2020.8.31

結婚式の前撮りの主なメリットやおすすめ場所・注意点を解説

ウェディングフォト
結婚お役立ち情報
210 views
続きをアプリで読む

結婚式の写真を前撮りすると、多くのメリットがあります。かつては結婚式の当日に、ウエディングドレスや白無垢を着てから撮影することがほとんどでした。しかし、当日は何かと忙しく、スケジュールが押してしまうこともあり、前撮りを行う人がほとんどになっています。

ただし、何度もやり直しできるとは限りません。結婚式の当日よりは失敗するリスクが少ないものの、後悔しないためにも、まずは前撮りのポイントを押さえておくことが必要でしょう。

目次[]
  1. 前撮りの主なメリットを確認しよう
  2. 前撮りするなら和装もおすすめ

前撮りの主なメリットを確認しよう

前撮りにはたくさんのメリットがあります。たとえば、挙式と別の日程にすることで、時間に余裕が生まれることが挙げられます。結婚式当日に撮影すると、時間がない中で効率よく進めることが重視されて、納得できない仕上がりになることもあるでしょう。気持ちのゆとりは表情の柔らかさにつながり、結果的に写真の出来栄えに影響しするものです。

前撮りならば時間に余裕があるので、ゆったりした気持ちで臨むことができます。実際に前撮りをしたカップルの多くが「余裕を持って撮影できた」と評価しています。仕事が忙しい人でも都合のよい日程を自由に選ぶことができるので、早めに動けば十分に対応できることでしょう。

前撮りなら、結婚式とは別の場所で撮影することも可能です。結婚式やチャペルや結婚式場などは参列者の都合に合わせて設定し、前撮りは2人の思い出の場所や景色のよい場所を選ぶこともできます。人気の観光地やテーマパークを利用して前撮りすることもできるので、どんな場所がよいか、2人でいろいろと考えてみるとよいでしょう。

いろいろなシチュエーションで撮影できるのも、前撮りの大きなメリットと言えます。結婚式当日の撮影では、どうしても撮影できるシチュエーションが決まっています。カメラマンの指示に従って、場所を移動したり表情を作ったりするのが精いっぱいになるのも仕方がありません。

とにかく、スケジュール通りに進行させるのが第一になるからです。そのため、スタッフやカメラマンに指示に従うだけで自分たちの希望を叶えてもらえず、不満が残ることもあります。

前撮りするなら和装もおすすめ

結婚式の前撮りには、和装もおすすめです。前撮りなら、時間や手間がかかる和装の着付けやスタイリングも余裕を持って行うことができます。それに、慣れない衣装で移動がゆっくりになっても、多少は融通が利くので慌てなくて済みます。何より、当日にバタバタしないでよいので助かります。

実際に、前撮りでは和装を選ぶ人が増えています。普段、着物を着用する機会がなかなかないだけでなく、華やかな着物を着用できるのは結婚式のときが最後だからという理由が多くなっています。確かに、結婚後は既婚者としてつつましやかな着物を着用するのが一般的です。

そう考えると、前撮りであでやかな姿を残しておきたいと考えるのも自然なことでしょう。それに新婦だけでなく、新郎にとってもめったに和装の機会はないので、一度はしてみたいと考えている人が多いのも事実です。

もちろん、ウエディングドレスだけの前撮りでも、ウエディングドレスと和装の両方を欲張って前撮りしても構いません。ウエディングドレスと和装の両方を前撮りする場合には、できるだけ別の日にセッティングするとよいでしょう。
日程を別々にすることでそれぞれの撮影時にゆとりができるため、生き生きとした表情で撮影してもらうことができます。別々に依頼する分だけ費用はかかりますが、結局は満足した仕上がりにつながります。

また、別々の日に異なる衣装を前撮りすれば、着替えなどの荷物が大幅に減るのもメリットです。ウエディングドレスと和装では必要なものが異なるので、両方一緒に撮影するとなると、荷物の量が大変なことになってしまうでしょう。
いくら車で移動できる人でもたくさん荷物を運ぶことは重労働ですし、疲れてしまうのでできるだけ避けてください。ヘアスタイルやメイクもそれぞれの衣装に合わせて変えることができるので、別々の日に前撮りするメリットは大きいと言えます。

▽前撮りについての記事はこちら

【2021年最新】プレ花嫁さま必見◎*お洒落花嫁さまたちに前撮りについて聞いてみました♡

前撮りにおすすめな場所は???

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む