2019.7.26

0 この記事をクリップ

10組に1組はそう!アットホーム的な少人数結婚式についてご紹介します!

挙式
adviser
271 views

少人数で挙げる結婚式

結婚式と聞いてみなさんが最初にイメージされるのはどのようなスタイルでしょうか?
おそらく、家族や親族はもちろんのこと、仕事仲間や友人を招いて行う
挙式、披露宴の風景を思い描かれる方が多いと思います。
結婚式にはさまざまなスタイルが、そんな中、今増えつつある結婚式が
新郎新婦のご家族や親族だけを招いて執り行う少人数での結婚式です。
今回は少人数で挙げる結婚式についてご紹介させていただきますね。

家族や親族のみの少人数結婚式とは

少人数で挙げる結婚式とは新郎新婦の家族や親族を中心で執り行われる結婚式です。
人数は主に30名以下で執り行われるわことが多く、仕事関係の人や友人が出席されることは
あまりありません。家族、親族のみで執り行う為、結婚式の内容もシンプルで、挙式と会食という
かたちを取られるケースが多く見受けられます。身近で尚且大切な方々のを前に
新郎新婦は結婚をしたことのご報告と結婚相手のお披露目をされ、ご両家のお顔合わせの機会となります。

家族や親族のみの少人数結婚式を挙げる人の割合

そもそも、家族や親族のみで結婚式を挙げる方の割合って?と気になられる方も多いと思います!
「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」によると全体の1割程度・・・つまり、10組中、1組が家族や親族のみ、少人数の結婚式を選ばれています。意外と多くのカップルが少人数での結婚式をあげており尚且、年々増えていっている傾向があります。

少人数結婚式の魅力

そんな、増加傾向にある、少人数で挙げる結婚式にはどのような特徴があるのか
【メリット】と【デメリット】を上げてみました。

◎メリット◎

・アットホームな雰囲気で行える
・ゲスト全員としっかりコミュニケーションをとることができる
・費用を抑えられる
・準備期間が短期間で整う
・演出や余興で余興で仕事仲間や友人に気をつかわなくてすむ
・新郎新婦もしっかり食事をとることができる

少人数で挙げる結婚式の醍醐味はやはり、参加してくださるゲストひとりひとりと
しっかり顔をみて、ゆっくりお話できるという部分が大きいです。

普段はなかなか会えない親族と会えるのも結婚式だからこそ足を運んでいただける特別な日です。また、最近はあまり目立ちたくないという新郎新婦の声もありますが、ウェディングドレス姿やタキシード姿を親御様にお披露目して親孝行したいという気持ちはもっていらっしゃったりそんな思いを叶えることができます。
またおもてなしという部分も来てくれる方に合わせたものを考えることができるのが、一つのメリットと言えます。

結婚式というのは、主役はもちろん自分たちという考えたができると思うのですが、特に少人数で行う結婚式というのは自分たちを
育ててくれた人たちでとくに近しい人の中で行われるわけですから、この日は自分たちだけでなくゲストに来ていただいた人たちに
とっても最高の1日を送ってもらえるように配慮することに大人数のものより悩まずに済むかと思います。

また費用面の方でも、大人数での挙式に比べると抑えることができるのが、メリットになりますが、これはデメリットにも言えることですが、
ゲストが少ない分ご祝儀での費用補填などは見込めません。しかし、そこにはあまり期待せずに、自分たちの予算の中でしっかり組むということ
抑えることができるのは、メリットになります。また披露宴などの際に時間を比較的取れるので、しっかり食事をとる時間もあるのではないでしょうか。
レストランウェディングの場合や食事にこだわった場合は、ゲストの皆さんにはもちろんですが、自分たちもしっかり食事できる時間があると嬉しいですよね。

▼デメリット▼

・選べる結婚式場が限られてくる
・ご祝儀が見込めない
・盛り上がる系の演出ができない
・友人とドレス、タキシード姿での写真が残らない
・家族や親族以外の報告のタイミングを迷う

まず、少人数になると結婚式場の選べる選択肢がかなり減ります。ここが何よりも1番のデメリットのように思えます。特に人気があるハウスウェディングは概ね、30名様以上の人数が必要という規定があり30名様以下では挙げることが難しいです。会場や演出に拘りがある新郎新婦には少人数で挙げる結婚式はおすすめできません。

