2019.9.30

0 この記事をクリップ

結婚式の招待状は早めに準備が基本!手順を確認しておきましょう

結婚式・基礎知識
結婚お役立ち情報
367 views

結婚式は新郎新婦の身内だけでなく、仕事関係の方や友人などお世話になった方にも出席してもらう方が多いです。
結婚式に来てもらいたい人には、前もって「招待状」を贈るのが一般的となっています。
招待状って何をすればいいのか、結婚式を何回も挙げる人はほぼいないでしょうから、未経験の方ばかりです。
わからないことだらけでも、相手に失礼のないように準備をするのがマナーとなっていますから、しっかりと手順を知っておきましょう。

・結婚式の招待状は4ヶ月前くらいから準備を始めましょう

まず招待状の準備は早めが基本です。
だいたい挙式の4ヶ月前くらいから始めるようにしてください。
結婚式場のプランナーからも早めに準備をするように言われるはずですが、目安として4ヶ月くらいから準備をすることを覚えておきましょう。
何を準備すればいいかというと、まずは招待客のリスト作りから始めてください。
リスト作りの際は、必ずご両親などに誰を招待するかきちんと確認しましょう。
結婚式は新郎新婦だけのものではなく、家同士のものでもあります。
招待するのを忘れてしまい、後でごめんなさい忘れてました、と謝るでは済みません。
一生付き合っていく親戚の方は、誰を招待するか必ずご両親に確認をしてください。
親戚以外ならば、職場関係の人や友人など新郎新婦がお世話になった方や招待したい人をリストアップしましょう。
このときにただ呼びたい人をリストアップするのではなく、新郎新婦で招待客の数を合わせるようにしてください。
新郎側が多くて新婦側が極端に少ないと、バランスも悪いし費用の折半時にも揉める原因となります。
どうしてもお祝いに来てほしい人がいる場合は、二次会のみ招待するなどで調節してみましょう。

▽結婚式の準備期間についてはこちら

結婚式の準備期間はいつからがいい?手順をカウントダウン形式で紹介

・招待状を渡す前に、口頭で出席できるか確認を

招待客が決まったら、招待状を渡す前に口頭で結婚報告と出欠確認をしてください。
なかなか会えない相手には電話やメール・SNSでも大丈夫です。
結婚が決まったことと結婚式を挙げる日にちを伝え、出席してもらえるか聞きましょう。
ここで出席できると言われたら、招待状の準備をします。
何も聞かずにいきなり招待状を渡したり郵送することは避けましょう。

・招待状の発注は3ヶ月前には済ませる

出席の確認が取れたら、人数分の招待状を発注しましょう。
外注でも手作りでも、発注してから手元に届くまで時間がかかります。
だいたい式の3ヶ月前くらいには、発注を済ませておきましょう。
予定している招待客の数よりも、10部くらい多めに発注しておくと、書き損じや後で招待客を増やしたいと思ったときに便利です。

・招待状と一緒に入れるもの

手元に届いたら封筒に必要なものを1つずつ入れてください。
招待状・切手を貼った返信はがき・会場案内図は必ず全員に入れます。
受付や余興・友人代表挨拶などを頼む方には、別に付箋を入れるのがマナーです。
小さなメモくらいの大きさでかまいませんので「当日○○(お願いする係)をお願いします」など、一言添えて同封しましょう。
封筒に入れるときには、相手が封筒を開けたときに招待状の表が見えるように入れてください。
封筒には相手の名前を書きます。
印刷でもいいですが、手書きの方がいいとされているので、丁寧に手書きで書くようにしてください。

・できるだけ手渡しするのがマナー

招待状を渡す方法としては「手渡し」か「郵送」になります。
できるだけ手渡しをするのがマナーです。
職場の上司など目上の方は特に手渡しの方がいいでしょう。
遠くに住んでいるなど、どうしても手渡しするのが難しい場合は郵送でも大丈夫です。
郵送する場合は、事前に郵便番号・住所を聞いて、間違えのないように書いてください。
特にマンション名やアパート名などを省略する人がいますが、場合によっては届かないこともあります。
必ずマンション名やアパート名を聞いて、町名・番地まで省略せずに教えてほしいことを伝えてください。
手渡しの場合でも、名前に間違いがあると失礼です。
特に漢字の間違えはよくあるので、間違えがないか渡す前に確認しておきましょう。

・郵送の場合は発送日にも気を付けて

招待状を郵送する場合は、だいたい式の2ヶ月前くらいまでには済ませましょう。
その時に発送日にも気を付けてください。
結婚式の招待状の場合、大安や友引などに発送するのが一般的です。
年配の方だと特に、発送日と投函日が仏滅だと気にする方もいます。
お盆やお彼岸も避けた方がいいです。
発送する前に今出すといつ相手に届くか、逆算して確認しましょう。
招待状の発送の場合、郵便ポストではなく郵便局の窓口に直接出してください。
そのときに今日出すといつ相手に届くか、確認しておくと安心です。
ちなみに招待状の封筒と返信用ハガキに貼る切手は「慶事用切手」を貼りましょう。
これはお祝い事専用の切手で、結婚式の招待状にはこれを貼るのがマナーです。
郵便局の窓口で「御祝い用の切手」「慶事用の切手」と言えば購入できます。
招待状の大きさや同封したものの重さによって、82円か92円か切手の料金も変わるので、窓口で重さを計ってもらってから出しましょう。
発送が済めば、あとは相手から返信用ハガキが届くのを待つだけです。

・外注と手作り、どちらが安い?

