2019.8.18

0 この記事をクリップ

これで婚姻届の書き方は万全!記入方法から注意ポイントまで完全解説

結婚の段取り
farnyオフィシャルライター
1318 views
続きをアプリで読む

婚姻届の書き方には定められたルールがあります。それを満たさない書き方をした場合には記入に不備があるとされて、修正を指示されたり受理されなかったりするおそれもあるのです。2人の門出を飾るためにも、婚姻届はパーフェクトに仕上げて提出したいものですよね。この記事では婚姻届の記入ルールや注意すべきポイントについて解説します。

婚姻届をスムーズに受理してもらうには訂正のない正確な書き方が不可欠


日常生活においても住所や名前などを記入する機会はありますが、意味さえ通じれば良いと考えて、あまり正確さにこだわらずに書いてしまっている場合も多いのではないでしょうか。しかし、婚姻届は公式書類なので、正確に記入しなければなりません。
愛する人と2人で婚姻届を提出することは、2人にとって一生に一度きりの結婚イベントです。ロマンチックな思い出にするためにも、滞りなく提出したいもの。窓口で修正をするように言われて慌てたり、提出して数日たってから「受理されていなかった」とショックを受けたりといった失敗は、できるだけ避けるようにしましょう。
そのためには後から訂正する必要がないように、間違いなく記入しなければなりません。

記入欄別に解説!婚姻届の書き方完全マニュアル


ここでは婚姻届の記入欄ごとに正しい書き方を説明します。

1:届出日

婚姻届を提出する年月日を和暦で記入します。役所の営業時間内に婚姻届を提出する場合、記入内容に不備がなければ届出日が受理日(入籍日)となります。それに対し、営業時間外に提出した場合に受理されるのは翌営業日以降ですが、提出日や希望の日付を入籍日として処理してもらうことは可能です。

2:氏名

結婚する2人の氏名を「夫」「妻」の欄に、それぞれ旧姓で記入します。氏名は戸籍と同一に記入することになっているため、新漢字・旧漢字の違いや平仮名・カタカナの違いに注意して正確に書きましょう。結婚を機会に旧漢字から新漢字に変更したい場合は、婚姻届を提出するときに窓口の担当者に伝えれば手続きが可能です。(よみかた)の欄には平仮名で名前の振り仮名を記入し、生年月日記入欄には和暦で夫と妻、それぞれの生年月日を記入します。

3:住所

住所を記入するときの注意点は、住民票の記載と同一にすることです。住所記入欄には「番地・番」と印刷してあるので、住民票に記載されていない「番地・番」に1本線を引いて消し、号がある場合は余白に書き足します。住民票にマンション名や部屋番号が記載されている場合も余白に住民票通りに記入しましょう。
ところで、結婚をきっかけとして新居に住む場合、どの住所を婚姻届に記入すれば良いのかについて迷ってしまう場合があるかもしれません。まだ新居に引っ越していない場合は、結婚前の2人のそれぞれの住所を記入します。それに対し、すでに新居に引っ越して転入・転出届の提出が終わっている場合は、新居の住所を記入すればOKです。また、婚姻届と転入・転出届の提出を同時に行いたい場合も、新居の住所と新世帯主の氏名を記入します。

4:本籍

婚姻届を提出する段階における夫と妻、それぞれの本籍と戸籍筆頭者の氏名を戸籍謄本の記載通りに記入します。戸籍筆頭者とは戸籍謄本の最初に記載されている人の名前で、父親であることが多いでしょう。ちなみに、戸籍筆頭者は死亡しても変わりません(筆頭者を変更する手続きをした場合を除く)。注意すべき点としては、本籍は住民票に記載された現住所と必ずしも同じではないため、戸籍謄本(戸籍抄本)を確認する必要があります。それから、結婚する人が外国籍の場合は、国籍の国名だけを日本語で記入すればOKです。

5:婚姻後の夫婦の氏

婚姻届に「婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍」という記入欄があります。「夫の氏」あるいは「妻の氏」のうち、どちらかを選択してチェックを付けることを忘れないように注意しましょう。ちなみに、夫婦別姓を希望している場合においても、婚姻届のうえではどちらかの姓を選択しなければなりません。法務省は夫婦別姓(選択的夫婦別氏制度)の検討段階に入っていますが、2019年8月現在、まだ正式に制定されていないのです。