それでもと思って、少人数のゲストに対して合わない人数の大きすぎる会場にしてしまうと、空白が出来過ぎてしまってなんだか、スカスカでさみしくなってしまうような感じになってしまうかもしれません。ですので、ゲストに対してぴったりとなる会場を選ぶというのは大切で、どうしても見つからない場合は、貸切ができるレストランなどの会場も考えても良いかもしえれません。

また、大人数の時は余興などを盛り上がるような演出がない場合も多いのも懸念点の一つです。ただ少人数の結婚式の場合は、自分たちの親族や近しい間柄のゲストさんで行われることが多いと思いますので、会話や食事をメインに楽しむ構成にすれば良いとは思いますが、それでは少し物足りないかも、、、。とおもうのであれば定番の演出となるケーキカットや、ファーストバイト、自分たちで作った紹介ムービーなどの演出はカットせずに行うようにすると良いでしょう。
またムービーなどは少し難しい場合は、歌や楽器の演奏などもプロの肩に頼むというのも良いかもしれません。

少人数結婚式のスタイル

少人数での結婚式も「挙式のみ」「挙式+会食」「会食のみ」「写真のみ」
とあります。それぞれのどのような特徴と費用の違いがるのでしょうか?

「挙式のみ」

「挙式のみ」特徴とは?

型式だけしておきたいという方や、時間が無く、なるべく早く式を挙げたいというケースが多いです。打合せは0回〜1回のみ。当日の所要時間も30〜45分、長くとも1時間以内で全て整えることができます。

「挙式のみ」の費用は?

平均10万〜30万円前後が相場です。挙式の種類や衣装に拘るともう少し上がる可能性があります。
「挙式のみ」のおすすめの人は?
時間がない人・遠距離の人・費用をリーズナブルに抑えたい人・形だけでも残して置きたい人・国際結婚の人

「挙式+会食」

「挙式+会食」の特徴とは?
少人数で挙げる結婚式で1番多いスタイルです。少人数の為、通常の結婚式よりお料理により重視される事が多いです。打合せはは1回〜2回、当日の所要時間は2時間半〜3時間となります。

「挙式+会食」の費用は?
30名様でいくと平均60万〜100万円前後が相場です。もちろん、お料理や演出、会場装飾など、費用が上がりやすいポイントが多いので優先順位を考えないと、想像以上の金額になりえます。

「挙式+会食」のおすすめの人は?
アットホームな雰囲気を重視されたい人・家族や親族としっかり時間を過ごしたい人・ドレスとタキシード写真をしっかり残したい人・気兼ねなく結婚式をしたい人

「会食のみ」

「会食のみ」の特徴とは?
リゾートで挙式を挙げてこられた方や、宗教の関係で挙式をあげることができない方、また外式を行ってこられた方が多いです。会食のみなので、ドレスやタキシードを着られない方もいらっしゃいます。打合せは0回〜1回のみで、当日の所要時間は2時間〜3時間となります。

「会食のみ」の費用は?
30名様でいくと平均30万〜50万円前後が相場です。お料理とドリンクを重視されることが多いですが
その他の費用は特にかからなりません。

「会食のみ」のおすすめの人は?
挙式のみ済んでいる人・挙式を希望されない人・ドレスに拘りがない人・

「写真のみ」

「写真のみ」の特徴は?
おふたり揃ってフォトスタジオや写真専門店、また野外で撮影をし結婚したことを思い出として残されます。今は、カメラマン指定でフォトウェディングをされる方もいらっしゃいます。この場合、結婚式場での撮影は難しい場合が多いです。また、衣装も自由な場合が多く、持ち込みされる場合やそのお店で選ばれる場合があります。事前の打合せが無いケースが場合が多く、撮影場所にもよりますが、所要時間は30分〜1時間となります。

「写真のみ」の費用は?
リーズナブルなところでいくと約1万〜10万円前後が相場となります。衣装の着数や種類、また撮影場所やカット数でも変動してくるので要確認です。
「写真のみ」のおすすめの人は?
時間がない人・結婚した記念として残しておきたいという人・目立つことが苦手な人・準備などが苦手な人

