2020.7.27

文字までこだわりのオリジナルデザインの手作りウェルカムボードをつくろう

ウェルカムアイテム
結婚お役立ち情報
41 views
続きをアプリで読む

結婚式に来てくれたゲストの目を楽しませるものの一つであるウェルカムボード。ドレスや余興などの演出だけでなく、こういった小道具にもこだわりを入れたいものです。プロやデザイナーにお任せすれば素敵なものはできますが、文字一つデザインしてもらうのにも費用が跳ね上がってしまうという側面も。

結婚式の小物は自分で作ることで少しでも費用を抑えることができ、かつ素敵な思い出の一つになります。また、ボードに表記する文字は無料で使用できるフォントもあるのでご紹介します。世界で一つだけの素敵なウェルカムボードをつくって、思い出をつくりましょう。

目次[]
  1. フォントとは
  2. 文字はフリーフォント素材を利用しよう
  3. 神前式や仏前式には和風のキレイめフォントがおすすめ
  4. 教会式の場合は英語まで対応したフォント
  5. 王道の挙式スタイルからガーデンウエディングまで。キレイ系のフォントが外れ無し
  6. ナチュラルな手作り婚ならかわいらしい雰囲気の書体もおすすめ
  7. なんでもありな個性派婚
  8. もっとこだわりたい人やデザインが得意な人はフォントをデザインするのもOK
  9. ウェルカムボードも大切な演出のひとつ

フォントとは

同じ文字でも様々なデザインや形があります。よく見たり聞いたりするゴシック体や明朝体など数種類のデザインをべースに多くのフォントがつくられています。そういった文字のデザインのことを書体といいます。最近ではそういった書体を、プロではなくアマチュアのクリエイターや趣味で作成する人もおり、ネット上ではお金がかかるものから無料で使えるものまで様々な素材が提供されています。

また、大きささや文字の幅などもパソコンでは自由に変えることができます。デジタル上では、そういった大小や幅、書体なども含めた文字、文字に関するものをフォントと定義しています。本来別の意味も指していますが、ここではデジタル上での定義でフォントという言葉を記載しています。

文字はフリーフォント素材を利用しよう

周りのボードや飾りなどは購入して揃えられますが、ボードに印刷する文字は非常に悩むものです。そういった際に、非常に便利なのがフリーフォント素材です。こういったサイトには、無料でダウンロードすることができ、莫大な種類のフォントが揃っています。
ウェルカムボードに印刷する文字は、シンプルにゴシック体や明朝体でもよいですが、こだわりを入れるならおしゃれなフォントにしたいものです。パソコンのソフトに入ってるもののみではなく、無料で様々なフォント素材を掲載しているサイトがたくさんあります。

その代表的なサイトがFREE FONTというサイトです。数多くのフォントを無料で取り扱っており、使いやすいベーシックなフォントから個性的なアニメやゲーム調のフォントまで取り揃えてあります。
ほかにも、まとめサイトからリンクされているフリー素材サイトやダウンロードできるフォントもあります。好みのものを選んで自分の結婚式のテーマや好みに合わせて選択しましょう。

▽フリーフォントに関する記事はこちら

【2020年厳選】結婚式におすすめ♥無料の日本語フォント30選

神前式や仏前式には和風のキレイめフォントがおすすめ

最近見直されている神前式。和や日本刀などのブームに乗って、思い入れのある神社やゆかりの場所で伝統的な白無垢を着て挙式をしたいという声もよく聞きます。また、仏教関係の方と結婚し挙式をする場合は、仏様の前で挙式を行う仏前式が基本とされています。神前式や仏前式など、和風の挙式であるならばやはり雰囲気に合わせたフォントを選択すると良いでしょう。

また、明朝体をベースとした各種フォントも和風の挙式にはぴったりの文字です。厳かなイメージを強めたものから、丸字でふんわりした和を表現したフォントまで様々な種類があります。

【GL-築地シリーズ】
GL-築地のシリーズは、厳かさだけでなく美しさを兼ねた仕上がりになるのでお勧めのシリーズです。明治時代にかつて存在したある印刷会社の字体を復元した古風なフォントで、厳かさだけでなく字体そのものが、一昔前の書物を感じさせるレトロな美しさがあります。
ひらがなとカタカナのみに対応しているフォントで漢字には反映されませんが、あえて美しいひらがなを利用したフォントで作ってみるのも素敵です。

GL-築地は初号から五号まであり、それぞれ特徴が微妙に違います。ウェルカムボードだけではなく、ネームプレートやゲストに向けたメッセージカードなどに取り入れてみるのもおしゃれでしょう。

【明朝体ベースのふんわりフォント】
春の桜の季節に神前式などの挙式を挙げる人に非常にお勧めしたいのが、明朝体をベースとした全体的にふんわりしたフォントです。こころ明朝やはんなり明朝は、どこか柔らかさや丸みのある雰囲気を持っているのが特徴で、淡いカラーと非常に相性の良い字体となっています。明朝体がベースになっているので、伝統的な和風なイメージともぴったりです。

また、ちょっと変わった柔らかさを出したいという場合は、幻のにじみ明朝というフォントもお勧めです。ちょっと変わったネームの明朝体系のフォントですが、淡く優しい雰囲気に加え、美しい雰囲気がにじみだすフォントです。上記であげたフォントは、全てひらがな、かたかな、漢字に対応しています。

【厳かさを前面に出したい場合】
明朝体ベースの筆で描いたような筆跡の書体が和の挙式の厳かさにはぴったりです。神前式や仏前式は、流行のフリースタイル婚というよりは、伝統が重んじられることが多いので、そういった雰囲気にあった毛筆体など、伝統的な和のイメージに近い書体が良いでしょう。