6:新しい本籍


本籍とは戸籍の所在地で、婚姻届に記入する新しい本籍は親の戸籍から独立した夫婦だけの戸籍となります。日本の土地台帳に記載されている住所であれば、日本全国のどこでも新しい本籍として選択することが可能です。新居や実家の住所を新本籍にすることが一般的ですが、中には皇居やお城といった名所旧跡やディズニーランドなど観光地の住所を選ぶ人もいます。そのような場合は念のため、新しい本籍に設定したい場所が本籍として使用できるかどうか、その場所を管轄する役所の戸籍課などに確認したほうが間違いありません。
それから、結婚後に戸籍謄本や戸籍抄本が必要になる場合も出てきます。しかし、戸籍謄本(戸籍抄本)は本籍地の役所でしか取得できません。そのため、本籍地を遠方にすると戸籍謄本の取得が大変になるというデメリットがあります。家族に代理人として取りに行ってもらったり郵送で取り寄せたりすることは可能ですが、急いでいる場合や家族が多忙な場合には不便を感じるおそれがあります。
ですから、新しい本籍地を選ぶ前は戸籍謄本を取得するケースも想定し、よく考えたほうが良いかもしれません。
また、新しい本籍を婚姻届に記入しないという例外もあります。分籍や離婚などによって結婚前から戸籍筆頭者である人の姓を結婚後の夫婦の姓にする場合、夫婦が新しい戸籍を作るのではなく、すでにある戸籍に配偶者が入る形になるのです。その場合、婚姻届に新しい本籍地を記入しないことになっています。

▽ここだけで解決しない疑問はこちらでもまとめてます

婚姻届の書き方総まとめ*項目ごとに疑問を解決!

7:同居を始めたとき

結婚する2人が同居を始めた日付と結婚式を挙げた日付のうち、早いほうの日付を和暦で記入します。年号は「R〇年」といったように略して書かず、「令和〇年×月△日」のように正式名称で書きましょう。婚姻届を提出する段階で同居も挙式もしていない場合、この欄は記入しません。

8:夫婦の職業

国勢調査がある年の4月1日から翌年の3月31日までの期間に婚姻届を提出する場合に限り、この欄への記入が必要です。国勢調査が実施されるのは西暦で5の倍数になる年で、たとえば、2020年・2025年・2030年・2035 年などが該当します。職業を記入する場合の書き方としては、国勢調査実施期間に戸籍を扱う課の窓口に設置される「職業一覧」の中から自分の職業を選択し、職業名だけを記入しましょう。勤務先の名称などの記入は不要です。

9:届出印署名押印


夫と妻、それぞれの旧姓と名前で署名し、それぞれの旧姓の印鑑を押します。ここに押す印鑑は実印でも認印でも可ですが、ゴム印やシヤチハタのようなインク浸透式ゴム印は同じ印影を保ちにくいため使用不可です。

10:連絡先

連絡先記入欄は、婚姻届の記入不備が後日に判明した場合に役所から連絡してもらう目的で記入するものです。携帯電話や職場の電話番号など、役所の営業時間中につながりやすい電話番号を書いておくようにしましょう。

11:証人


婚姻届を提出するためには20才以上の成人2名の証人が必要であり、それぞれの氏名・住所・本籍・生年月日を証人の自筆で記入してもらいます。結婚する当事者2人が証人を兼ねることはできませんが、それ以外であれば親や兄弟姉妹でも、友人でもかまいません。極端な例として、通りすがりの見知らぬ人に婚姻届の証人になってもらうことさえできます。
加えて、夫側と妻側の双方から1人ずつ証人を用意する必要もありません。
たとえば、夫の家族から証人を2名選んだり、妻の友人2名を証人にしたりしても良いのです。
ただし、夫婦や兄弟姉妹など2人の証人の姓が同一の場合は、別々の人であることを証明するために、それぞれで別の印鑑を押してもらう必要があります。両親など肉親2人に婚姻届の証人をお願いする場合は、あらかじめ、この点に念を押しておくほうが良いでしょう。

▽知っておきたい証人について

婚姻届の証人は誰が定番?入籍前カップルが当然知っておきたい【6つ常識】

婚姻届と一緒に提出する必要書類も準備しよう

結婚するためには婚姻届1枚だけ提出すれば良いというわけにはいきません。結婚は戸籍の変更に関わる法的な手続きであるため、身分証明書や戸籍証明書も必要です。

1: 必要書類は4種類

婚姻届を提出するときの必要書類は「婚姻届」「戸籍謄本」「本人確認書類」「2人の印鑑」の4種類です。

婚姻届

婚姻届の用紙は役所にあるほか、自作したりオリジナルデザインのフォームをインターネットから入手したりすることもできます。婚姻届の記入にミスをした場合は修正液や修正テープを使えないため、きれいに仕上げたい場合は婚姻届の用紙を数枚くらい用意しておいたほうが安心です。

戸籍謄本

戸籍謄本とは同じ戸籍に入っている家族全員の戸籍を証明するもので、「戸籍全部事項証明書」とも呼ばれます。それに対し、同じ戸籍の家族のうち、一部の人の戸籍だけのダイジェスト版として発行された証明書を戸籍抄本といいます。
戸籍謄本も戸籍抄本も本籍地の役所でしか取得できないため、入手するための時間がかかる場合があることを覚えておきましょう。ちなみに、婚姻届と一緒に提出する必要書類として戸籍謄本でなければならないのか、それとも戸籍抄本でも良いのかについては、地方自治体ごとにルールが異なります。婚姻届を提出する地方自治体でどのように定められているのかが不明な場合には、戸籍謄本を提出しておけば間違いありません。

