2022.7.8

新郎新婦も参加して大盛り上がり!結婚式で大人気のフラッシュモブとは

結婚式当日
DRESSY IDEA
3429 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式というお祝いの席で、新郎新婦としては、お越しいただいたゲストのみなさまに、何とか「ありがとう」の気持ちを伝えたいものですよね。
「結婚式に出席して良かった」とゲストのみなさんに思っていただくために、何かスペシャルな催しをしたいところです。

そういう新郎新婦の間で大変な人気となっているのが、フラッシュモブで、多くの結婚式で行われるようになってきています。

目次
  1. フラッシュモブって何ですか?
  2. フラッシュモブの始まりとは?
  3. 結婚式でフラッシュモブを行うには?
  4. フラッシュモブにおすすめの音楽とは
  5. フラッシュモブ専門会社に頼んでみる
  6. おすすめのフラッシュモブ業者
  7. 新郎新婦はフラッシュモブが必要かどうか考えて!

フラッシュモブって何ですか?

フラッシュモブとは、多くの人が、音楽や行動などを合図として、ダンスや楽器演奏、歌などを始めるサプライズな仕掛けのことです。例えばダンスの場合、一人目が突然ダンスを始め、それからまた一人、また一人とダンサーが増えていき、最終的には大勢の人が、まとまってダンスを行うというスタイルとなります。

結婚式では新郎新婦が最終的にダンスに参加するスタイルや、新郎のみが最後にダンスに参加して、何も知らされていない新婦とゲストが、フラッシュモブに驚くというスタイルなどがあります。
結婚式だけでなく、プロポーズの場面でもフラッシュモブが行われることがあり、例えば、何も知らされていない彼女の前で、いきなりダンスが始まっていき、最終的に彼氏が、驚く彼女にプロポーズをしてハッピーエンドとなるというスタイルもあります。

いずれにせよ、フラッシュモブを行うことで、結婚式でもプロポーズでも、知らされていない新婦や彼女が驚くこと、そして周りを巻き込んで楽しい雰囲気になっていくことが目的となっています。

フラッシュモブの始まりとは?

一般的には、フラッシュモブはニューヨークで、2003年にビル・ワジクという人が始めたのが始まりとされています。結婚式やプロポーズに限って行われるものではなく、単なる道ゆく人へのサプライズだったりとか、チャリティ目的、世界平和へのメッセージが目的だったりすることもあります。

参加者は別にプロの演奏家やダンサーのみではなく、一般の人である場合もあり、そのような場合は、ネットや掲示板で呼びかけられることが多いようです。
一般の人が参加する場合は、やはりプロのようなクオリティの高さを求めることができませんし、多くの時間を割いて練習をすることができませんから、簡単な動きにしたり、準備が少ないものにする必要があります。

著者が気に入っているフラッシュモブは、2012年に羽田空港で行われたフラッシュモブで、最初は空港で働いている女性たちによるミュージックベルの演奏に始まります。
彼女たちは楽しそうにミュージックベルを使って、第九を演奏しているのですが、しだいに楽器を持っている人が加わっていき、ちょっとしたクラッシックのコンサートのようになっていきます。
最終的には、見学者の中に紛れていた、合唱者が第九を歌い始めて、もう羽田空港の一角が、大規模な第九のコンサート場となっていく様子は圧巻の一言です。

このフラッシュモブは、東北支援のチャリティイベントで、NPOを通して寄付金が集められ、東北の子供達の楽器の寄贈や、東北の音楽イベントに使われることを目的としたものでした。
12月に行われたイベントでしたが、フラッシュモブによる募金の催しは、人々の気持ちを温めたことでしょう。

結婚式でフラッシュモブを行うには?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む