2019.11.16

0 この記事をクリップ

結婚式の髪型はどうする?ショート、ミディアム、ロング別に検証!

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
129 views

結婚式における花嫁の髪型は、ショートやミディアム、ロングと髪の長さによってアレンジ方法は異なります。
しかし、髪型はアレンジや工夫次第で雰囲気を変えることができるので、ブライダルヘアスタイルは、花嫁のドレスに合わせて決めると良いでしょう。ここでは、結婚式でどんな髪型が人気なのかを、花嫁の髪の長さ別に検証してみました。

ショートヘアはコサージュやヘッドドレスを活用

ブライダルのヘアスタイルというと、ゴージャスにアレンジしたアップヘアなどが人気です。しかし、普段からショートヘアが好きな人は、わざわざ結婚式のために時間をかけて髪を伸ばす必要はありません。ショートヘアでも、ガーリーなドレスに合わせて甘い雰囲気を出すことはできますし、シャープな雰囲気にアレンジすることもできます。

ショートヘアの花嫁におすすめなのが、ヘッドドレスです。ヘッドドレスには、コサージュやカチューシャ、ネットベールなどを始め、ティアラやビジュー、ヘアバンドなどいろいろな種類があり、どんなアイテムを選ぶかによって全体の雰囲気をガラリと変えることができます。
例えば、ネットベールはショートヘアと相性がバツグンのヘッドドレスで、丈が長めでもショートヘアなら全体的に軽く魅せることができるという魅力があります。また、ネットの網目が粗目のものを選べば、全体的にモダンな雰囲気となりますし、カチューシャなどと組み合わせることによって、華やかさをアップすることができます。

ショートヘアでもキュートさを演出するなら、デザイン性の高いベールがおすすめです。大きなデザインベールを使えば、ヘアスタイルをそれほどアレンジしなくてもオシャレ度がアップしますし、華やかさを高めることもできます。ベリーショートでヘアアレンジが難しい人におすすめのヘアスタイルではないでしょうか。

ショートヘアのヘアアレンジとして人気なのは、リボンやお花をモチーフとしたコサージュです。結婚式場によっては、オプショナルで生花を使ってコサージュを作ってもらうこともできますが、ショートヘアの場合には、生花のフレッシュさをアピールするよりは、全体的なサイズ感や華やかさをアピールしたいところ。サイズを大きめにリクエストするとか、全体的に華やかな雰囲気のあるコサージュを選ぶと良いでしょう。
ティアラやクラウンも、ショートヘアとバツグンに相性が良いアイテムです。ティアラやクラウンにはいろいろなサイズやデザインがあり、高級感のある正統派デザインのものなら、ヘアアレンジを控えめにしてティアラやクラウンのラグジュアリー感をアピールしても良いですし、コンパクトでファッション性が高いアイテムなら、ヘアアレンジと組み合わせてキュートさを演出するのもおすすめです。

▽ショートヘアのアレンジについてはこちら

ショートヘアの花嫁さん必見!ウェディングドレス別アレンジ

ミディアムヘアなら軽さを生かしたヘアスタイル

ショートヘアよりはヘアアレンジをする髪の長さがあり、ロングヘアほど重さを感じないミディアムヘアは、アレンジ次第では最も華やかさを演出できる髪の長さです。普段の生活では、まとめづらいという悩みを持つ人が多いミディアムヘアですが、ブライダルな髪型では、たくさんのアレンジ方法があります。またヘッドドレスとの相性も良いので、ドレスのタイプや花嫁の希望などでピッタリのアイテムを選びましょう。

ミディアムヘアにおすすめの髪型は、ハーフアップヘアです。ハーフアップにすることによって頭部にボリュームを出すことができますし、ボンネなどのヘアアクセサリーと組み合わせることによって、女性らしく華やかな髪型に仕上がります。ボンネはカチューシャの幅を広くしたスタイルが特徴的なヘアアクセサリーですが、ブライダル向けのアイテムがたくさんラインナップされています。クリスタルやビーズなど華やかなデザインのものを選べば、上品な雰囲気と華やかさを最大限にアピールできます。

クラウンやティアラをミディアムヘアの花嫁さんが使う時には、アップヘアにまとめるのがおすすめです。クラウンやティアラは、ヘッドドレスそのものが華やかでゴージャスな雰囲気を持っているため、髪型がそのゴージャスさを邪魔しないように、スッキリとアップヘアにまとめながらも、華やかさを残したヘアアレンジをすると良いでしょう。
ミディアムヘアは、花冠との相性も良いです。結婚式における花嫁の特権ともいえる花冠は、どんな花を使うのか、また花の色によっても雰囲気や印象がガラリと変わりますが、甘くなりすぎないためには色味を抑えてホワイト系を選ぶのが良いでしょう。花冠は、生花で作ることもできるので、ヘアアレンジの華やかさと花冠との相性やバランスを考えながら、ぜひハーフアップヘアで臨みたいヘッドドレスではないでしょうか。

ミディアムヘアがアップにまとめる時には、まとめる位置はできるだけ低めの位置にすると、まとまりやすくなります。シニヨンなどのアクセサリーを使っても良いですし、おくれ毛が気になる人は、アップヘアとハーフアップの中間ぐらいのヘアスタイルにアレンジしても良いでしょう。

ロングはアップヘアが基本

ヘアアレンジの幅が広いロングヘアは、美しい黒髪が自慢の花嫁でも、結婚式の時にはアップヘアにするのがおすすめです。アップヘアにすることによって、360度全ての方向からウェディングドレスの美しさをアピールできますし、顔の周辺に髪がかからないので、全体的にスッキリと華やかに魅せることができます。

