2019.11.29

冬の結婚式に着ていくドレスのマナーとは

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
991 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

冬に結婚式、結構多いですよね。冬の結婚式のドレス、結婚式をする側も、招待される側も悩みますよね。
それぞれの立場でどんなドレスを着たら良いでしょうか。またNGのドレスコードはあるのでしょうか。

目次
  1. 冬のウェディングドレスとは?
  2. 冬のウェディングドレスの着こなしは?
  3. NGアイテムは?
  4. 冬らしいカラードレスは?
  5. ゲストドレスについて
  6. ゲストのアクセサリー事情
  7. まとめ

冬のウェディングドレスとは?

ウェディングドレスには、特に「この季節にしか着られない」という縛りはありません。ですので、ウェディングドレスを身にまとう花嫁さんが着たいドレスを選ぶのが一番です。

私も実は冬に結婚式を挙げた一人です。私は、胸元にレースが入っていて、半袖タイプのドレスが着たいと思っていたので、そのようなドレスを選びました。自分で着たいものを着られたので、ドレスについて後悔は全くありません。まずは花嫁さんの思いを大切に選んでいただきたいです。その方が絶対後悔しないですから。

ただ、デザインは冬らしさを表現してもよいかと思います。例えば、雪の結晶をイメージさせるレースを施したドレスは見た目も華やかですし、可憐な中にも上品さも表現できます。
さらに、冬ならではのロングスリーブのドレスに挑戦してみても良いでしょう。ロングスリーブのドレスは、着痩せ効果抜群で、特に二の腕が気になる方にはオススメです。ロングスリーブと言っても袖の部分のデザインをレース素材やシフォンにすれば、重たい、厚いイメージにはならず、上品になります。

また、冬の荘厳な教会式では、ロングスリーブのドレスだと厳かな雰囲気が一層際立ちます。

冬のウェディングドレスの着こなしは?

冬のウェディングドレスで、肩を出すデザインや半袖タイプのデザインを選んだ場合には、寒さ対策として、羽織ものを使うのも○。袖の長さは、半袖タイプ、七分袖タイプ、長袖タイプがありますが、ウエディングドレスとの相性を見ながら選ぶと良いですね。
また、袖口は、フレアタイプやパフスリーブタイプなどもありますので、丈、素材とあわせて考えると良いでしょう。
羽織ものの共通する効果は、寒さ対策だけでなく、気になる二の腕を上手に隠すことができるということです。

(1) ショール
ショールはさっと羽織れるので便利でオススメです。レース素材のものやシフォンのものですと、上品さ、可憐さがプラスされます。

(2) ボレロ
前が開いていて、胸元までの丈のロングスリーブのボレロは、一気に上品なイメージに変身できます。また寒さ対策としても一番効果が高いでしょう。
レース素材のボレロにすると、上品さだけでなく可愛さも表現することができます。

(3) ケープ
ビスチェタイプのウェディングドレスに合わせると上品さが格段にアップします。また、ロングケープは、おとぎ話のお姫様のような装いになり、素敵です。

(4) シャツやジャケット
カジュアルなウェディングパーティの場合には、シャツやジャケットを潔く羽織るのも素敵です。先日、ビーチでバーベキューをしながらウェディングパーティをしている方たちを見かけました。
風が強かったのですが、花嫁さんがウェディングドレスの上に赤系のギンガムチェックのシャツを羽織っていたのが印象的でした。

冬の結婚式のNGアイテムは?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む