結婚式の招待状は、業者に外注する方法と自分たちで全て手作りする方法があります。
挙式と披露宴だけでけっこう費用がかかるので、できるだけ安く済ませたいという方も多いでしょう。
安く済む方法を選びたいと、どちらがいいのか悩む人もよくいます。
実際にどちらが安いかというと、招待状キットだけで見れば断然手作りです。
招待状1部につき約100円は安く済みます。
ただしこれはあくまでも「キット代のみ」の価格です。
手作りの場合はキット代プラス他のものの出費もかかると思ってください。
自分で手作りする場合、招待状キットを購入してそれに印刷します。
パソコンでレイアウトを考えて、テンプレートに沿って文章を考えて、プリンターで印刷するのが一連の流れです。
デザインやレイアウト・テンプレートまで一式でダウンロードできるキットが無料で配布されていたり、購入することができます。
もし有料ならばそれの購入費用がかかりますし、印刷するときのインク代が意外とかかるものです。
そして印刷ミスをしてしまったら、新しいキットを買いなおしてまた印刷しなくてはいけません。
手作りだと業者が印刷するほどきれいにはできないでしょう。
キット自体が安い分、手間暇がかかりミスをする可能性もある、というのが手作りのデメリットです。
その点業者に頼めば少し高くなりますが、ミスをして余計に費用がかかる心配も印刷する手間暇もありません。
費用で考えるならば断然手作りが安いですが、ミスや手間暇を省きたいならば業者に外注したほうがいいというわけです。

・外注と手作りどちらも取り入れている人も多い

招待状については、外注と手作りどちらも取り入れている人も多いです。
例えば上司や親せきなどの分は外注して、友人の分は手作りという方法もあります。
また外注の場合は、頼めば宛名書きまで印刷や毛筆手書きでお願いすることも可能です。
しかし1部100円からと費用がかかるので、招待状の印刷は外注して宛名書きは自分たちでする、という方も多く見られます。
式場によって対応してくれるか差がありますので、外注と手作りを分けることができるのか確認してみましょう。
少しでも安くしたい、自分たちのこだわりをいれた招待状を作りたい場合は、外注と手作りを使い分けるという方法もあります。

▽手作り招待状のアイディア記事はこちら

招待状アイデア12選|あ、コレ真似したい!が見つかる実例&作り方

・全て手作りにしたいならば持ち込み料の確認を!

招待状を全て自分たちで手作りしたい場合は、準備を始める前に担当プランナーに必ず確認してほしいことがあります。
それは「持ち込み料」についてです。
その式場と提携している業者以外に外注したりアイテムを持ち込むと、持ち込み料がかかるところが多く見られます。
招待状についてもそれは変わりません。
例えば招待状1部につき100円の持ち込み料がかかります、と決めているところもあります。
せっかく手作りにして費用を抑えても、持ち込み料を入れたら外注と値段が変わらないこともよくあるのです。
手作りではなく、自分たちでインターネットで業者を探して外注する場合も同じように持ち込み料がかかることがあります。
また手作りでも条件を設定している式場もあるので気を付けましょう。
新郎新婦が手作りしたものは無料で友人など他の人が作ると持ち込み料がかかる、などです。
手作りの場合はいくらかかるのか、提携していない業者に外注してもいいのか、しっかり確認するようにしてください。

・間近になって慌てないように早めに準備を徹底しましょう

招待状は準備にとても時間がかかるものです。
招待客のリストアップから始めて、発注、発送準備まで、全て式の2ヶ月前には終わらせなくてはいけません。
そんなに時間はかからないだろうと思うかもしれませんが、新郎新婦で招待客の人数の調整をしたり、親戚はどのくらい呼ぶかなど、新郎新婦だけで決められないこともあるからです。
また招待状の準備以外にも、新郎新婦の衣装合わせや会場のコーディネート決め、ウェディングケーキはどのような飾りいするか、BGMを決めるなど、式場の人との打ち合わせも同時進行しなくてはいけません。
結婚式の準備は、このように招待状の準備だけでなく他のことをいくつもやりながら進めていくものです。
そのため、全て早めに準備をしてどんどん進めないと、結婚式当日に間に合わなくなってしまいます。
間近になって慌てないように、何事も早めに準備を徹底しましょう。
自分たちだけではなく、家族や職場の人、友人など多くの人と過ごすのが結婚式です。
周りの人に迷惑をかけないように、そして素敵な式になるようにしっかり準備してください。

▽結婚式までのスケジュールについてはこちら

【プランナーに聞いた】結婚準備のスケジュール?10ヶ月前から結婚式後まで!

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

入籍後にやること*苗字が変わる女性が行うべき11の手続きまとめ

adviser
入籍手続き

結婚手続き*入籍・引越しするときの最短コースで二度手間回避!!

adviser
入籍手続き

婚姻届受理証明書は休日でも発行してもらえる?婚姻届を出す前に知っておきたい知識

adviser
入籍手続き

婚姻届の証人がいない場合の対処法5つ*代筆はOK?

adviser
入籍手続き

入籍時に必要になる手続きって?住所変更・会社への申請・ライフライン手続きなど総まとめ*

adviser
入籍手続き