2019.10.27

0 この記事をクリップ

白無垢に似合う髪型は?髪飾りの選び方は?

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
828 views
続きをアプリで読む

日本女性だからこそ似合う純白の白無垢。厳粛な仏式や神前式で着ることの多い白無垢の歴史は古く、室町時代からの伝統があります。白無垢と言えば、以前は日本髪を結うか、短くて結えない人はかつらをかぶり、綿帽子や角隠しを用いるというのがあたりまえでしたが、今どきのブライダルでは白無垢+洋髪というスタイルが定番です。
でも、どんな髪型が白無垢に似合うのでしょうか。洋髪にはどんな髪飾りが似合うのでしょうか。和装をしたい花嫁さん必見です。

なぜ綿帽子や角隠しをかぶるの?

昔から白無垢には綿帽子か角隠しという被り物を合わせるというのが一般的でした。すっぽりと頭を覆ってしまうため、うつむくと花嫁の口もとしか見えません。ウェディングドレスにおけるベールと同じで、挙式が終わるまで花嫁の顔を新郎以外の人に見せないという意味があります。白無垢にだけ合わせることができる特別な被り物です。
角隠しはその名の通り、角を隠すという意味があります。つまり、夫と夫の家に従順に従うという意味が込められています。白無垢だけでなく、色打掛や引き振袖にも合わせることができるのが綿帽子との違いです。角隠しは日本髪でないとつけることができませんが、綿帽子は洋髪でも被ることができます。

白無垢に合う髪型は?

「顔立ちに合わないから日本髪のかつらを被りたくない」「挙式後の披露宴を考えると洋髪でいたい」という花嫁が増えています。白無垢の奥ゆかしさや伝統美には、カジュアルなヘアスタイルは似合いません。髪型や髪飾りである程度ボリュームを出さないと、着物のボリュームに負けて貧相になってしまいます。髪色は髪型によりますが、できれば黒髪の方が和装には似合います。ライトブラウンなど明るめの髪色は白無垢に対して浮いてしまうからです。

上品な白無垢に合わせるなら、襟足や着物を隠さないアップスタイルにしましょう。全体にウェーブをつけてふわっとさせ、低い位置でシニヨンにします。ざっくりとまとめたら、トップをつまんで少し引き出しましょう。ボリュームがない場合は編み込みやくるりんぱでボリュームを出したり、つけ毛をしたりしてボリュームを足します。シニヨンの重心を重心よりも左右どちらかの片側に寄せるとクールな印象になります。髪をアップにする際は、スタイリング剤が着物につかないように気をつけてください。ふわっとシニヨンにするなら、髪色は濃いめのダークブラウンが似合います。

夜会巻きなどタイト系のシニヨンにすると凛とした清々しい雰囲気になります。あえておくれ毛を出さずにきちんとまとめるのもアリです。艶やかな髪が和装に映えます。トップとシニヨンにはボリュームを出しましょう。シニヨンの位置は低めでもいいですが、トップにシニヨンを作ると若々しい雰囲気になります。シンプルで凛とした夜会巻きスタイルはまさに現代の大和撫子です。

ショートボブやボブ風アレンジスタイルも意外に和装に似合います。すそはヘアアイロンでしっかり内巻きに巻いてカールさせてください。ストレートのボブにすると、マニッシュな雰囲気になりますが、一歩間違うとこけしのようになってしまうので注意しましょう。また、ショートボブは和装する際にはボリュームが不足するので、髪飾りをサイドにつけて白無垢のボリュームに負けないようにするのがポイントです。

前髪は思いきってアップにしおでこを出すと顔周りがすっきり見えます。ソフトリーゼントも意外と白無垢との相性はgood。クールな印象になります。おでこを出すのが嫌な人は、サイドに流してください。前髪にはウェーブはつけず、ストレートでサイドに流すのがよいでしょう。全部おろすときは、ヘアアイロンでしっかりストレートにしておろしてください。レトロモダンな雰囲気になります。

現在は昔のように、和装の時はこうでないといけないという決まりごとがほとんどありません。髪型もさまざまですから、ポイントを押さえて自由に楽しみましょう。ただし、和装と洋髪では挙式を執り行ってくれない格式高い神社もあります。トラブルを避けるために事前確認は必要です。

▽白無垢に似合うヘアアレンジについて関連記事はこちら

白無垢には綿帽子だけじゃない!白無垢におすすめの髪型のご紹介

白無垢に合う髪飾りは?

白無垢は白一色または指し色として赤が襟元やすそに入る程度でシンプルなので、ヘアアクセサリーやヘッドドレスでポイントとなる色を少し入れることもできます。かといって、色を多く使いすぎるとせっかくの純粋なイメージの白無垢が崩れてしまいますから、白を基調とし、指し色には赤、ゴールド、グリーンなど和のカラーから一色だけ選ぶのがおすすめです。髪飾りに使う色は2色、多くても3色までがベター。

白無垢と相性がよいのは生花のヘッドドレスです。生花は和装とも、シニヨンスタイルともよくマッチします。大きなバラや胡蝶蘭、カサブランカなどを使ったヘッドドレスはとても華やかで、横顔や後姿も美しく見せてくれます。白やグリーンのピンポンマム、青紫の紫陽花など和の花は和装にぴったりです。黒の混じった深紅や茶系のダリアは厳密には和の花ではありませんが、和の雰囲気があります。

