2021.8.24

花嫁にオススメのヘアアレンジをご紹介❤︎【2022年完全版】

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
282 views
続きをアプリで読む

花嫁にとっての髪型はゲストみんなの関心ごとなので、ドレス選び以上に慎重に行いたいものです。ドレスをいかに美しく見せるかも、髪型にかかっているといって良いでしょう。

目次[]
  1. 花嫁にとってのヘアアレンジ
  2. フルアップヘアアレンジ
  3. ローシニヨンヘアアレンジ
  4. ハーフアップヘアアレンジ
  5. 編み下ろしヘアアレンジ
  6. サイドダウンヘアアレンジ

花嫁にとってのヘアアレンジ

ドレスのデザインによって映える髪型は意外と違います。例えば、楚々としたイメージのドレスには、これぞウェディングといった王道のアップスタイルがよく似合いますし、メルヘンチックなドレスには童話から抜け出してきたようなふわふわのハーフアップが似合うでしょう。

また、花嫁に欠かせないヘッドドレスとの相性も考えておく必要があります。ティアラに似合う髪型と生花に合う髪型というのも微妙に違うものなのです。

それから、ヘアアレンジによってはロング・セミロング限定のものもあるので、早めに決めて髪の長さを整えておく必要もあります。でも、当日にウィッグを使うこともできるので、今からでは間に合わないと諦めてしまう必要もありません。

一生に一度のことですし、当日の主役は花嫁なのですから、やりたいことが全部叶うよう、担当スタッフに早めに相談するようにしましょう。

フルアップヘアアレンジ

格式高いチャペルウェディングでの花嫁の髪型と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、フルアップスタイルではないでしょうか。フルアップはブライダルヘアの王道アレンジで、当日にきっちりとまとめあげられるようにと頑張って髪を伸ばす花嫁はたくさんいます。親戚などが大勢集まるウェディングにきちんと感を演出するにはこの上ないスタイルですし、お気に入りのヘッドアクセサリーもより美しく見せることができます。

お姫様のような可愛らしいドレスを選んだなら、フルアップアレンジにティアラを添えれば完璧な花嫁の出来上がりです。挙式での真っ白なウェディングドレスにも、披露宴での豪華なカクテルドレスにも、間違いなく映えるのがフルアップアレンジです。

また、きっちり巻き込んだスタイルだけではなく、毛先を少し散らしてみたり後れ毛を出してみたりと、ルーズなニュアンスで独特の雰囲気づくりを楽しむこともできます。上質なイメージを崩すことなく、王道すぎないスタイルが最近の人気といって良いかもしれません。

フルアップの仕方はそれほど難しくないので、やり方をマスターしておけば二次会用に自分でセットすることもできておすすめです。

ローシニヨンヘアアレンジ

王道のフルアップアレンジを少しだけ崩したのがローシニヨンヘアアレンジです。お団子を耳の下や襟足に作るのがローシニヨンで、ゆるふわなイメージが花嫁の可愛さを一層引き立ててくれるに違いありません。特に最近では、きっちりまとめ上げる王道のスタイルよりもローシニヨンヘアアレンジを選ぶ花嫁が少しずつ増えてきています。

格式高いチャペルウェディングでもベールをつけるので問題ありませんし、ヘッドドレスを付ければそのままのスタイルでも披露宴用に印象を大きく変えることができてしまいます。

ハーフアップヘアアレンジ

披露宴のお色直しでよく選ばれているのがハーフアップヘアアレンジスタイルです。髪の耳から上半分、または一部のみをアップにしたスタイルがハーフアップヘアアレンジで、耳から下はダウンスタイルとなります。とてもエレガントな女性らしい雰囲気を漂わせることができるでしょう。披露宴でハーフアップにすると、挙式のスタイルから大きく印象を変えて柔らかなイメージを演出することができます。

また、フルダウンにするよりも顔周りをすっきり見せることができるという点も人気の秘密です。ダウン部分を強めに巻けば華やかさを演出できますし、アップ部分にねじりや編み込みなどをプラスするというのも良いアイディアです。

アップした部分次第で印象は大きく変えられるというのがハーフアップスタイルの特徴で、三つ編みにしてみたり、リボンやカチューシャを使ったりすれば清楚で可愛らしい女性を演出することができるでしょう。

編み下ろしヘアアレンジ

編み下ろしというのは、3つ編みや編みこみ、ロープ編みなどのアレンジで髪を下したスタイルのことです。その他、フィッシュボーンやくるりんぱなどを作ることもできます。例えば、低めの位置でくるりんぱをしてその下で結び、少しほぐしてゆるふわな感じにするという編み下ろしヘアアレンジも人気があります。

まとめる位置は、バックだけでなくサイドでも良いでしょう。とてもナチュラルに仕上がるので、青空の下で行うガーデンウェディングなどにぴったりです。ドライフラワーやボタニカルアクセなどを使うのもオススメです。編み目に繊細な小花を散らすのも、童話の中の主人公になった気分を味わえそうです。

また、キャンディーテールといって、ゴムでこまめに結んでアレンジした玉ねぎヘアも人気です。

サイドダウンヘアアレンジ

サイドダウンスタイルというのは、サイドにゆるく髪を流したダウンスタイルです。ダウンスタイルは束ねず下したスタイルなので、あまり手を加えない大人な雰囲気が感じられます。落ち着いていて飾る必要がない、ナチュラルな女性にぴったりといって良いでしょう。

花冠やベールをつけただけで違った印象になるので、二次会に自分でセットするという場合も手軽にできておすすめです。逆に、ヘッドドレスを付ければフォーマルな印象になるでしょう。サイドダウンのヘアアレンジは、セミロングやボブ、やや長めのショートの方でも簡単にできることから人気があります。

▽花嫁のヘアアレンジについてはこちら

結婚式での人気のボブをはじめ花嫁のヘアアレンジをヘアスタイル別にご紹介

ボブやショートのヘアアレンジはどうする?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む