少人数結婚式の当日スケジュール

では、結婚式当日のスケジュールはどのようになって流れになるのでしょうか?
【挙式後、会食をされた場合の当日スケジュール】
(一例)
挙式時間11:00 会食時間12:00
8:00〜  新郎新婦 会場入り
      お支度がスタート^^
10:00〜 新郎新婦 挙式リハーサル/写真撮影
     ご親族 会場入り
11:00〜  挙式スタート!
12:00〜 会食スタート!
14:00〜 お開き/お見送り
15:00〜 新郎新婦 ご退館
新郎新婦は約7時間、ご親族は約4時間ほどです。
ただ、結婚式は終日予定をあけておくことをおすすめします♫

少人数結婚式のオススメ演出

少人数の場合ではどのような演出があるのでしょうか?また迷われる新郎新婦も多いと思います。
盛り上がる派手な演出ではなく、新郎新婦からのおもてなし演出や思い出として残るシンプルな演出が人気です。またご歓談時間を大切にされる新郎新婦も多くいらっしゃいます。定番のものもありますが、いくつかオススメの演出をご紹介します。

〜おもてなし演出〜

ゲストの方にも参加していただき、一緒に楽しめる演出です♫
★サンクスバイト
→ウェディングケーキを食べさせてあげる演出のひとつです。
「ありがとう」を伝えたいゲストにおこないます!
またゲストに参加してもらう場合は各両親から最後に食べさせてもらう
ラストバイトという演出も良いと思います。

★ゲストへサプライズプレゼント
→当日、お誕生日の方や何か記念日の方にむけてサプライズでプレゼントをお渡しします!
なかには、ゲストにも協力していただいて、結婚式を挙げていなかった新郎の両親に
サプライズ結婚式をプレゼントをしたエピソードもあるようです。

★デザートビュッフェ
→好きなデザートを自由にとっていただき楽しんでいただける演出です!
最近は少し風変わりな、ドーナツタワーやカップケーキタワーの手軽にコーディネイトできて
おしゃれで映えるのでデザートビュッフェの代わりに用意することも増えているようです。

★おふたりからご親族紹介
→通常の親族紹介と違い、パーティ内でおふたりからご親族のご紹介をします。
思い出のエピソードなど交えた紹介となり、パーティの雰囲気も和みます!

〜思い出に残る演出〜

記憶ではなく記録にして残す(プレゼント)する演出です♫
★各卓写真
→披露宴の際に各テーブルに座っているゲストのところに回りテーブルの人全員と
写真を撮って回るというイベントです。幸せなこの日を、お世話になった人たち、
祝福してくれる人全員と写真を撮るというのは一生の思い出になること間違いなしです。

★メッセージ付きキャンドルリレー
→おすすめなのが、七色にともるマジックキャンドルを用いたキャンドルリレー
キャンドルの中のLEDがゆっくりと7色に変わる様は、まさに神秘的です。
またメッセージを書き込める専用ケースを使うと感謝の気持ちが浮かび上がる演出もできるので
おすすめです。

★新郎新婦から親御様へお手紙
→これは定番中の定番の演出ですが、これから新たなパートナーと共に
自分たちの人生を歩みだすこの旅たち日に育ててくれた両親に感謝の
言葉を送るのは、普段なかなか言えないならなおさら素直な気持ちを伝える演出
としてぜひ加えたいですね

★お写真タイム
→少人数の場合は、短い時間でもたくさんの方に楽しんでいただけるのではないでしょうか。
来ていただいたゲストの皆さんと、しっかりとお話しして、今日という日を写真に収める
これだけのことと思いますが、これがいちばんの思い出になるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
結婚式は決して、人数によって価値が決まるものではありません。
結婚式はその日にお招きした方々にいつもはなかな伝えることのできない
感謝の気持ちを伝えることができる特別な1日です。
また、新しくスタートする結婚生活の節目となる日です。
ぜひ、おふたりらしい結婚式を創っていただきたいと思います♫

クリエイタープロフィール
adviser
結婚式のマナーや式場紹介
ウェディングアドバイザー
プラコレ
関連記事

挙式・人前式が大成功する演出アイデア33選♡オリジナル&面白い&感動の実例集*

adviser
挙式

【完全版】バージンロードの意味や歩き方など全てが分かる!演出アイデア集

adviser
挙式

リングボーイの演出15選*先輩花嫁たちのアイデアから探る大成功のコツ!

adviser
挙式

サプライズで両親もソイルセレモニーに参加*こだわり演出で和やかな人前式!

knm_wedding0312
挙式

結婚証明書│結婚式でお披露目したくなるオシャレなデザイン25選

adviser
挙式