季節の花を使うのが一般的ですが、最近はシルクフラワーなどクオリティの高い造花もあるので、季節が違い手に入りにくい花を使いたいなら造花のヘッドドレスにしましょう。ただし、造花を使う場合は、チープな造花をつかうと白無垢とのバランスが悪くなるので、質の良いものをチョイスしてください。花を使ったヘッドドレスは、耳より下の高さにつけると全身のバランスがよくなります。

ちりめん細工や組紐、つまみ細工など和装素材でできた髪飾りやかんざしは、白無垢との相性が抜群です。和装衣装屋さんやネットショップで販売していますが、けっこう簡単にDIYできるので自分で作ることもできます。着物の帯締めをリボンのように使って髪飾りにしたり、べっこうのかんざしをつけたりするのも、洋風に走りがちな花嫁が多い中でかえって新鮮です。
また、アンティーク着物をリメイクして自分で髪飾りを作ることもできます。着物の端切れでリボンを作り組紐などを加えれば簡単に世界に一つのオリジナル髪飾りができます。

人と違った個性的な髪飾りをしたいという花嫁は、目の粗いベールのついたトークハットのようなヘッドドレスがおすすめ。ちょっと変わったトークハット+白無垢の組み合わせにはショートボブが似合います。大ぶりのチュールがついたヘッドアクセサリーなどもいいでしょう。帯のように太めの布リボンを使ったヘッドアクセサリーをサイドにつけるとおしゃれで上品です。白い和布と朱色や辛子色などの和布を合わせて使うと和の雰囲気を崩さずに現代風の雰囲気も出すことができます。

▽白無垢に似合うコーデに関してはこちら

【和婚式】白無垢の挙式方法や白無垢に合う髪型・メイク・ネイル・コーディネート

洋髪でも綿帽子は被れる?

洋髪では高さがないため綿帽子は被れないと思っている人が多いですが、最近では、洋髪でもかぶれる綿帽子があります。針金のような専用の補正金具を入れて高さを出すことで、崩れることなく綺麗に綿帽子を被れます。ただし、洋髪で綿帽子を被る際は、おじぎしたときに落ちてしまわないように、また綿帽子の下に装着した金具が見えないように角度に気をつけてください。専用補正金具は白無垢をレンタルしたり、購入したショップで販売またはレンタルできるはずです。洋髪で綿帽子を被りたいとお店で相談してみましょう。

綿帽子と言えば純白の布でできているのが一般的ですが、赤ふき綿帽子と呼ばれる、昔からある伝統的な赤い縁取りのある綿帽子や、綿帽子の裏地が赤いデザインや、全体が赤く白い縁取りがあるという変わったデザインもあります。さらに、最近では、ウェディングベールのようなオーガンジーの綿帽子や、刺繍やレースで装飾された綿帽子なども人気です。昔ながらの白い綿帽子に水引のブローチをワンポイントにつけるというスタイルも最近のトレンドです。綿帽子を単品でレンタルできるショップはあまり多くありません。たいていは白無垢とセットになっています。

もし、ブローチなどでセルフアレンジしたい場合は、事前にショップに了承をとってください。自分でアレンジしたい場合や、変わったデザインの綿帽子を使いたい場合は、ネットショップで購入するか、和装屋さんで相談してみてください。綿帽子の素材やデザインも時代とともに変わってきました。白無垢に綿帽子で伝統的な花嫁スタイルを機会は一生に一度だけですから、ぜひ綿帽子にチャレンジしてみてください。

洋髪にするメリットは?

ヘアアレンジが幅広い洋髪は、個性を出しやすいですし、自由にヘアアクセサリーを楽しむことができます。また、かつらをかぶらないので頭が重くなることがありませんし、かつらのように汗をかいて蒸れる心配もありません。何よりも、自分らしく、好きなスタイルでいられるというのが最大のメリットです。ショートヘアやショートボブでもかつらをかぶらずに白無垢や和装を楽しめます。ショートの場合は、ボリューミーな生花のヘッドドレスや大きめのヘッドアクセサリーを使うと和装にふさわしい重厚感がでます。
洋髪はもちろん、伝統的な日本髪も試してみたいという欲張りな花嫁さんは、挙式当日は洋髪から日本髪へ、あるいは日本髪から洋髪へとヘアスタイルをチェンジする時間がないので、前撮りで日本髪を経験するのもいいかもしれません。一生に一度のことですから、思いきって洋髪、日本髪の両方を使い分けるのもおすすめです。

白無垢は日本の伝統的な婚礼衣装で、最も格式高いものです。仏式、神前式、人前式の挙式でのみ着ることができます。白無垢の際の髪型や髪飾りをどうしようかと悩む花嫁は少なくありませんが、伝統を取り入れながらも自分らしいスタイルにしてください。白無垢ならではの凛とした華やかさ、奥ゆかしい美しさは日本独特の文化です。どんな衣装にしようか、どんな髪が茶にしようか迷って、たくさん悩むのも花嫁さんの特権です。

▽ウェディングのヘアアレンジに関してはこちら

最高の晴れの日にウエディングヘアのすすめ

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む