伝統的な挙式は、ご年配の方の参列も多いため、そういった文字のデザイン一つにも目を配る方は少なくありません。毛筆体であれば、マナーを重んじる方やご年配の方の目にもすっとなじんで良い印象を与えることができます。

教会式の場合は英語まで対応したフォント

教会式では、キリスト教式、人前式などそのほかにもいろんなスタイルで挙式がなされています。そのため、シンプルにゴシック体や明朝体などベーシックなフォントを利用しても良いですが、やはりこだわりを持つ人は英語やアラビア数字まで対応した文字を選ぶとより雰囲気が出ます。
また、個性的な挙式をする場合にも、フォントにこだわりを入れるとゲストの目を楽しませることができます。挙式の雰囲気やテーマによっては、ネームプレートやその他、文字を使うものまで統一させるのも面白い表現になります。

なかなか使わないような個性的なフォントも、無料素材でたくさんあるので、好みのものを選びましょう。
ただ、ゴシック体に関しては注意が必要でゴシック体をベースにしたかわいいフォント、美しいフォントはたくさんありますが、物によっては明らかに不ぞろいに見えてしまうようなゴシック体系フォントもあります。

MSゴシックなどはデザイン系には向かない代表例で、ウェルカムボードに使うにはあまりふさわしい書体ではありません。丸ゴシックなど内容によっては少し古臭い印象や品のない印象になってしまう組み合わせもあるので、ゴシック体系の文字をウェルカムボードに使用する場合は、少し注意しましょう。

▽ディズニーフォントに関する記事はこちら

ウェディングDIYをディズニー風フォントで楽しもう!

王道の挙式スタイルからガーデンウエディングまで。キレイ系のフォントが外れ無し

和風婚におすすめと紹介した明朝体も、きれいで外れのないフォントなのでお勧めです。また斜体(文字を斜めに表現すること)に対応したアルファベットのフォント、イタリック体をベースにしたフォントも美しいフォントのひとつです。
イタリック体は英語表記でのデザインに非常に向いています。一番ベースのイタリック体を斜体にするだけでもシンプルで美しい文字になり、人から見ても見やすいデザインにすることができます。

ほか、文字入れが必要な小物に表記してもとてもおしゃれで洗練された印象になります。太字よりも、英語・日本語表記両方に対応し、細身できりっとした印象のデザインが外れなく簡単です。

ナチュラルな手作り婚ならかわいらしい雰囲気の書体もおすすめ

最近では会食のような少人数婚やカジュアルにな雰囲気が強い挙式などフリースタイル婚を選択する人が増えてきています。そういった中で、ハンドメイドやDIYなどが趣味の人が衣装や小物に至るまで、手作りの演出をする挙式も増えてきています。手作り婚はナチュラルでかわいらしい雰囲気の挙式が多く、ウェルカムボードもそういった雰囲気でつくられていることが多いです。

もちろんイタリック体もナチュラルなイメージにはぴったりですが、手作りという雰囲気に合わせて手書き風にきれいさをプラスした書体でもおしゃれに仕上がります。英字用の手書き風フリーフォントがおしゃれで、ナチュラル雰囲気ともよく合うデザインのものが多いのでお勧めです。

ただ、手書きフォントの中でも、学生が書いたような手書き風、下手文字風などはナチュラル婚にもあまり向くフォントではなく、かつゲストに読みにくい字体になるので控えた方が無難です。

なんでもありな個性派婚

フリースタイル婚の中には、かなり個性的な挙式を選ぶ人が多くみられます。また、最近ではアニメやゲーム好き同士によるオタク婚、ディズニーやサンリオ等のキャラクターをイメージしたウェディングなど、個性たっぷりの素敵な結婚式を挙げる人も多くいます。
そういった人向けのフリーフォントもたくさんあり、チェックポイントフォントシリーズや黒薔薇ゴシック、かわいいしろくまフォントなど個性が強く出たフォントが非常にお勧めです。

個性派婚は、伝統やルールを重んじるというよりも、ゲストと新郎新婦が一緒になって見た目も演出も楽しめるような挙式が多いです。ウェルカムボードもアニメキャラクターの顔を入れたり、人形を使ったりなど、個性たっぷりに仕上げるとゲストを楽しく出迎えることができます。

もっとこだわりたい人やデザインが得意な人はフォントをデザインするのもOK

Adobeのillustratorなどが使える人は、自分でゴシック体や明朝体など既にある基本のフォントをベースに、オリジナルのフォントをつくってみるのも良いかもしれません。ベースとなるフォントに色を付けたり少し雰囲気を変えたり、自分好みに操作することもできます。

また、ソフトの機能であるベジェ曲線等を用いて完全に自分オリジナルの個性的な書体をつくってみるのも面白いでしょう。

ウェルカムボードも大切な演出のひとつ

素敵なデザインでゲストの目を引き付け、出迎えてくれるウェルカムボード。小さいようですが、とても大切な演出のひとつです。花や人形、額縁部分のデザインにこだわるのはもちろんのこと、書体のデザインでもゲストの目を楽しませてくれます。

式場まかせにしたり手を抜くことなく、ゲストを一番初めに出迎えてくれるウェルカムボードにもこだわりを持って作ると素敵ですね。

▽ウェルカムスペースに関する記事はこちら

【2020-21年】結婚式のウェルカムスペースのアイデア集*おしゃれに飾るコツって?

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む