2021.12.16

結婚式の費用を抑えることができるお日柄やその他の方法とは?

結婚式・基礎知識
結婚お役立ち情報
600 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式の費用を抑えるのにおすすめのお日柄とは

ここまで六曜をご紹介してきて、大体想像ができると思いますが、結婚式の費用を抑えたいのであれば、迷わず赤口か仏滅を選ぶべきでしょう。結婚式場では、お日柄が悪い日には割引をしているところが多いので、赤口や仏滅の日を選ぶことで、かなり費用を抑えることができます。

とはいえ、結婚式を二人だけで挙げるのであれば、二人で好きな日を決めれば良いので、赤口でも仏滅でも良いとは思いますが、家族や親族が参加する場合は必ず意見を聞くべきでしょう。なぜなら、ご年配の方の中には六曜を気にされる方が多いので、赤口や仏滅に結婚式を挙げると分かれば、「常識がない」と思われる可能性が高いからです。

せっかくの結婚式なのに、家族や親族からブーイングを受けたら悲しいものです。お日柄が悪い日を選ぶのであれば、かならず周りの意見を聞いてから選ぶようにしてください。

ちなみに、入籍日に関しても六曜を気にする方が多いので、入籍日も家族や親族に相談することをおすすめします。特に、赤口は「血」や「火」を連想する日なので、お祝い事には向かない日です。どうしても入籍したい日が赤口であれば、前述した午の刻である11時〜13時に行うようにしてください。

費用を抑えることができるシーズンとは

六曜以外に費用を抑える日程があるとするならば、それはオフシーズンでしょう。例えば、6月はジューンブライドで大人気のシーズンなので、自然と結婚式場の費用が高くなります。結婚式が少ないのは真夏と真冬ですから、8月や2月を狙えば、結婚式場の費用を抑えることができます。

真夏の8月や真冬の2月はどうしても結婚式を避けたがる新郎新婦が多いので、このオフシーズン中は、割引キャンペーンがよく行われています。ですから、この時期に結婚式を行うと費用を抑えることができますが、それでも温度が厳しい真夏と真冬の結婚式は、自分たちだけでなく、参列者にとっても身体に負担が多いのではと心配になるではないでしょうか。

そのような時は、例えば駅に直結している結婚式場を選ぶとか、ホテルのように結婚式や披露宴が全て室内の場合なら、暑さや寒さが気にならないでしょう。あと注意すべきなのが神社での挙式を考えている場合で、神社の中には挙式をする場所が冷暖房を完備していないところが多々あります。

このような場所で真夏や真冬に挙式をすると、特に着物を着る新婦さんが参ってしまいます。神社で挙式をする場合は、冷暖房完備のところを選ぶと良いでしょう。

意外に思われるかもしれませんが、土用の丑の日の結婚式は凶と言われているので、人気がありません。土用の丑の日にはうなぎを食べるという楽しみがありますが、実は季節の変わり目なので、運気が乱れやすいと風水では考えられています。

そのため、土用の丑の日に結婚や開業、引越しなどのイベントをするのは避けた方が良いと考える人も多く、この時期には結婚式場で割引をしている可能性が高いです。

土用の丑の日は春夏秋冬あり、毎年日にちが変わりますから、ネットでまずは調べてみて、土用の丑の日を狙ってみるのも良いでしょう。

平日の結婚式も費用を抑えることができます!

結婚式場では平日割引をしているところが多いですから、平日に結婚式を挙げるというのも費用を抑える良い方法となります。平日であれば、普段予約が取りにくい大安や友引の日が空いていることもあるのでおすすめです。

ただし、参列者からしてみれば、平日は仕事があるので参列しづらいと思うかもしれません。そのような不安を取り除くためにも、平日に挙式を挙げるのであれば、休前日を選んであげるという配慮をしてあげると良いでしょう。また、平日に結婚式をする理由を説明すれば、参列者のみなさんに納得してもらいやすくなります。

▽六曜についての記事はこちら

六曜日カレンダーで結婚式に縁起のよい日を参考にする◎

ナイトウェディングも費用を抑えるのにおすすめ!

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む