2021.11.16

コロナ禍でも結婚式の写真が撮れるフォトウェディングとは?ウェディングフォトのあれこれまとめました♡

ウェディングフォト
結婚お役立ち情報
757 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

コロナ禍でも結婚式の前撮りはできる!?

新型コロナウイルス感染症の拡大のために、結婚式を延期、中止したカップルが多いということは、結婚式の前撮りをキャンセルしたカップルも多数いるということです。感染拡大防止のガイドラインが発表される以前は、フォトスタジオ側も体制を整えることが出来ず、実施不可能としていたところも多数ありました。

しかし、新型コロナウイルスが発見されてから1年がたった現在は、新型コロナウイルス感染症の予防対策がしっかりと行っているスタジオならば、結婚式の前撮りの撮影が可能となっています。ただし、現在は感染防止の目的で、これまで結婚式の前撮りのスポットだった場所が閉鎖されているなど、完全に従来どおりの撮影ができるというわけではないので注意が必要です。

前撮りのスタジオではどんな対策が取られているの?

結婚式の前撮りの撮影を請け負っているフォトスタジオでは、結婚式の前撮りを希望しているカップルの方が安心して利用できるように、新型コロナウイルス感染防止の対策を徹底して行ってくれています。

感染防止対策の中でも重要なのは3密を避けることと、定期的に消毒を行うことです。現在、前撮りを受け付けているフォトスタジオでは、空調の整備などを行い、こまめな換気を実施しています。また、人がよく触れるようなドアノブなどは来客のたびに消毒されており、スタッフが触る機材も、スタッフ同士の感染を防ぐためにも徹底して消毒が行われています。

また、他のカップルと撮影時間がかぶらないようにインターバルを設けたり、スタッフの人図を必要最低限にするなど、スタジオ内が密にならないように対策をしてくれています。スタジオによっては、1日1組限定としているという場所もあるので、感染が心配な方はそういったスタジオを探してみるのも良いでしょう。

コロナ禍で結婚式が中止になったらフォトウェディングはいかが?

結婚式を行うことを前提とした前撮りと異なり、フォトウェディングとは結婚式をあげる予定がなく、写真撮影のみで完結するウェディングスタイルのことを指します。以前からこうしたスタイルの撮影はありましたが、新型コロナウイルス感染症が拡大し、通常通りの結婚式が行えなくなってしまった現在、注目が集まっているホットなウェディングスタイルです。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、フォトウェディングスタイルを選択するカップルが増えましたが、それ以前より、入籍はしたけど結婚式を執り行うつもりのないカップルや、再婚カップル、授かり婚のカップルの方々に人気のウェディングスタイルでした。

入籍した当初は、結婚式は不要だと思っていても、時間が経ってからウェディングドレスの写真を撮っておけばよかったと後悔するカップルは少なくありません。もちろん、そう考えた結果、改めてウェディングフォトを撮影するご夫婦もたくさんいます。それもとても素敵ですが、「入籍当時にしておけばよかった」と考えるご夫婦がほとんどです。

もし、新型コロナウイルスのために結婚式を諦めたという方は、このフォトウェディングで結婚式の気分を味わってみるのも良いかもしれません。

▽コロナ禍での挙式に関する記事はこちら

結婚式をあきらめないで!コロナ対策を行い、新しい挙式のスタイル

フォトウェディングの魅力とは

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む