本人確認書類

1点のみを提出すれば良いものと、2点を必要とされるものがあります。
たとえば、運転免許証やパスポート、写真付き住民基本台帳カードなどは1点だけでOKです。それに対し、写真が付いていない住民基本台帳カードや保険証、年金手帳などの場合は2点を提出しなければなりません。また、有効期限が切れているものは使用できないので注意しましょう。

2人の印鑑

結婚する2人それぞれの旧姓の印鑑が必要です。認印でも実印や銀行員でも良いですが、シヤチハタを含むゴム印は不可とされています。

2:戸籍謄本が不要な場合もある

例外として、戸籍謄本の提出が必要ないケースもあります。婚姻届の提出先が本籍地のある市町村を管轄する役所の場合、戸籍謄本は必要ありません。ただし、結婚する2人の本籍のうち、いずれかが婚姻届の提出先と異なる場合には、その人の戸籍謄本は提出する必要があります。

婚姻届はどこに提出するの?

婚姻届に結婚前の住所や新しい本籍地を記入したところで、提出先も記入した場所から選ばなければいけないような気がしてしまう人もいます。新しい本籍は日本全国の土地台帳に記載された住所ならどこでも選ぶことができるため、「婚姻届も新本籍地の役所に提出しなければならないのかな?」と心配する人もいるかもしれません。この段落では、婚姻届の提出先に制限があるのかどうかについて説明します。

1: 提出先はどこでもいい!


婚姻届の提出先と本籍地は別々でも問題がないため、日本全国の市区町村の役所であれば、どこに提出しても問題ありません。そこで、新婚旅行で訪れた土地で記念に婚姻届を出す人もいます。そのほか、2人の思い出がある場所で婚姻届を提出するのもロマンチックなイベントになるでしょう。
ただし、ふだん生活しているエリアから離れた場所で婚姻届を提出する場合はさらに念を入れて、記入した内容をチェックすることが大切です。役所の営業時間に婚姻届を提出するなら、窓口の人がその場で記入した内容をチェックしてくれ、訂正させてくれることもあります。しかし、その場で記入の漏れや不備を見落とされてしまって、何日も経過してから訂正するように連絡が来るケースもあるのです。
特に、役所の営業時間外に夜間窓口などに婚姻届を提出する場合は専門外の人が受付をする場合もあるため、より注意しなければなりません。そうなると、遠方の役所まで出直して訂正するのは難しいでしょう。そのような事態を招かないために、遠方で婚姻届を提出するときには記入内容をよく確認することをおすすめします。

2: 時間外の提出を希望する場合は事前に確認を

婚姻届は原則として365日・24時間いつでも提出できることになっています。平日の営業時間終了後や土日祝日などでも、時間外窓口で提出を受け付けてくれるのです。
ただし、出張所など小規模な行政機関の場合は時間外窓口を設けていないケースもあります。役所の営業時間外に婚姻届を提出する予定の人は、あらかじめ役所に連絡し、時間外窓口の有無と場所をチェックしておきましょう。
また、婚姻届の受理日(入籍日)にこだわりがある場合でも、記入に不備のある婚姻届を時間外窓口で提出してしまうと不受理になるおそれがあります。
対策としては、婚姻届の提出前に一度、営業時間内の窓口に出向き、記入内容のチェックをしてもらうと良いでしょう。
加えて、時間外窓口に婚姻届を提出した場合の受理日(入籍日)がいつになるかについても、念のため確認しておくとベターです。

▽もらう場所、提出先についてはこちらの記事でも

婚姻届をもらう場所って?提出先は?コレで婚姻届の提出はバッチリ

▽必要書類のことや戸籍謄本についてもっと詳しく知りたい

婚姻届の出し方は?必要書類と提出の流れがわかる*


入籍手続き方法徹底解説~婚姻届の提出から流れ、必要書類まで~

書き方を押さえ、訂正のない婚姻届で2人の第一歩を踏み出そう!

公的な書類である婚姻届を正確に書くためには、正しい書き方を確認しながら記入することが大切です。加えて、提出する前に記入した内容を見直したり、必要に応じて提出前に窓口で内容をチェックしてもらったりすれば、より確実といえます。
2人の新しい出発を飾る婚姻届を完璧に仕上げることによって、素晴らしいスタートを実現してください。

▽プロポーズから結婚まではこの記事で完璧

【2019年(令和元年)最新版】プロポーズされたらすぐやること!!入籍&結婚式までの25ステップ【保存版】

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む