2021.8.1

晩婚の国際結婚カップル・インド系夫の実家はロンドン

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
73 views
続きをアプリで読む

2019年に45歳で国際結婚した私の夫はインド系イギリス人です。彼は生物学者で長く日本の研究所で働いており、その時に出会い、お付き合いが始まりました。

インド系イギリス人とは両親がインドからイギリスに移住しており、そこで生まれて育った子供のことです。夫のルーツはインド人なのですが国籍もバックグラウンドもイギリス人なのです。イギリスでは生まれた国の国籍を選べる法律なっているからです。

目次[]
  1. インド系イギリス人夫との馴れ初めと超遠距離恋愛
  2. 結構楽しかった遠距離恋愛
  3. 晩婚カップルが結婚を決めたわけ

インド系イギリス人夫との馴れ初めと超遠距離恋愛

私の知り合いのインド人はベジタリアンが多く、宗教上の理由から牛肉を食べない方が多いのでノンベジの私はインドの方と一緒に食事をするのは少し気を使うことが多いなと思っていました。

しかし、初めて夫と会ったときに「日本での食べ物に不自由はないんですか?」と聞くと「特に宗教上の問題もないのでビーフも食べるし、ナスは苦手だけどあとは食べられないものはほとんどないよ。」と言いながら、ニコニコと日本の居酒屋メニューを楽しんでいたのがとても印象的でした。

それからはグループで何度か食事を共にする機会があったのですが、いつもニコニコと機嫌がよく、周りの人に気遣いができる見た目はインド人なイギリス紳士の夫に少しずつ惹かれていったのでした。

二人が付き合い始めた頃には、夫は現在勤務する南インド・バンガロールにある研究所で勤務することが決まっていたので、1年足らずでインドと日本という超遠距離恋愛が始まることとなりました。

結構楽しかった遠距離恋愛

超遠距離恋愛が始まったとはいえ、夫は科学者、私はヨガ講師という比較的時間に自由度の高い仕事をしていますので年に数回インドと日本を行き来したり、別の国で待ち合わせをして休暇を取ったりと想定していた以上に会う機会を作ることができました。

お互いに40歳を超えたいい大人ということもあり、ステディなパートナーという関係性が心地良かったのでその状態が数年続いたのでした。

晩婚カップルが結婚を決めたわけ

夫の仕事はやりがいもあり、充実していましたがやはりロンドンで生まれ育ったということもあり、インドでは日々の生活に不自由を感じることもありました。一緒に暮らしたいねと何度も話し合い、彼の仕事を優先させるために私がインドに移住することを二人で考え始めました。

インドに移住となると私の生活や仕事を大きく変えてしまうことを非常に気にしていた夫ですが、私はヨガを生業としているのでインドで生活するのも大丈夫よ!と笑顔で応えたのでした。

彼からのプロポーズはそうドラマチックなものではなく、何度も結婚したいと言われていたのでどれがそうだったの?という感じではあったのですが、ロンドンから夫の両親がインドに来ていたタイミングで両親に紹介したいと言われた時が、あぁこりゃいよいよ国際結婚するんだなと感じた瞬間でした。

▽遠距離恋愛のカップルについてはこちら

結婚準備*遠距離でも成功する秘策があった!!

ビデオ通話で挨拶

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む