスです。

低料金の秘密は、徹底的に無駄なコストを削減したことです。結婚式場の運営は結婚式場の建物を建設しなければいけませんし、建物の維持管理も必要となり、莫大な費用がかかります。これらの費用は、結婚式代として上乗せされます。
さらに、演出や生花の代金など、さまざまな付加サービスの料金も必要となります。これらには専門業者が行うことも多く、仲介料として中間マージンも費用に加わるので、どのサービスも高額です。

このため結婚式といえば、お金がかかるものというのが常識でした。しかしスマ婚ではこのような従来の仕組みを見直し、中間業者など不要なサービスを全て切り捨てることで、新郎新婦が本当に望む結婚式を適正価格で提供することに成功しました。

同じ内容の結婚式を、新郎新婦が直接式場を利用した場合と、スマ婚を利用した場合との金額を比べると、スマ婚を利用した方が100万~150万円ほど安くなるのが一般的です。
安いからといって、サービスの質を落とすのではなく、自社の結婚式場・披露宴会場を持たないこと、中間マージンなどの余計な費用を落とすことでコストを大幅削減し、良質なサービスを低価格で提供しているのです。

▽結婚式の予算に関する記事はこちら

結婚式の貯金はどのくらいあればいい?結婚に関する理想資金

またスマ婚では、提携しているドレスブランドや宝石店の割引クーポン、引き出物や事前撮影の優待プランなども用意されており、これらを活用するとさらにお得です。

そして、挙式費用をリーズナブルにできるよう、スマ婚では持ち込み料無料のサービスも行っているのも大きな特徴の1つです。
一般的な会場では、ウェディングドレスや引き出物などを新郎新婦側で用意すると、持ち込み料がかかります。

実際のところ、披露宴に必要なアイテムをこちらから持ち込むと、かなり料金を抑えることができます。
ウェディングドレスや引き出物の他にも花嫁のブーケ、招待状やメニューなどのペーパーアイテム、司会者、カメラマン、両親へ手渡す花束などなど……。
これらをこちらで手作りしたり、安い価格で購入したり、司会やカメラマンを友人にお願いすることで節約できるのです。しかし持ち込み料がかかるので、こちらで用意してもあまり節約にはならなかったのです。

この悩みを解消したのがスマ婚です。スマ婚は持ち込み料が無料。節約はもちろんですが、お母様が着た思い出のウェディングドレスや、手作りのドレスなど、花嫁さんにとってはウェディングドレスは最大のこだわりどころです。
引き出物もこちらで心を込めて用意したいと希望する新郎新婦も少なくありません。これらの持ち込み料が無料なのは、とても嬉しいサービスではないでしょうか。

自己資金1万円で結婚式が挙げられる!?

スマ婚は、後日払いに対応しているのもメリットです。スマ婚の後日払いとは、事前に支払う費用は1万円だけで、残金は結婚式の当日に支払うサービスです。
こうすることで、自己資金が1万円しかなくても、結婚式の準備を始めることができます。挙式の日までコツコツお金をためて自己資金を増やすとともに、結婚式でゲストから頂いたご祝儀を費用に回せるのが強みです。

資金不足で結婚式を諦めていたカップルでも、挙式が実現するのは大きなメリットです。結婚式はかなりの金額が必要となりますから前払い制をとっている結婚式場が多いので、後日払い制はとても助かるサービスといえるでしょう。

スマ婚によると、お金がないからという理由だけでなく、結婚式の費用を安くして新婚旅行にお金をかけたい、マイホームの購入費用に充てたい、今後のために貯金して起きたい……などの理由で、後払いを選ぶ人も多いとのことです。

ただし、後日払いにはデメリットもあります。ご祝儀が思うように集まらなかった場合などに、資金不足になる心配があることです。
資金が足りなければ、お金を自分たちでかき集めなければいけません。資金不足に陥るリスクがあることを、頭に入れておきましょう。

また、多くの人が心配するのが、打ち合わせ時の金額よりも費用が高くなるのではないか?という点です。しかしスマ婚では最初に予算を聞いて、予算内に収まるプランを提案してくれます。

そして、最終的に新郎新婦が納得した内容から算出した、見積額が決まります。その後、打ち合わせごとに金額が上がるという営業手法は行っていないので、見積額よりも多く請求されることはないので安心です。

▽披露宴の予算を抑えたい!関連記事はこちら

費用を抑えての結婚をお考えの花嫁さまへ♡運命のウェディングドレスが見つかるまで..*

スマ婚のサービス内容を見る

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む