2019.8.18

これで婚姻届の書き方は万全!【完全マニュアル】必要書類・記入方法から注意ポイントまで徹底解説*

結婚の段取り
farnyオフィシャルライター
2226 views

【2022年6月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

婚姻届と一緒に提出する必要書類も準備しよう

結婚するためには婚姻届1枚だけ提出すれば良いというわけにはいきません。結婚は戸籍の変更に関わる法的な手続きであるため、身分証明書や戸籍証明書も必要です。

1: 必要書類は4種類

婚姻届を提出するときの必要書類は「婚姻届」「戸籍謄本」「本人確認書類」「2人の印鑑」の4種類です。

婚姻届

婚姻届の用紙は役所にあるほか、自作したりオリジナルデザインのフォームをインターネットから入手したりすることもできます。婚姻届の記入にミスをした場合は修正液や修正テープを使えないため、きれいに仕上げたい場合は婚姻届の用紙を数枚くらい用意しておいたほうが安心です。

戸籍謄本

戸籍謄本とは同じ戸籍に入っている家族全員の戸籍を証明するもので、「戸籍全部事項証明書」とも呼ばれます。それに対し、同じ戸籍の家族のうち、一部の人の戸籍だけのダイジェスト版として発行された証明書を戸籍抄本といいます。
戸籍謄本も戸籍抄本も本籍地の役所でしか取得できないため、入手するための時間がかかる場合があることを覚えておきましょう。ちなみに、婚姻届と一緒に提出する必要書類として戸籍謄本でなければならないのか、それとも戸籍抄本でも良いのかについては、地方自治体ごとにルールが異なります。婚姻届を提出する地方自治体でどのように定められているのかが不明な場合には、戸籍謄本を提出しておけば間違いありません。

本人確認書類

1点のみを提出すれば良いものと、2点を必要とされるものがあります。
たとえば、運転免許証やパスポート、写真付き住民基本台帳カードなどは1点だけでOKです。それに対し、写真が付いていない住民基本台帳カードや保険証、年金手帳などの場合は2点を提出しなければなりません。また、有効期限が切れているものは使用できないので注意しましょう。

2人の印鑑

結婚する2人それぞれの旧姓の印鑑が必要です。認印でも実印や銀行員でも良いですが、シヤチハタを含むゴム印は不可とされています。

2:戸籍謄本が不要な場合もある

例外として、戸籍謄本の提出が必要ないケースもあります。婚姻届の提出先が本籍地のある市町村を管轄する役所の場合、戸籍謄本は必要ありません。ただし、結婚する2人の本籍のうち、いずれかが婚姻届の提出先と異なる場合には、その人の戸籍謄本は提出する必要があります。

婚姻届はどこに提出するの???

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む