2022.7.8

素敵な前撮りやウェディングフォトを演出するロケーションやポーズは?フォトプロップスもお勧め!

ウェディングフォト
DRESSY IDEA
3765 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

ペイントウェディングって?

結婚式の前撮り写真として今話題になっているのが、「ペイントウェディング」です。「ペイントウェディング」とはロケーション撮影と同じく屋外ののびのびとした雰囲気の中で撮る2人の写真ですが、着飾った写真ではなく真っ白な衣装を着て絵の具やペンキでお互いをカラフルにペイントしていく姿を撮るというインパクト大な新しい形のウェディングフォト。

勿論これを結婚式当日にウェディングドレスやタキシードで行うわけにはいきませんから、前撮りでタップリ楽しもうというわけです。
撮影スポットはどこでも良いのですが、真っ白な服には緑がよく映えるため、青い芝生や新緑の美しい場所がお勧めです。

実際にペイントを始める前に、まずは普通のウェディングフォトを撮影。それから用意したカラフルな絵の具を両手にペタペタと塗ってお互いをペインティングしていきます。
最初は白い服を汚しているようで遠慮がちですが、そのうち楽しくなって夢中で手形を付け合ったり刷毛で絵を描いたり。童心に帰って2人でじゃれ合っているピュアな姿が楽しくて可愛らしく、インスタ映えも抜群です。

「もう塗るところがない!」というくらい、ベッタリペインティングしちゃいましょう。
撮った写真は結婚式の招待状に印刷したり、ペインティングした衣服と一緒にウェルカムボードに飾ったりと、結婚式の演出にも使用することができます。

▽オシャレさにこだわったウェディングフォトはこちら

コントラスト強めのおしゃれフォトがお気に入り♡私達らしい前撮りになりました˚✧₊

ウェディングフォトで写真写りを良くするには?

前撮りの場合は何度でも納得がいくまで撮影してもらうことができますが、結婚式当日の写真は全て一発勝負!
ヴァージンロードを歩くシーンも花婿が花嫁のベールを上げる姿も全て1回切りですから、素敵な姿に撮ってもらえるようあらかじめ準備しておきましょう。

例えば笑顔の練習。結婚式当日は緊張や疲労のせいで自然な笑顔が出ないかもしれませんから、ひきつった笑顔にならないよう鏡の前で「素敵な笑顔」を練習しておくと良いかもしれません。
美しい姿勢を保つのも普段の心がけから。特に花嫁の衣装はドレスであれ和装であれ締め付けがきつく普段より美しい姿勢を保つのが大変ですから、背筋を伸ばし顎を引く姿勢を維持できるよう式に向けて毎日「トレーニング」しておきましょう。

当日は、いつ写真を撮られても良いよう姿勢や足の揃え方、視線や手を置く位置などを意識しておきましょう。
立っている時にはお尻をきゅっと引き締めて背筋を伸ばし、左右の肩甲骨を近づけるつもりで二の腕を少し後ろに引きます。花婿と並ぶときには2人が「八」の字になるような形で少し斜めになるように立つと体もスマートに見え、キレイに写ります。

足はかかとを揃えて片足を少し後ろにひく「モデル立ち」がお勧め。こうすると自然と体が斜めになって肩幅が狭く見え、「華奢な花嫁さん」になります。
手は、ブーケを持つ際には親指と中指、薬指で持ち、人差し指と小指は伸ばします。腕と体の間にスペースを作るようにして軽く肘を曲げておへその前位の位置で両手を合わせます。

カメラを意識せず式の1つ1つを楽しむようにすれば自然体の美しい笑顔が撮れますが、写真撮影の際にはカメラより少し遠くを見るつもりで視線を落とし気味にすると良いでしょう。
花婿も、肩の力を抜きつつ姿勢よく背筋をピンと伸ばしていると引き締まった印象になります。

フォトのポーズは?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断