2019.9.30

0 この記事をクリップ

結婚式招待状の返信マナーとメッセージ文例をご紹介

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
257 views

結婚式の招待状を受け取ったら出欠の返信をしないといけないのですが、初めてだとどのように記入して返信すればいいのかわからないものです。マナーもあるでしょうし、気の利いたメッセージも添えたいけれどどう書けばいいかなと悩んでいる人も多いです。ここでは、結婚式の招待状の返信マナーと、メッセージの書き方などをご紹介していきます。いろんな文例もご紹介しますので、参考にしてください。

▽招待状の返信マナー関連記事はこちら

結婚式の招待状が届いたときの返信メッセージはどう返す?

返信はいつまでに出すのがマナー?

招待状を受け取ったら、返信はできるだけ早めにするのがマナーです。目安としては、1週間以内です。
期日がまだ先だからそれまでに送れば良いかと考えている人は多いですが、招待した側はこの返信を元に料理や引き出物の数を決めたり席次を決めたりしますので、出欠どちらか早めに返事をしてあげるのが招待側にとってありがたい対応です。
もし、何らかの事情があって返信が遅れそうな場合は事前に電話やメールで知らせておくようにしましょう。出席する場合は、受け取ってすぐに返信しても何ら問題はありません。
しかし、欠席する場合はすぐに返事をすると「全然出席の検討をしてくれなかったのかな」と思われてしまうので、1週間くらい間を開けてから返信するようにしましょう。

返信はがきの書き方は知っていますか?

招待状には返信はがきが同封されています。普段から仲が良く、結婚することも早くから知っていたからメールか電話で返事しておいたら良いかとそれで済ませようとする人もいますが、これはマナー違反です。
返信はがきが同封されていたら、そのはがきで返信しましょう。

返信はがきには書き方があります。社会人であれば正しい書き方を知っておきましょう。
まず、表の宛名の書き方ですが、返信はがきでは表面に新郎新婦の住所と氏名が印刷されています。氏名の下には「行」や「宛」と書かれていることが多いです。その場合は二重線で消し、「様」に変えます。
縦書きの場合は縦に線を引き左側に「様」と書きます。横書きの場合は横に線を引き下に「様」と書きます。二重線は定規を使って引くと丁寧です。

次に裏面の書き方です。裏面は出欠と名前、住所を書くところがあります。出欠のところは、出席か欠席どちらかを〇で囲みます。
それだけでなく、「御出席」や「御芳名」「御住所」にある「御」、「御芳」を二重線で消します。そして、出席の場合は出席に〇をして、さらに「慶んで(喜んで)」出席「させていただきます」と書き加えるようにしましょう。
欠席の場合は、「残念ながら」欠席「させていただきます」というように書くと良いでしょう。基本的には御や御芳は二重線で消しますが、「寿」という文字で消す方法もあります。
「寿消し」という方法ですが、より丁寧になります。しかし、新郎新婦の名前に「寿」という文字がある場合はこの方法ではなく、二重線で消しておきましょう。

▽結婚式の招待状返信マナーの関連記事はこちら

《結婚式招待状の常識的返信マナー》LINEは失礼になる?親しい友人への返信例!

返信にはひとことメッセージを添えて

<img

出欠確認のはがきなのですが、それだけだと何となく味気ないものです。事務的な感じもしますから何かひとこと添えたいものです。
返信はがきのどこに書けば良いかですが、はがきにメッセージ欄があればそこに、ない場合は出席と囲んだ文字の下の余白部分にメッセージを記入しておくと、受け取った側もうれしいものです。
限られたスペースなので一言、二言で十分ですから、お祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。

メッセージの文例をご紹介

返信はがきにお祝いメッセージを記入する時は、だらだらと長い文を書く必要はありません。ここでは、いくつか文例をご紹介しておきますので、参考にしてください。まず、友人に対しての文例です。

・ご結婚おめでとうございます。素敵な結婚式になりますように!
・結婚おめでとう!ついに彼と結婚だね!〇〇ちゃんのドレス姿、楽しみにしてるよ!
・ご結婚おめでとう!準備で忙しいと思うけど体には気をつけてね!

友人に対してなので、くだけた表現でも問題はないでしょう。
次に、会社の同僚に対しての文例です。

・ご結婚おめでとうございます。お招きいただきありがとうございます。当日を楽しみにしています。
・ご結婚おめでとうございます。結婚式が待ち遠しいです。○○さんの花嫁姿を楽しみにしています。

会社の上司や先輩に対しての文例は、

・ご結婚おめでとうございます。お招きいただき光栄です。○○先輩の晴れ姿を楽しみにしております。
・ご結婚おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。お二人のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

では、部下や後輩の場合はどうでしょうか。

・〇〇くん、ご結婚おめでとう!喜んで出席させていただきます。お二人の末永い幸せをお祈りします。
・〇〇さんこの度はご招待ありがとうございます。結婚式では会社と違う○○さんが見られることを楽しみにしています。

親族の場合はどのように書けば良いでしょうか。

・○○ちゃん、結婚おめでとう!喜んで出席させていただきます。小さかった○○ちゃんが結婚すると思うと感慨深いです。当日を楽しみにしています。
・○○くん、ご招待ありがとう。二人の幸せそうな顔が思い浮かびます。晴れ姿を楽しみにしています。

これらはほんの一例です。会社関係の上司や先輩に対しては言葉遣いに気をつけてお祝いのメッセージを書くようにしましょう。
また、ここでは読みやすさを考えて句読点をつけていますが、実際の結婚式の招待状の返信はがきでは文章に句読点は打たないのが決まりです。
お祝いごとに「終止符を打たない」と言われているからです。ですから返信はがきにメッセージを書く時はこの点を十分気をつけて書くようにしてください。

欠席の場合はメッセージなし?