ロングのアップヘアの中でも、近年人気が高いのは、低めのポニーテールでエアリーな感じを出したヘアアレンジです。一言でいうなら「緩めの三つ編み」なのですが、しっかりとヘアアイロンで巻いた髪をエアリーで緩い感じに編み込み、そこに生花やドライフラワーを指すなどのアレンジ方法が人気となっています。ヘアスタイルだけでも華やかさを演出できるので、使用する生花やドライフラワーは、大きめのサイズよりもコンパクトな方がバランスが良くなります。

ティアラやクラウンを使う場合には、ロングヘアはスッキリとアップにまとめるのがおすすめです。アップにスッキリとまとめることによって、ティアラやクラウンなどのヘッドドレスをより美しく魅せることができますし、洗練された上品さや高貴さも醸し出すことができます。

結婚式の失敗しないヘアのポイント

結婚式の花嫁ヘアは、ダウンのままよりもアップやハーフアップにするヘアスタイルの方が人気があります。その理由は、花嫁の美しいデコルテや首元をスッキリ見せる効果があり、頭を小さく見せてスタイルよく見せてくれる役割もあるから。
もしもショートヘアの人なら、デコルテや首元をスッキリ見せるようなヘアスタイルにまとめ、華やかさはヘッドドレスを使って演出するのが良いかもしれません。

また、アップヘアにできる髪の長さがないミディアムヘアでも、シニヨンスタイルなら低めの位置でまとめることができるので、首元やデコルテをスッキリ見せられるヘアスタイルにすると良いでしょう。

▽ウェディングヘアアレンジまとめはこちら

【ウェディングヘア迷子必見】挙式から二次会まで..♥♡大人可愛いヘアスタイルまとめ◎

結婚式ヘアはプロに依頼するのがおすすめ

結婚式ヘアは、前から見える部分だけではなく、サイドや後ろから見たスタイルも、できるだけ完成度が高い状態に仕上げたいものです。そのためには、花嫁さん自身が忙しい結婚式当日の朝に悪戦苦闘するよりも、プロに依頼してお任せするのがおすすめです。
結婚式のヘアは、結婚式場によってはヘアメイクとしてすでにパッケージの中に料金が含まれていることもあれば、別料金やオプショナルとして追加できる場合もあります。
メイクは自分でする花嫁さんでも、ヘアはプロに依頼したほうが、崩れにくくて完成度の高いヘアスタイルに仕上げてもらうことができるのではないでしょうか。

結婚式のヘアをプロに依頼する場合、多くの場合には事前にリハーサルがあります。これは、ウェディングドレスのスタイルに合わせてヘアアレンジをするもので、結婚式よりも前に別の日を設定して行います。
リハーサルをする事によって、花嫁の希望やリクエストを髪型に反映することができるので、忙しい中でもぜひ時間を作ってリハーサルを行うことをおすすめします。

結婚式の花嫁ヘアにかかる費用

結婚式の花嫁ヘアにかかる費用は、結婚式場のパッケージに含まれている場合には、追加で費用がかかることはありません。こうしたパッケージでは、ヘアとメイクの両方にかかる料金が含まれている他、ウェディングドレスのヘアと、お色直し後のヘアで調整してもらうことができたり、リハーサルの料金も含まれていることが多いようです。

もしもこうしたサービスを新郎新婦が自分たちで手配する場合には、7.5万円~20万円程度がかかる費用の目安となります。
ただし、誰に依頼するかによってかかる金額が大きく変わりますし、ホテルの提携先かどうかによっても、料金は異なることが多いようです。ちなみに、ホテルの提携先だとかかる料金は割高になることが多い傾向にあるため、もしも新郎新婦が自分たちでヘアメイクを手配するなら、複数の業者から見積もりを取って、具体的にどんなサービスが含まれているのかという点を比較検討しながら決めることをおすすめします。

ただし、割高な料金でもホテルの提携先に依頼することは、大きなメリットがあることも忘れてはいけません。
例えば、ヘアメイクを宿泊している部屋で行ってもらうことが出来たり、時間的に融通を付けてもらいやすいという点は、外注のヘアメイクさんでは難しいことがあるものです。そのため、利便性を優先したい新郎新婦は、結婚式場やホテルが提携しているヘアメイクを利用するという方法を検討してはいかがでしょうか。

追加で結婚式の二次会ヘアも依頼可能

結婚式の花嫁ヘアメイクでは、挙式に向けたヘアスタイルに加え、二次会向けのヘアスタイルにも対応してもらうことができます。追加料金になるのが一般的です。希望する際には、事前に相談することをおすすめします。また、ヘアメイクさんの中には、最後まで待機してくれていて、メイク落としや衣装の片づけなどをしてくれるサービスが含まれていることもあります。要チェックです。

▽ウェディングのヘアアレンジ関連記事はこちら

最高の晴れの日にウエディングヘアのすすめ

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

永遠の輪を意味するリースブーケのかわいい持ち方&作り方*実例12

adviser
花嫁コーデ

大人気のリストブーケで手元を華やかに♡おしゃれなデザインと作り方18選

adviser
花嫁コーデ

結婚式で大人可愛い花嫁姿を作る☆ヘアメイク選びは最重要事項!リハも必須*

tyuyu123wedding
花嫁コーデ

挙式~披露宴のこだわりスタイルチェンジ*運命のWD&CDと似合わせヘアメイクpoint♪

s18_wedding
花嫁コーデ

色々悩んだヘアメイクはシニヨン・ツインテール・玉ねぎ・そしてラプンツェル!

m0806u_wedding
花嫁コーデ