やむを得ない事情で欠席する場合は、欠席の知らせだけをして特にメッセージは書かなくて良いのかというとそうではありません。
欠席することのおわびと、結婚をお祝いする言葉を添えて返信するようにしましょう。文例をいくつか挙げておきます。

・ご結婚おめでとうございます。せっかくお招きいただきましたがあいにく先約と重なってしまい、どうしても調整することができませんので欠席させていただきます。
・ご結婚おめでとうございます。せっかくご招待いただいたのに残念ですが出産を控えているため欠席させていただきます。素敵な結婚式になりますよう心からお祈り申し上げます。

これらはすでに予定が決まっていて出席できない場合の文例です。他に、自身が病気であるとか身内の不幸で出席できない場合は、具体的な理由は述べないようにします。

・この度はご結婚おめでとうございます。やむを得ない事情によりせっかくお招きいただきましたが欠席させていただきます。お二人の幸せを心よりお祈りしています。

というようなメッセージを添えておくと丁寧です。出産で欠席する場合はおめでたいことなのでそのまま伝えても良いですが、喪中の場合はお祝いごとに水を差すことになるのであえて理由は述べないのです。
受け取った側も、「やむを得ない事情」と書かれていたら、そのあたりを察して、しつこく理由を聞いたりするのは止めた方が良いでしょう。

▽結婚式を欠席する際の返信記事はこちら

結婚式を欠席するときの招待状の書き方|返信マナー&メッセージ文例

招待状の返信で書いても良いこと、良くないこと

結婚式の招待状の返信で、どうしても伝えたいこと、お願いしたいことを書いても良いのか迷うことがあります。例えば食物アレルギーがあって除去して欲しいものがあるとか、どうしても食べられないものがあるのでそれは外して欲しいといったことです。
最近では、返信はがきにアレルギー記入欄が設けられていることもあるようですが、あればそこへ書けば良いですし、もし無くてもアレルギーに配慮して欲しいとか、苦手な食べ物があるということは記入しても失礼ではありません。
ただし、手間をかけることになるので「申し訳ありませんが」と一言添えるのがマナーです。

この他に、体調等で不安がある場合、配慮をして欲しいことがあれば記入しても良いのか迷います。例えば妊娠中で体調に不安があり、できれば入口近くの席にして欲しいということは伝えても大丈夫です。
お願いがあります、と断って記入しておきましょう。相手に大変な負担をかけるようなことでなければお願いごとは記入しても良いでしょう。

招待状の返信はがきに、招待されていない人を連れて行きたいと書くのはどうなのでしょう。招待されたのは自分だけで子どもはされていないけれど、子どもを連れて行きたいから連れて行きたいと書くというのは、基本的に止めた方が良いです。
子どもを見てくれる人がいなくてどうしても連れて行かないといけないような場合は、先に電話かメールで相手に連れて行っても良いか問い合わせをしましょう。
相手に確認もせず、いきなり返信はがきに書くのは止めた方が良いです。普段から親しくしている友人だから融通をきかせてくれるだろうと考える人もいるかもしれませんが、席の確保や料理の段取りなどがありますので、勝手なことはしないでまずは相手に直接確認するのがマナーです。

マナーを守って気持ちよく結婚式へ

結婚式の招待状の返信にもマナーがあります。はがきにある出欠に〇をするだけで十分じゃないのと考えている人もいるかもしれませんが書き方に注意をしなければなりません。
返信は早めに出すことはもちろんなのですが、書き方をきちんと覚えておきましょう。今まで何も気にせず送信していたのなら、この機会に返信の仕方を覚えるようにしましょう。

大切な人から招待された結婚式ですから、マナーを守って返信し、気持ちよくお祝いができるようにしましょう。
なお、ここで紹介している文例はほんの一例です。心のこもったメッセージであればどんな文言でも構いません。ただし、上司や先輩など目上の人に対しての言葉遣いには十分注意しなければなりません。受け取った相手が不快に感じないような言葉を選ぶようにしましょう。

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

入籍後にやること*苗字が変わる女性が行うべき11の手続きまとめ

adviser
入籍手続き

結婚手続き*入籍・引越しするときの最短コースで二度手間回避!!

adviser
入籍手続き

婚姻届受理証明書は休日でも発行してもらえる?婚姻届を出す前に知っておきたい知識

adviser
入籍手続き

婚姻届の証人がいない場合の対処法5つ*代筆はOK?

adviser
入籍手続き

入籍時に必要になる手続きって?住所変更・会社への申請・ライフライン手続きなど総まとめ*

adviser
入籍手続き